幸せのバランス [DVD]

  • 15人登録
  • 2.88評価
    • (0)
    • (3)
    • (2)
    • (2)
    • (1)
  • 2レビュー
監督 : イヴァーノ・デ・マッテオ 
出演 : ヴァレリオ・マスタンドレア  バルボラ・ボブローヴァ  ロザベル・ラウレンティ・セラーズ 
  • アメイジングD.C. (2015年5月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4580189027907

幸せのバランス [DVD]の感想・レビュー・書評

  • ローマ市の福祉課に勤めるジュリオは妻と二人の子供
    と幸せな日々を送っていたが同僚との浮気が妻にバレ
    てしまい、責任を感じた彼は自ら家を出ることに。
    最初は何とかやっていけると思っていたジュリオだっ
    た。
    しかしすぐに厳しい現実に直面し心配してくれる思春
    期の娘にも本当の事を言えなくなるほど追い詰められ
    ていく。
    ローマ市役所に勤めるごく普通の中年男性が離婚をき
    っかけにホームレス生活へと転げ落ちていく姿を通し
    て現代のイタリアの中流家庭が、いかに危うさを秘め
    綱渡り的な生活を強いられているかをあぶり出したヒ
    ューマンドラマです。
    主演は「フォンターナ広場イタリアの陰謀」のヴァレ
    リオ・マスタンドレアで色々考えさせられた映画でし
    た。

  •  幸せな家庭生活を送っていた男が、妻に浮気を気付かれ、家を出ていく。次第に金が足りなくなり、車に寝泊まりし始める。男、父親としての自尊心が邪魔をして、戻ることもできない。妻に男がいるのではと疑い、金を貸してくれた友人には悪態をつき、子どもたちには辛く当たり、生活も人格も荒れていく。思い詰めて、路面電車に飛び込もうとするが、電車は寸前で止まる。その時、電話がかかってくる。男は電話に出る。男の顔に少し笑みが浮かぶ。

     辛い。辛過ぎる。途中から見るのが苦しくなってきた。

     夫は浮気をしなければよかったと思うし、妻は許してやればよいのにと思う。子どもがかわいそうだ。

     最後はいかにも映画的。電話の主はきっと男を探していた妻と娘からだろう。また一緒に暮らそう、と言われたと信じたい。

     最後、流れてきた明るい調子の歌に救われた。

     何かあるとすぐ暮らしていけなくなるほどイタリアの普通の公務員の給料は安いのか。

    「金持ちでないと離婚もできない」との映画中の台詞が身につまされる。

全2件中 1 - 2件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする