バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) [Blu-ray]

  • 412人登録
  • 3.45評価
    • (24)
    • (75)
    • (88)
    • (22)
    • (3)
  • 80レビュー
監督 : アレハンドロ・G・イニャリトゥ 
出演 : マイケル・キートン  ザック・ガリフィアナキス  エドワード・ノートン  エマ・ストーン  ナオミ・ワッツ 
  • 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2015年9月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988142105615

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) [Blu-ray]の感想・レビュー・書評

  • ヒーロー映画で大スターになったが、仕事も家族も失ってしまった。
    そんな男が、ブロードウェイの舞台で再起をかけるが・・・。

    人間ドラマをブラックコメディ風に描いたって感じかな。
    けっこう笑えました。

    アカデミー賞総なめも納得の出来栄えでした!

  • かつて主演した大スーパーヒーロー映画バードマンのイメージが払拭出来ずに、その後鳴かず飛ばずの俳優人生を送るリーガンは私生活でも離婚し娘サムの薬物中毒とすっかりどん底になっていた。そこで再起を期して自身の脚本、演出、主演の舞台でブロードウェイに打って出ます。かつて、バットマン役で一世を風靡したマイケル・キートンを主演に迎えて
    公私ともにどん底状態の中年俳優男
    が繰り広げる切なくも滑稽な悪戦苦闘の日々を全編1カットという驚異の撮影スタイルで描いています。
    緊張感をあおるドラムスコアが秀逸でした。エドワード・ノートンとふざるシーンは笑えました。でも期待し過ぎたせいか、観終わった後少しガッカリした映画でした。エマ・ストーンは可愛いかったです。
    レンタル本数が少なかったのが納得の映画で正直これがアカデミー賞作品なのかと思った映画です。

  • 何と言っても脚本!
    映画全体をワンカットで繋げるということは緻密に計算された完璧な脚本がないと不可能。撮影は困難を極めただろうと推測。

    マイケル・キートン
    エマ・ストーン
    エドワード・ノートン
    過去にアメコミ物の映画に出演経験のある3人をメインに据え、軽くアメコミ映画をディスる感じとか配役の妙が光る。

    そのマイケル・キートン演じるリーガンは過去にヒーロー物を演じ大ヒットした役者の役であり、その役のイメージを払拭するために舞台役者に転身しようとする。そして映画一本を演劇の如くワンカットで流れるように観せる。よくできた映画だと思う。
    あとバックに流れるジャズドラムがめっちゃかっこよかった!

    劇中のリーガンが使うあの能力。あれは彼の心の中の葛藤と思い見ていたんだけど、ラストで娘役のエマ・ストーンが病院の窓から見上げ、意味深の笑顔。彼女には何が見えていたのか…含みを持たせたラストは良かった。


    3.9点

  • 何が現実でどこからが虚構か。彼の超能力は本物か、役に引き摺られているだけか。いかようにも解釈はできるのだろう。舞台=虚構ではなく、入り混じるから混乱するが、そこが面白い。
    演技はあくまで、演技である。役に入りこむことは大事だが、嘘をリアルに、それらしく見せることも大事。実際にーーする必要はないし、本物の銃をぶっ放すなんて舞台としては邪道だろう。虚構に現実が脅かされるばかりではなく、舞台がリアルに食われているのか。虚しいが、面白い映画。切れ目のない演出で、のまれるようだった。

  • 分かったような顔してるけどよく分かってません。

  • ブロードウェイが舞台なので、舞台が進行しているシーンなどは凄い緊張感がありました。ワンカット手法は舞台人と映画人との違いを意識させます。役者陣の熱演が見ものですが、マイケル・キートンとエマ・ストーンは傑出しています。深読みの解釈はしないで、ただただ緊迫感を楽しんでいましたが、ラストシーンのエマの笑顔は、彼女も幻覚を見たのでしょうね。バベル、レヴェナントと、この監督の作品を見ましたが、楽しみな才能ですね。

  • 栄光を再び手にしようと足掻く姿が見ていて苦しく、しかし目を離せない心地でした。
    カーヴァー作品への愛情や、マクベスの一節が用いられるなど、文学への知見がちりばめられている所も好きでした。

  • 自分の評判ばかり気にし続けるどうしようも無い人が、でもそれを続け続けてたら、違う境地に達したという、ハッピーなのか何なのか掴みきれなかった奥深い映画。音楽と映像がカッコいい。

  • 映画通の友達から薦められて。
    「アカデミー賞」と「大衆受け」はやはり相容れないのが多いなと。

    エマ・ストーンがなんだか病みつきになる可愛さだった。

  • 音楽が渋い。

    喜劇のような作品。

  • 演劇と映画の対比を通じて。特撮のシーンが始まったのをみて、監督もスタッフも役者もみんな「やっぱり映画が大好きなんだー」って叫んでるようでした。

  • 長回し
    エドワードノートンの怪演、狂言回し
    批評家について:役者じゃない、有名人
    役者になり損ねたのが批評家

    映画の存在について掘り下げる系
    レイモンドカーヴァー
    いつも愛を請う側、私は存在していない

    芸術が目的ではない
    自己顕示欲、存在を示したいだけ
    SNSと違うの?

