COURRiER Japon (クーリエ ジャポン)2015年 04 月号

  • 87人登録
  • 3.21評価
    • (1)
    • (7)
    • (13)
    • (2)
    • (1)
  • 9レビュー
  • 講談社 (2015年2月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・雑誌
  • / ISBN・EAN: 4910132230458

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

COURRiER Japon (クーリエ ジャポン)2015年 04 月号の感想・レビュー・書評

  • 順風満帆で世界を変えた人になった人はいなく、何らかの逆境の中からチャンスを掴み取った人がほとんど。ハングリー精神がすべてなのか…
    ビリオネアの5つの習慣、1.顧客のことを考え続ける、2.準備に時間をかける、3.既存モデルを疑い問題を解決する、4.リスクを相対的に考える(どんな選択をすれば最大のチャンスが得られるかを考える)、5.チームを作る、は参考になった。
    あとは、聴くことの重要性。質問を考えながら聞くのではなく、相手を尊重し理解するためにしっかり聴くこと。

  • イスラムについてのページまで。
    一旦返却

    富裕層は永住権獲得へ

  • イーロン・マスクは増毛していたということを学んだ。

  • イスラム教は私にとって馴染みがない宗教なので、少しでも知れて良かったです。

  • 既に40代後半ですが、後学のため。。。

  • 米国の成功者の人生におけるターニングポイントを特集。興味深いテーマでしたが、内容が浅めだったのが残念。

  • たとえ自信がなくても、自信があるフリをするんだ。
    ISとの戦いにとって日本が中立でいることはできない。
    ISの思想はナチスと同じ、早く解体しないといけない。

    テロの脅威にさらされた国は、テロを防ぎ、テロ組織を壊滅させるために、この戦争を分析し、理解し、対策を立てなければならない。思想と行動だけが21世紀の世界で平和を保障する。

  • いま、世間を騒がせている(いい意味でも、悪い意味でも)
    人や組織について描かれていた。

    自分の道を進む人に共通するのは、
    "没頭"だということ。
    大抵の人が
    "これでいいや。"と思うことを
    "まだだめだ"と思って貫く。

    そういう人が自分らしい人生を歩んでいく。
    自分もまだまだ足りない。
    没頭する、今年一年のテーマにしたい。

    ・・・個人的にローレン・シンガーという人に興味持った。

  •  「世界を変えた人」の人生という大きなテーマが特集になっている。いろいろな方の例が載っているが、山あり谷ありで順風満帆と言うわけではない。まさに「ローマは1日にしてならず」と言うことだな。

     一番印象に残ったのは、「黒い白鳥」に関する記事だ。名門バレエ団初のアフリカ系アメリカ人の女性、ミスティコープランド(31)。バレエと言うと白人の世界で、たまにアジア人がいる中で苦労に耐えないことは想像に難くない。そんな中で「白鳥の湖」の主役の座を射止めたとある。相当意志の強い人なのだろう。

     意志の強いと人と言えば、ドイツのアンゲラ・メルケル首相が浮かんでくる。ク0理恵の特集にも登場している。写真の表情からして意志の強さがにじみ出ている。理系で、東ドイツ出身、女性と言った点を強みに変えた例として登場している。だからと言って、頭の固い人ではなく、物まねが得意とある。今まであったことのある首脳陣の物まねが上手いことで有名とあり、人は見かけによらないものだとしみじみ思った。

     それでは人は生まれながらにして成功するようにできているのか、それとも育っていく中で培われるのかと言うと、どちらの側にも納得できる点がある。少なくとも言えるのは、自分の目標があり、怠け心になびくことなく達成する人が成功しやすい。

     子供のために世界でたった1つの名前を考えると言う企業が現れた。その名は、スイスにあるエルフォルクスヴェレ社。「名づけビジネス」では、いろいろな調査をして他には使われていない名前を20個ほど提案してくれるとある。気になるのはお値段だが、2万8000スイスフラン(約360万円)。高いなあ。

     パティシエがチョコレートを作りだがる理由が判明した。それは、他のお菓子と違ってチョコレートはまとめて作れるし、賞味期限も長い。儲けるのが3度の飯よりも大好きならチョコとなるわけだ。まあ、おいしいものが食べられるならカモになってもいいか。

     作家の佐藤優が「これからの戦争と世界」と言う記事を書いている。「第3次世界大戦は始まっていて、日本も参戦しているのです」と述べている。空爆や地上戦であの頭のおかしな集団をやっつければめでたしなんていうわけにはいかない。もし、あの過激派がなくなってもまた違う過激派が登場するかもしれない。やはり、戦争のない、仕事があり最低限の生活が保障されてシリアやイラクやアフリカで邪悪な思想に共鳴する人がいなくなるようにならない限り、この「戦争」に終わりがやってこない。佐藤優も、イスラム国と戦う2つの方法として空爆と難民支援を挙げている。

     あの人の人生を変えた旅では、今月、日本初上陸したブルーボトルコーヒーCEOのジェームズ・フリーマンが登場している。ローマに旅行に行った際に、イタリアのカフェ文化に影響を受けたとある。知らない異国に行くとヒントが転がっているのかな。

全9件中 1 - 9件を表示

COURRiER Japon (クーリエ ジャポン)2015年 04 月号を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

COURRiER Japon (クーリエ ジャポン)2015年 04 月号を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

COURRiER Japon (クーリエ ジャポン)2015年 04 月号を本棚に「積読」で登録しているひと

COURRiER Japon (クーリエ ジャポン)2015年 04 月号はこんな雑誌です

ツイートする