ショッピングモールから考える: ユートピア・バックヤード・未来都市 (ゲンロン叢書) [Kindle]

  • 34人登録
  • 4.15評価
    • (5)
    • (5)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 東浩紀 大山顕
  • ゲンロン (2015年1月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (126ページ)

ショッピングモールから考える: ユートピア・バックヤード・未来都市 (ゲンロン叢書)の感想・レビュー・書評

  • 業界の中の人として、大変面白く読んだ。
    仕事にしていれば当たり前だったり、
    逆に気づかず居ることに対して
    新しい視点を与えてくれた。

  • ショッピングモールを元に、「理想の街」「理想の社会」を考える、とまとめて良いんだろうか? 実際はもっと混沌としていて中身が濃い。何か着地点のあるインタビューめいた対談ではなくて、ホントに「何かが生まれつつある」感がものすごい、対談と言うよりは家でとりとめもなく喋っているだけという感もあるんだけれど、普通の研究だって学会ではなくてせめて研究会、多くは日常の生活の中での他愛のない思いつきのアイデアの披露で進むことの方が多いのだし。
    しかし、出てすぐに買ったのだけれど、生活のすき間すき間でじっくり読んでいたらこんなに時間がかかってしまった。(エア)団地団員で、ゲンロン友の会員としては、よだれが出るほどおいしい対談で、発表されたときは「遂に来たか!」で文字通り飛び上がった企画。
    今回収録された3回分は、第1回から生で楽しんだのだので、すき間すき間、ちょこちょこと読むことが出来たけれど、本来は一気に読んでしまった方がいいし、おそらく読み始めたら一気に読めてしまうと思う。
    集客が悪いと東さんは不満げだったけれど、第1回から面白くて、それがだれることなくうなぎ登りに高まってきての第3回。これはホントに神回だったと思う。
    この回だけでも印象的な発見・発言は多い。
    「田んぼシステムとストリートシステムの対立」、「価値観の耐用年数より写真の耐用年数の方が長い」、「イスラムースペインーカリフォルニアードバイ」。
    とくに、今あげた中だと最後のつながりは、放送を見ているときに非常に興奮したのを覚えている。石川さんの指摘だったけど、それまでの話が全部繋がる感が、非常に気持ちよかった。しかも今回付加された註を読むと、この議論の発端になったイクスピアリの壁画において、「イスラムの四分庭園が選ばれた記録は残っていない」という、なんかこの「何者かに導かれた」感。

    あとがきに東さんが込めた、知の振る舞い、は僕にとって大いに賛同出来るもので、しかしながら僕は理系である訳なので、僕に出来る事を僕に出来る形で、やっていきたい。まあその一個がこの書籍を買って、感想をつぶやき、考えたり人に話したりすることだ、と、そう思って。

  • 福島第一原発観光地化メルマガに掲載されたものに特別加筆されているわけではないので注意。そちらで読んでいたので、買ってちょっと後悔した。対談が面白いのは確かなのですが……

全3件中 1 - 3件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ショッピングモールから考える: ユートピア・バックヤード・未来都市 (ゲンロン叢書)を本棚に登録しているひと

ショッピングモールから考える: ユートピア・バックヤード・未来都市 (ゲンロン叢書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ショッピングモールから考える: ユートピア・バックヤード・未来都市 (ゲンロン叢書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ショッピングモールから考える: ユートピア・バックヤード・未来都市 (ゲンロン叢書)を本棚に「積読」で登録しているひと

ショッピングモールから考える: ユートピア・バックヤード・未来都市 (ゲンロン叢書)はこんな電子書籍です

ツイートする