    音楽、ドラムのみ

    監督、21g
    パンツで外を歩く

    映画業界モノ

  • 一発撮りは凄いけどカットがかからないと見ているこっちも疲れる。惹かれる登場人物がおらず、みんな口が悪くて…。バットマン見たことあればもう少し面白かったのかな。

    劇の途中でうっかり外に出てしまい、銃が無いまま演技し始めたのは笑った。オチはよく分からない。解説を読んだりもしたけど納得いかない。

  • あんな!?!?むずかしいねん!!!!!!!!!

  • 三谷幸喜さんもびっくり、ものすごいワンカット映画とドキドキして見ていたが、なんちゃってワンカットのトリック撮影だったんですね。騙されてしまいました。日のつなぎはカメラを置いて放置することで対応、パンツ姿で外を歩くという管理しきれないシーンがあったり、最後は特撮まで入れて挑戦的な長回しと思ったのですが。
    さらに音楽部分はドラムソロで、これも画面に出てきて実際に叩いているので、一発撮りに音楽も入っているのかと思ってしまいました。単純ですね。
    バックステージもので、事故による役者の変更などどんどん追いつめられていくマイケル・キートンの存在感が素晴らしいのだけど、長回しでやってるのでメリハリがつかない。長回しに挑戦しているというのでなければ作品の質としてはマイナスだったのでは。映画人に偏見をもっている批評家とか鼻を実際に撃ったらスーパーリアリズムと話題になったりとか舞台を非常識なまでにかき回す役者などよく見るとたわいない話です。その積み重ねとマイケル・キートンの熱演で舞台人の今の有り様とか批評性などが出てきてる。

  • ずっとワンショットで撮ったような演出が、ずっと心地いい。
    舞台の裏側のリアルさが深く伝わってくる。

    よくしゃべる人ばかりなのは少し疲れるが
    かわいい娘役が空見上げるラストまでいい。

  • 思っていた内容と全然違いましたが、飽きるところもなく最後まで見られました。
    アカデミー賞とると見る側のハードル上がってちゃいますが、一般的なハードルは超えてたかと。

  • 中盤、主人公がアクシデントにより半裸で街中を闊歩し、公演中の舞台に戻るシーンは腹を抱えて笑った。このシーンは本当好き。このシーンのおかげで映画にやっと好意を持てた。
    ラストシーンの解釈について自分なりに考えてみた。
    話の中で主人公が何度も超能力を使う場面が映るが、いずれもそれは他人が現れた場面では発揮されず、主人公の妄想というのがわかる。つまりこれは、主人公自身は自らを「特別な存在」と思っているが、現実には「特別な人間」ではないことを表している。
    そしてラスト、彼が空に浮遊できたことに娘サムが気づいたかのようなシーンで話が終わる。ここで初めて彼の超能力が第三者に認識される。
    つまり、舞台公演の成功によって晴れて彼が現実的にも「特別な人間」になれた、そういうことを表しているシーンなのだと思う。
    そういうわけで見終わって一番の感想としては「変わった映画だなぁ」ってのが正直なところ。

  •  ヒーロー映画『バードマン』で一時代を築いたが今は鳴かず飛ばずの男がブロードウェイの舞台で再起を図ろうとするが。。。

     準主役のエドワード・ノートンはハルクを降板してアベンジャーズに入り損ねた男。この映画が今、隆盛を極めている大作ヒーロー映画を意識してるのは間違いない。
     そんなヒーロー映画なんて邪道で本当の演劇は違う!、じゃ本当の演劇って何かというとそれは演劇の中にリアルがあることだとこの映画は進んでいく。でも、それって一歩間違えば下品なテレビのバラエティのリアリティ・ショーみたいなもんじゃないか。本当の演劇の高尚さってなんなんだという演劇にとって手厳しい映画に思えた。
     ほぼ全編ワンカットのリアリティってホラー映画のPOVと同じだしね。

     ヒーロー映画好きだっていいじゃないか!と私は『シビルウォー』のDVDを予約するのであった。。。

  • 「俺の映画テクを観ろ」って感じの、テクてんこ盛り映画。楽屋落ち、裏ネタ、オマージュ、メタネタなんかが満載で、「分かるやつが見たら分かる」っていう作品。玄人好み・・
    この作品のエドワード・ノートン、途中でフェードアウトしちゃって残念だけど、Mキートンのこと完全に食っててすごかった。

  • 映画俳優として名を馳せた役者が、舞台役者として再び名声を得ようとする話。

    舞台と映画の違いやパロディの演出はもちろんのこと、
    各登場人物が抱える悩みも舞台役者ならではなのかなと思いました。

    映画、何よりも舞台が好きな人にオススメなのかもしれません。

  • 劇中劇中劇。劇は劇薬の劇。

  • 作り手の映画、いや演劇というものへの愛を感じずにはいられない作品。
    ありふれたテーマの映画が氾濫するいまにあって、こういう作品を作ったということがそもそも素敵だと思う。
    複雑に絡み合った人間関係の葛藤とか、周囲からの毀誉褒貶とか、そういったものがバードマンを「バードマン」たらしめているゆえか、全体的にとてもビジーな感じのする映画であるが、
    とてもよく出来た映画だった。

  • アレハンドロイニャリトゥらしさ満点

全80件中 1 - 25件を表示

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) [Blu-ray]に関連するまとめ

外部サイトの商品情報・レビュー

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) [Blu-ray]を本棚に「観たい」で登録しているひと

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) [Blu-ray]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする