ジャック・タチ「ぼくの伯父さん」【DVD】

  • 25人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
監督 : ジャック・タチ 
出演 : ジャック・タチ  アラン・ベクール  ジャン=ピエール・ゾラ 
制作 : ジャック・タチ  ジャン・ブールゴワン  アラン・ロマン  フランク・バルチェッリーニ  ジャック・ラグランジュ 
  • 日本コロムビア (2015年2月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988001771678

ジャック・タチ「ぼくの伯父さん」【DVD】の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  自身の経営するプラスチック工場の業績が好調で、新しく建てた家もすっかり気に入った様子のアルペル夫妻。しかしその息子のジェラールは、そんな両親の様子も、新しい家も気に入らない。そんなジェラールが好きなのは、母の弟であるユロ叔父さんと遊ぶこと。しかし両親は、仕事もせずふらふらしている叔父さんが、息子と仲がいいことが気に入らないようで……。

     ジャンル的にはコメディ映画なのですが、笑わせてやろう、という気概よりかは、どこか気の抜けた笑いを感じるところが多く、こっちもまったり見れた気がします。

     話の起伏はほとんどなく、叔父さんとその周りの人の日常を描いているといった感じ。そのため序盤は退屈に感じるところもあったのですが、映画の空気感に慣れてくると、映画を見終えてしまうのが寂しく感じてしまいました。

     叔父さんは映画内ではほとんどしゃべりません。それでも動きと、場面全体の絵面だけで可笑しさを演出するのはすごい! なんとなくチャップリンの映画を連想させます。

     個人的に気に入っているのは、アルペル夫妻がホームパーティーを開く場面。そこに叔父さんも参加するのですが、踏み石と間違えて、池に浮いている葉を思いっきり踏んで靴をびしょ濡れにしたり、
    水道管に穴をあけてしまい、水が間欠泉みたいに吹きだそうとするのを、足で抑えてごまかそうとしたり……。

     ここで、叔父さんの動きだけにスポットを当てるのではなく、カメラを引いて、周りの人が叔父さんの動きに気づいていない、つまり叔父さんだけが右往左往している姿が映るのですが、それが余計にクスリとさせられます。

    同じことは映画全体にも言えて、終始カメラが引き気味で全体を映すように撮っているので、場面ごとの絵面の面白さが伝わってくるのです。

    決して大笑いするコメディではないのですが、所々でクスリとさせられる、監督のセンスの良さを感じる映画だったと思います。

  • ☆7

    2015.8 視聴

全2件中 1 - 2件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする