狼少年は今日も嘘を重ねる(1) (ファミ通クリアコミックス) [Kindle]

  • 27人登録
  • 3.71評価
    • (2)
    • (2)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : namo
  • KADOKAWA / エンターブレイン (2015年1月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (140ページ)

狼少年は今日も嘘を重ねる(1) (ファミ通クリアコミックス)の感想・レビュー・書評

  • ※このレビューでは第1-3巻を扱っています。未完の連作。
    ※軽い性描写含む作品です。

    【印象】
    目つきの悪すぎる図書委員男子が好きなのは、図書室の奥の茨のような男性生理的無理女子だけど、ふられ、気づけば勝手に魔法レベルの女装をさせられてたことから、嘘の蜜の味。
    女装男子×女子の要素がある点で好みです。

    【類別】
    漫画。
    ロマンス、少し青春で学園でコメディ。
    女装。BLの要素が全くないではありません。

    【筋】
    限りなく四角に見える三角関係のようななにか+αを構成するのは好きな人とその親友と男である主人公と女として認識される女装主人公。
    どこを切りとっても王道の展開。ただし、女装で周囲の人物らを騙しつづけている点を除けば。そういうわけで、可愛い女装男子はふつうにすきだけど趣味とまではいえないな、でも可愛い絵柄が好きでピュアめの危なげない恋愛ものはふつうに好きです読みたいです、という人にお薦めしたい作品です。
    巻を重ねるごとに引きこまれていくものです。第1巻だけを読むのはもったいない。
    第2巻「これからあたしに変に気を使うの禁止ね いいでしょ? あんたにもそういう人がひとりはいても」のとこ好きです。第3巻「ストン」の辺りも好き。

    【画】
    少しふんわり感のあるややデフォルメ寄りの絵柄。
    主人公の女装男子には口元にほくろがある。
    一部鼻血。
    気に入っているのは、第1巻「友達ってところ…」の頁、友達になりたいっていうとこの、感覚として一枚和紙が隔てつつも照れ照れしてる一見するとピュアな女友達同士の初々しいそれ。そして、第2巻「こんな…こんな…!」のグル目、レギンスあり基本からのなしへの移行に伴う女装男子の錯乱度、徐々にガチ女装へギアを入れてく感じに高まる。同巻第8話、女装男子と女の子が手をつなぐだけ、いや最高でしょそれ。同巻頁108-109本オタモードとそこからの冷却モードの女の子が可愛い。同巻頁112女装男子と女の子のなにげない道歩きだけどその実は半分デートという絵面。同巻頁123第10話扉絵の風景とふたり、なにげない一齣って感じだけどよい。「チョア!」。「もやっ」。頁148「俺があんたに惚れた それだけで充分だろ」と言う男相手だけど、「な、なんて男前なセリフ!」と靡きそうになるドキ顔ハート目の女装男子。他、「ん゛ー!!」(ドス)。第3巻頁76照顔女装男子。同巻、女装男子と女子のキス、そして第16話キス後のふたりのびっくり照顔最高です。

    【異性装理由・動機】
    失恋したのは自分の怖い容姿のせいだと愚痴ったことにより勝手に女装させられてた。が、好きな人と話ができるのは女装のおかげなので、嘘を重ねつづける。

    【備考】
    このレビューはアマゾンKindleストアにて2017年6月1日にダウンロードしたものの鑑賞に拠ります。

全1件中 1 - 1件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

狼少年は今日も嘘を重ねる(1) (ファミ通クリアコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

狼少年は今日も嘘を重ねる(1) (ファミ通クリアコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

狼少年は今日も嘘を重ねる(1) (ファミ通クリアコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

狼少年は今日も嘘を重ねる(1) (ファミ通クリアコミックス)はこんな電子書籍です

狼少年は今日も嘘を重ねる(1) (ファミ通クリアコミックス)のコミック

ツイートする