COURRiER Japon (クーリエ ジャポン)2015年 05 月号

  • 93人登録
  • 3.48評価
    • (2)
    • (11)
    • (6)
    • (4)
    • (0)
  • 10レビュー
  • 講談社 (2015年3月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・雑誌
  • / ISBN・EAN: 4910132230557

COURRiER Japon (クーリエ ジャポン)2015年 05 月号の感想・レビュー・書評

  • 松尾氏と竹内氏の対談はとても刺激になった。人工知能の話にからめて、これから必要となる頭の良さについて書かれている。
    1.人工知能に計算の目的を教える。これは普段の仕事にも通じる。言われたことをやるんじゃなくて、仕事の目的を考えながら主体的に取り組む。部下に指示を出す時も同じ。
    2.知識や情報を抽象化して頭に入れる。丸覚えじゃないから、応用しやすいし臨機応変に対応できるようになる。
    3.多様な価値観を持った人たちと人間関係を築く力。

    コンピューテーショナル・シンキングの重要性。ITが切り離せない世の中だからこそ、デジタル化された情報をどのように組み合わせれば、どんな新しいものを作り出せるかを考える必要がある。コンピュータがどのように問題解決するかがわかっていなければ、どんな問いを設定し、どんな答えを探すべきかわからない。
    正しい問いの立てる力が重要になる。

    思考法7つ。これは個々に本を読もうと思った。
    ・クリティカルシンキング
    ・0ベース思考
    ・クリエイティブシンキング
    ・インサイドボックス思考
    ・エッセンシャル思考
    ・熟断思考
    ・デザイン思考

  • 知識を詰め込むより考え方を磨く。
    暗記系知識の職業はAIにとって変わられる。
    残る仕事:政治などの大極的判断と責任を伴う仕事。
    人と直接触れ合う仕事。

    何が価値なのか真剣に考えなければいけなくなる。人工知能はギリシャ時代の奴隷みたいになる。奴隷のおかげで良い社会とは何かをじっくり考えたりできるようになる。目的の部分を深く考えるようになる。記憶という機能は人工知能にとって変わられる。

    英語やプログラミングはもういいから人間力を鍛えなさいと。大切なのは多様な価値観を持った人間と人間関係を築く能力。

    変化が激しい時代に必要な正しい問いを立てる能力。


    定説を疑い、全てを知ろうとした上で使えるものを選び出せる人

    頭の中の知識を組み合わせて新しいことを見つけ出せる人

    能動的に考える習慣を持ち、哲学的思考で本質を見出そうとする人

  • 最近仕事で落ち込んでいるので、リーダーからの一言がとても励みになりました。

    後は東南アジアの国々の挨拶が、ご飯食べた?に、心が和みました。

  • 日々の取り組み方とか考え方とかを見直すきっかけになる本。
    正しい判断をするためにどうするか。なぜ私たちは判断を間違えるのか。この2つが参考になった。
    でも、考え方の正解は1つではないと思っている。バランスが大事だと思っている。うまくいかないときにちょっと読んでみると何かを変えていくきっかけになるかなと思った。

  • 頭がいい人の条件が変わった。

    今までは知識編成型の人間が、
    頭がよいと思われていた。
    ただ、情報技術が発展した中、
    知識はすぐにネット検索で手に入る。

    大事なのは、その情報を如何に紡いでいくか。

    そして、人間力を如何に鍛えていくか。
    (人間力=多様な価値観を持った人たちと人間関係を築く力)

    人間力の例えが、
    "色んな人たちとバーベキューを楽しむ力"というのが
    妙に心に残った。

    ☆KEY POINT
    ・変化が激しい時代に必要なのは「正しい問い」を立てる力
    (1)常識の"外"に立って問いかけよう
    (2)"未来"のシナリオライターになれ
    (3)「嫌な奴」からの問いかけは多いほどよい
    (4)「不吉な気配」を感じたらデータを解析せよ
    (5)目の前の「選択肢」に囚われるべからず
    (6)失敗にスポットライトを当てよう

  • 変化が激しい時代に必要なのは、正しい問いを立てる力。

  • 2015/03/30 購入。「頭がいい人」の条件が変わった、が今回の特集。

  • どんな仕事をしていても失敗はつきもの。だったら自分が楽しいと思えることをした方がいい。
    挑戦するとは、劇的な変化をおっこすことじゃない。
    クリエイティビティは学習で伸ばせる。

  •  今月のクーリエの特集は、「頭がいい人」。サブタイトルは「大切なのは知識よりも考え方。面白い時代になってきた!」だ。クーリエも触れているがコンピュータが人の仕事に取って代わるようになってきている時代を迎え、頭の使い方を考える必要に迫られている。頭の使い方によっては、仕事がなくなり生活できなくなるあるいは仕事があってもひもじい思いをすることになる。

     最新版「脳のトリセツ」で能力を最大限発揮しよう!では、次の7つの方法を取り上げている。

    1. まずは脳トレでワーキングメモリを作動させます
    2. 次に、論理的・合理的に考える訓練をしましょう
    3. 子供のように素直に学ぶことをお勧めします
    4. さらに、あえてインプットを増やして集中力を高めます
    5. 脳には無制限に知識を収められます
    6. 時には気分転換をしてクリエイティブになりましょう
    7. 年をとっても脳の“成長”を諦めてはいけません

     鍛えればまだのびしろは、ありそうだな。使いこなさずに眠っている機能がたくさんあったりして。

     その一方で人工知能の怖い面について書かれている記事がある。それは、人間を越えた人工知能は人間に興味を持たないことだ。ある研究では、人工知能を友好的に保つ研究で成功する確率はかなり低いとされている。知識を重視して感情を度外視すると、人間だって危険分子になる可能性はある。人工知能とハサミは使いようだ。

     世界の有名美術館の館長にお気に入りの収蔵作品から1点選んでもらったという記事で、ニューヨークにあるメトロポリタン美術館の館長は、紀元前1世紀のエジプトで建造された「デンドゥール神殿」と述べている。モクモク羊も一度見に行った時に、この神殿に圧倒されたのを覚えている。

全10件中 1 - 10件を表示

COURRiER Japon (クーリエ ジャポン)2015年 05 月号を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

COURRiER Japon (クーリエ ジャポン)2015年 05 月号を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

COURRiER Japon (クーリエ ジャポン)2015年 05 月号を本棚に「積読」で登録しているひと

COURRiER Japon (クーリエ ジャポン)2015年 05 月号はこんな雑誌です

ツイートする