まほろ駅前狂騒曲 DVD通常版

  • 246人登録
  • 3.33評価
    • (10)
    • (39)
    • (55)
    • (15)
    • (2)
  • 57レビュー
監督 : 大森立嗣 
出演 : 瑛太  松田龍平  高良健吾  真木よう子  本上まなみ 
  • ポニーキャニオン (2015年4月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988013227088

まほろ駅前狂騒曲 DVD通常版の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • まほろにはヤクザもチンピラもおねえちゃんもわかりやす過ぎる程いるのに、正論を吐いている人間が一番暴力的に見える。
    いまは暴力のかたちが見えにくく、まっとうに見える人間が他人を傷つけていることがある。

    優しい嘘をつけるくらいの人間に、なりたいと思った。

  • それでも全体的に悪くはないのですが、いろいろ詰め込みすぎで消化しきれていないのが難。特にカルト集団とバスジャックのくだりはかなりお粗末。行天と娘のエピソードに焦点を絞ったほうが良かったとも思われますが(子役がかわいい)、あれだって「クレイマー・クレイマー」ですが。

    そしてどうにも気になるのが画面の不潔感。男がみんな髪が長くて鬱陶しいのに加え、男たちがたばこを吸い過ぎなのです! たばこメーカーのスポンサーでもあるのか、世の中の嫌煙、分煙傾向の逆を行く不快さ!

  • このシリーズは、多田と行天のやり取りが見所だと思っている。

    でも、今回は「間」の取り方がイマイチだった。

    ちょっと短かった気がする。

    時間の関係かもしれないが、一つ一つの間をもっと取って欲しかった。

    ちなみに、話の内容はまぁまぁ。

  • 1作目映画、ドラマと経て今作。相変わらずほのぼので癒される。
    面白いシーンがたくさんあった。
    特に、農薬散布撮影しようとして思わず出ちゃった「撮った!」と、多田が勢い余ってシートベルトがんっとさせるところがお気に入りです。
    そして相も変わらず、行天はいいこと言っている。「逃げなきゃ死ぬってときは逃げたほうがいい。」には激しく同意。

  • まほろ駅前シリーズであっても、一作目の映画・テレビドラマ・そして今作と、全て監督が違うので、どんな作品になっているのか不安に思いつつの視聴。(先に原作を読んでいて、原作がそれはそれは面白かっただけに!) 今作はとても良かったですが、私はテレビドラマの大根監督の気だるいけどメリハリのある作風が好きだったなぁ… 比べてしまってごめんなさい。 私が大好きだった行天とおばあちゃんとの『天国はある?』のやりとり(原作の引用文に登録しています)がラストにちゃんと使われていてホッとした~。

  • 1作目は懐疑的というか斜に構えて見始めて
    最後にはすっかり虜になっていたこのふたりの出るこの映画。

    今回は期待して見ました。
    相変わらずのグダグダした感じが良いですね。
    期待通り。

    ただ、今回少しドラマチックな出来事が多すぎるきがします。
    こんなに色々起こらなくたって
    ふたりで何てことはないことをダラダラと
    やってくれていてもよかったのです。

    でもキャラクターが色々と楽しくて良いです。

    続けられるだけ続けていて欲しいと思います。

  • こちらの作品は原作読んでいないけど。原作もこんな内容なのか?それならかなりお粗末な内容だなぁ。
    とにかくバスジャックのくだりが、とにかく全く入り込めなかった。作りもお粗末だけど。警官が何の脈略もなく撃つかね?意味不明です。
    期待していた分残念です。

  • 前作映画、ドラマ版の良さがまったくない。

    無農薬野菜、子供預かり、バスジャック、発砲事件…
    いろいろ事件が起こるけど、だから何?って感じ。

  • 力抜けてて。
    でも、他人に優しく。
    でも、自分に向き合えない…

    ほっといちゃう。

    わかりにくい…
    わかられるの、嫌がる…

    わかりやすいのか…

  • 大森立嗣監督、同•黒住光脚本、三浦しをん原作、2014年作。
    瑛太、松田龍平、高良健吾、真木よう子、横山幸汰、麿赤兒、本上まなみ、岩崎未来、大森南朋、岸部一徳出演。

    <コメント>
    •コメディ映画として個々のシーンを楽しむ映画。その限りで楽しい映画。
    •松田龍平の演技がいい。何も考えてなさそうで実はよく考えている役をよく演じている。
    •長髪、喫煙、汚い事務所、いい加減な食事など、映画全体が猥雑さを意識して作られているので、そこに生理的嫌悪感を持つ人には向かないかもしれない。
    •キャストにB型が多い。

    <あらすじ(ネタバレ)>
    多田(瑛太、B型)は幼馴染の行天(松田、B型)が押しかけて以来、ともにまほろ駅前で便利屋を営んでいた。そこに凪子(本上、B型)のアメリカ滞在でその子、はる(岩崎、?)を一月あまり預かることになる。凪子はバイで、実の父にあたる行天は当初は激しく抵抗するが、やがて打ち解ける。
    ある日、行天、はるらが乗ったバスが乗っ取られた時、行天がかつて入信していた新興宗教のトップ小林(永瀬、B型)と鉢合わせて喧嘩になり、乗客が忘れた銃が暴発して行天は弾に当たる。
    命を取り止めた行天は行方をくらますが、しばらくしてまたただの前に現れる。

全57件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

外部サイトの商品情報・レビュー

まほろ駅前狂騒曲 DVD通常版を本棚に登録しているひと

まほろ駅前狂騒曲 DVD通常版を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする