仕事は楽しいかね?2 [Kindle]

  • 134人登録
  • 3.63評価
    • (9)
    • (15)
    • (10)
    • (7)
    • (0)
  • 13レビュー
  • きこ書房 (2015年1月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (107ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
デール カーネギ...
デイル ドーテン
伊賀 泰代
J・モーティマー...
ジェームス W....
有効な右矢印 無効な右矢印

仕事は楽しいかね?2の感想・レビュー・書評

  • 続編。今回は上司とは?部下とは?マネジメントとは?という内容。従業員が自慢できるような職場であること、というのが印象的だった。「俺の職場〇〇なんだぜ!」的な。あとは採用は待っているだけでなく、獲得、スカウトするべきだ、という点

  • 最良の(最強の)部下&上司を得るために必要なこと。ベースにアメリカのような、仕事の流動性が高い前提があるから、最初は参考にならないかな?と思ったけど、日本でも終身雇用は崩れつつあるし、たとえ一つの組織の中にずっといる場合でも、自分のあり方として参考にできるなぁと思った。中間管理職の人、これからリーダーになって行く人にオススメ。

  • 得るものがあった。
    もっと早く読めばよかった。

  • 1とは内容が違う。有能な人材の探し方。ヘルパーを探すことにも通じるかも。
    つまるところ、誰でもいい。資格なくてもいい。という求人は違うのかなと思った。

  • ノート化はまだ

  • 2巻は管理者/採用向けの内容ですね。
    ここまで柔軟な人探しができるかどうか、という点はありますが、考えておきたいことは多々。
    もう少し年数がたった後に読み直してみたい一冊。

  • 読みやすく面白い本だけど、内容は物足らない。同じタイトルの1発目の本は内容がすごく良かったので期待したけど、ちょっと無理してる感じがある。

  • 前著の続編で中間管理職の内容
    理想の上司、理想の部下
    スカウト
    規則ではなく基準

  • 色々と新たなチャレンジをすることが仕事には必要。昨日と違う今日であることを目指す。
    どの啓発本にも書いてあるポイントだなぁと思った。
    漫画版の方がさらっと読めていいかもな…

  • 引き抜かれたい部下として、どう存在するべきか、という点で勉強になった。

  • Kindle Unlimitedで無料で読みました。
    前作でマックス老人との出会いで、自分が望む以上に出世した主人公。
    今度は中間管理職としての悩みで、再びマックス老人にアドバイスを求める。
    良いことも書かれてはいるのだが、今ひとつ読むのがシンドイ内容。
    日本の雇用ではなく、外国の職場での細切れストーリーが続くので、いまいち合致しない部分があるからだろう。
    私にとっては、今ひとつ役立つ本ではなかった。

  • 部下を教育するというより、できる部下を引き抜くことに重点を置いているようで、自分に置き換えて考えるには難しい内容だった。

全13件中 1 - 13件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

仕事は楽しいかね?2を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

仕事は楽しいかね?2はこんな電子書籍です

仕事は楽しいかね?2の単行本

ツイートする