POSSESSION MAGENTA - PS Vita

  • 30人登録
  • 2.73評価
    • (1)
    • (2)
    • (2)
    • (5)
    • (1)
  • 5レビュー
  • コンフォート (2015年5月28日発売)
  • PlayStation Vita
  • Amazon.co.jp ・ゲーム
  • / ISBN・EAN: 4580290670696

POSSESSION MAGENTA - PS Vitaの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • こちらはコンプ済み。
    序盤はかなり面白く、事件の真相に迫っていく展開+タロットカードをモチーフにしたあれこれが良いなと思っていました。
    恋愛要素はそれほど甘くも濃くも無いのですが、全体的に暴力的な表現や狂気的なものが苦手な方はご注意。
    後半の、RPGで言うところのラストダンジョンからが意味不明。全キャラほぼ同じ展開…。
    各キャラクターは良いのですがシナリオや設定がやや残念だなと。

  • 発売前の話題性はよかったのだけどキャラの個性もいまひとつ。ミステリー仕立てのようでドキドキ感0。シナリオも金太郎飴で個別が最後の章のクライマックス後のみという驚き。すごく楽しみにしていただけに残念。

  • ノベルゲ。お当番回的なものがあるものの、基本皆同じ共通ルートで進むので繰り返しプレイが辛い。
    事件が終わった後に恋愛要素があるのかと思ったらもうそこで終わりなので、乙女ゲとして恋愛要素が少なすぎると感じました。星評価は1.5のつもり。

  • 【あらすじ】
    ある日、主人公の通う学校にて、奇妙な格好で死んだ男子生徒が見つかる。死ぬ直前、彼は”ポゼって”--何かに取りつかれたように人が変わって--しまっていたらしい。
    タロットカードの”愚者”を模した格好で死んでいる彼の事件の真相は、思わぬ形で主人公と関わることになる。


    【主人公】
    典型的乙女ゲーム主人公。
    品行方正、器量よし・頭良しのスーパー少女で周囲からモテモテ。
    序盤からひたすらに持ち上げられ、ちやほやされます。
    また、乙女ゲームの主人公らしく果てしなく鈍感。
    スペックの割に性格がおとなしすぎるというか、”お人形さん”感が半端ありません。

    絵柄はカワイイですが、カワイイだけで中身がなく、魂が詰まっていないので愛着は湧きづらいし、共感もし辛いです。あまりウケの良い主人公とは言い難い。


    【攻略対象】
    属性がはっきりと付けられていますが、表向きの性格は比較的マイルドです。
    ”英国紳士×エロ眼鏡”の光介は思いの他エロ成分が薄く、いやらしさのないフェミニストキャラですし、”チャイナ×俺様金持ち”な蘇は俺様ではありますが、話せば分かる結構イイ奴です(そしてこいつが一番のエロ要員でしょう!)。
    それらはキャラ付けの一貫としては役割を充分に担っていますが、いずれもどんなプレイヤ―も不快にさせない程度の味付けといいますか、意外にクセがありません。

    どのキャラクターも作中タロットにより”ポゼる”(POSSESSIONされる、乗っ取られたように人が変わる)為、刺激的といえば刺激的ですが、豹変する方向性がどいつも同じ(主人公に対しエロ方面で暴力的になり、行き着く先は強姦殺人、みたいな…)なので面白みに欠けるのは難点。


    【システム】
    7章までは完全に共通。
    1章ごとに各キャラにスポットを当て、掘り下げる形です。
    8章目が個別。7章までで最も好感度の高いキャラの√へ分岐します。

    ポゼった相手が置かれた状況に合ったタロットカードを選ぶ要素がありますが、きちんとストーリーを読んでいなくても、選択画面だけでどのカードを選ぶべきなのか一目で分かる上、正位置/逆位置の選択は考えれば(というか考えなくても)わかるので難しくありません。

    ほか、ADVパート中特定のMAPで探索モードのようなものがあります。オマケ要素のコレクションやタロットカードを集めることができます。

    選択肢スキップが便利。ただし、選択肢だけでなく、日付を跨いでも止まるのでその辺りがネック。


    【ストーリー】
    <<主軸>>
    いかんせん1~7章が完全に共通ですので、幅は全く無く、一本道。選択肢等で事件が変わるとか、追加されるイベントがある…とかでもないので、周回はダルいです。
    また、7章までの展開がひたすら同じことの繰り返しなのにも飽きます。
    キャラを掘り下げる⇒そのキャラがポゼる⇒対応しているタロットを探す⇒主人公がピュリする(=PURIFYする、ポゼった状態から解放する)⇒このタロットカードは何だろう?
    …の繰り返し。

    また、個別である8章も、台詞や一部展開に違いがあるだけで、全キャラ同じなのもイタイ。
    一度見れば充分だし、その一度見るのも、事件の回想が50%を占めているのでつまらない。
    印象的なシーンを一部効果的使用する位ならいいですが、そう丁寧に事件を思い出して頂かなくてもプレイヤ―は覚えています。

    事件の真相もトンデモですし…(うえに締まらない)、正直一巡したら後はトロフィー集めの作業という感じです。

    <<恋愛>>
    一巡目から全キャラのエピソードがそれぞれ対応した章で発生する(し、それ以外の恋愛イベントがない)ので、奥行きがないです。
    攻略中のキャラクターでも、そのキャラの章でだけ親しくしただけで、他の章ではその他大勢のうちの一人なのに、終盤「好きだ」と熱烈に告白されたり、告白したりしても「へー、そうなの?」っていうか。

    また、最初からどのキャラクターも、主人公へ好感度MAXなのも面白みに欠けます。
    「そうね、みんな主人公の顔が好きなのね!」、或いは「主人公には抗いがたい不思議な魅力があるから、一目見ただけで激しい恋ゴコロを抱かざるを得ないのね」って考えざるを得ない。主人公を好きになった理由?そうね、主人公だから?…って。

    恋する過程が皆無なのを、無理やり中途半端なエロで有耶無耶にしている感がありますが、迫り方が単調な上に下品極まりないし、発想も貧困。単調でツマラナイAVのようで萌えません。ドキドキもしません。


    【感想】
    COMFORTさんだし、わかっていたけど、やっぱり詰まらなかった!っていうのが正直な感想です。

    ミステリものとしての底も浅ければ、恋愛モノとしての軸もなく、ゲーム性は薄く、ドラマもない。
    あるのは綺麗な絵ととっつきやすいキャラクター、狂気的なキャラの演技が絶妙な声優陣と、それからつまらないエロだけです。

    出演声優さんのファンで、彼らの猟奇的で狂気的なエロ演技を聞きたい!安っいエロ大好物!!という人であれば楽しめるかもしれませんが、その他大多数には微妙でしょう。

  • 橙山光介

全5件中 1 - 5件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

POSSESSION MAGENTA - PS Vitaはこんなゲームです

ツイートする