想いのこし [DVD]

  • 139人登録
  • 3.67評価
    • (11)
    • (30)
    • (26)
    • (1)
    • (2)
  • 34レビュー
監督 : 平川雄一郎 
出演 : 岡田将生  広末涼子 
  • TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D) (2015年5月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988101183715

想いのこし [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 広末涼子。ポールダンサー。
    きりりとして、いいねぇ。
    岡田将生が 変化して行く様がおもしろい。
    花嫁姿になり、
    ポールダンサーにもなる。
    役を チャンとこなしている。
    やさぐれた男が まともになっていく。
    人のことを 思いやるようになる。

    ポールダンサーの踊り子たちの乗ったクルマが 交通事故に遭う。
    広末涼子、木南晴夏、松井愛莉、鹿賀丈史。
    4人は 死んでしまうが、
    おなじく ぶつかった 岡田将生/ガジロウは生き残る。
    そして、4人は 死んだのに、さまよう。

    それぞれが、想いを残している。
    その 想いを 実現する。

    結婚式を挙げる前にしんだ 木南晴夏。
    野球部のマネージャーをしていた 松井愛莉。
    元消防士だった 鹿賀丈史。

    イヤー。松井愛莉が、かわいかった。

    子役の 『ボク素直になる。ごめんね。』
    という言葉が いいねぇ。

  • 女たらしでお金にがめついダメな男ガジロウ。
    定職にも就かずダフ屋として気ままにその日暮らしの日々を送っていた。調子にのって道路に飛び出し事故に遭う。幸いにも彼は軽症で済んだが、避けようとした車に乗っていた4人の男女が命を落としてしまいます。彼らはそれぞれこの世に未練を残して
    成仏出来ずにいた。何故か彼らの姿が見えるガジロウは彼らから自分たちがやり残してきたことを代行して欲しいて頼まれる。金と女に目がないサイテーの男の主人公が自分のせいで事故死した男女の最後の願いを叶えて成仏できるように奔走するドラマです。「ツナグ」の平川雄一郎監督作品です。
    岡田将生君が死者の想いを届けるうちに人間として
    成長していく姿を爽やかに演じていました。ダメ男
    が起こした4つの奇跡は観応えがありました。

  • 急になくなった方たちは、きっと「 想いのこし 」のある人が多くてそういう方たちは、自分の状況が分からなくて彷徨ってしまうんだろうなぁ。

    そんな方達を、1人づつ浄化するお手伝いをする物語なのですが浄化をしてる側、されている側の心の成長がこの映画では描かれています。

    すごく感動してウルウルでした(T T)

    そして思ったのが、例えば生きていても自分の道がわからなくて彷徨ったりもすることってあると思います。

    そういう時は、どんな人でもこころの中に苦しみができるけど人にあたらず、本当の意味で愛の行動をとらないといけないのだろうなぁと思います。

    そうしていると、不思議な出会いがあり導きがある☆

    この映画はいろいろと感じることのある作品でした!

  • 「黄泉がえり」「いま、会いにゆきます」好きとしては、あらすじで観たくなってしまった。4人がそれぞれ想い残したことを果たして成仏していくんだけど、そこに特別なことはない。誰もが当たり前にしていることだ。そういうことがいちばん幸せで大切なことなのかなと気付かされる。ガジロウがユウコの代わりにポールダンスをしようとしたのは幸太郎のためだけど、やっぱりいちばんはユウコのためだったんだ思う。お金を見返りに想いのこしの手伝いをしていたガジロウが頼まれもしないのに身体をはってレッスンしたのはユウコへの想いだ。抱きしめて「消えるな」って言ったのは、ユウコを守りたいって気持ちだったんじゃないかな。切ないけど笑いがあってジメジメしないところは○。作品を軽くしちゃってもいるけどね。

  • 主演は間違いなく岡田君だと思うが、広末涼子とのW主演という形をとっている。確かに成仏出来ない4人の中で広末のエピソードが軸とはなっているが。

    岡田君、チャラい役が似合う。最初はチャラく、最後は好青年になる。『清く柔く』RNR248 の役とイメージが重なる。
    自分が原因で4人を死なせてしまった。成仏させるために無念だった想いを解消させる為に奮闘する。
    コミカルに進みながらベタな感じでそれぞれに解決していく。松井愛莉編にはウルウルときてしまった。

    コミカルさもベタさも中途半端と言えなくもないけど、その中途半端が上手く絡み合っている。物語的にも分かりやすい。
    たまに観るならこの手のも良いんじゃない的な映画でした

  • 鹿賀さんにやられた

  • 自然と涙が流るる。。。
    チャラい岡田くんの成長物語でもあるね。

  • ストーリーとしては、ありがちな気はしたのですが、自分が歳をとってしまったためなのか、「想いのこし」と言うタイトルに気持ちが揺れました。今、もしも逝く事になったら、自分にはたくさんあるなあと考えさせられました。後悔が少しでもない人生を送りたいものです。難しい事ですが。

  • ポールダンサーの3人と運転手のおじさん、4人が事故で死んでしまい、相手の男にだけ見える。
    それぞれの想いのこしを一緒に解決し、成仏させる話。

  • 同じ監督による「ツナグ」の二番煎じ。霊を扱うなら、言葉遣いに品格は必須。もう少ししっとりした感じならよかった。

全34件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

外部サイトの商品情報・レビュー

想いのこし [DVD]を本棚に登録しているひと

想いのこし [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

想いのこし [DVD]を本棚に「いま見ている」で登録しているひと

想いのこし [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする