読書する女 HDリマスター版 [DVD]

  • 39人登録
  • 2.63評価
    • (0)
    • (1)
    • (4)
    • (2)
    • (1)
  • 4レビュー
監督 : ミシェル・ドヴィル 
出演 : ミュウ=ミュウ  マリア・カザレス  ピエール・デュクス 
  • オデッサ・エンタテインメント (2015年4月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4571345432185

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

読書する女 HDリマスター版 [DVD]の感想・レビュー・書評

  • 読書を通して人と関わっていくストーリーは見てておもしろかったけれど、結局何を言いたいのか何を表現したかったのかいまいち掴めなかった。
    実際は、今まで紹介したお話は本のなかの出来事で、現実のことはこれから始まりますよというような最後で終わるんだけど、別にそれに驚くこともなく。だろうね、という感想。現実のことなのか、本のなかのことなのか、分からなくなることは何度かあったけど、最初に彼氏に本を読み聞かせるシーンから始まったことを考えると、ずっと本のなかの話だけが進んでると考えるのが適当だった。社会的な描写もあったし、歴史を少し知っていないとわからない。
    主人公の服装や、依頼主の女の子と、そのお母さんの服装、髪型が可愛かった。

  • タイトルが気になって図書館で借りてみた。

    フランス映画ってそんなに観たことないのですが、「アメリ」が生み出された土壌みたいなものを感じました。

    とらえどころのないこういう話はけっこう好きです。

  • なんとなく観ていたのでコンスタンスと彼女が読む本の中の主人公マリーが別人だと気付かず・・・そういう虚構と現実の境界が曖昧になる演出なんだけどその演出じたいに気付かないのは論外だなと反省。
    部屋の内装や服装等とにかくお洒落。主人公役のミュウ・ミュウも年齢より少女っぽい雰囲気で愛らしいし、エロチックなシーンが多いけれどベタベタしたいやらしさがない。ちょっとわかりにくい所もあるけれど本の読み聞かせを通じた他人との関わりのエピソードがいくつか連なったストーリーで難解というほどではない。(文化的な背景とかはその国に詳しくないと理解するのは無理だし)
    映画の中に出てくる本に興味は持ったけれどそれ以外にはお洒落感が鼻につく(ひねくれた評価だけど自分には合わなかったということです)、ミュウ・ミュウの可愛さしか残らない映画でした。

  • なんか、道徳とか生産性じゃなくて、好きに生きてればいいかなーって思った。多分マリーと私はとても似ている。

全4件中 1 - 4件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

読書する女 HDリマスター版 [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

読書する女 HDリマスター版 [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

読書する女 HDリマスター版 [DVD]はこんな映画です

ツイートする