トワイライト ささらさや 2枚組(本編+特典ディスクDVD)

  • 123人登録
  • 3.14評価
    • (5)
    • (11)
    • (31)
    • (7)
    • (3)
  • 33レビュー
監督 : 深川栄洋 
出演 : 新垣結衣  大泉 洋 
  • バップ (2015年4月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988021143875

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

トワイライト ささらさや 2枚組(本編+特典ディスクDVD)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • まずは、泣きました。思ったより泣きました。

    ユウタロウがいきなり事故で死んで
    もともと両親がいなくて、唯一の親戚である
    おばを亡くしていたサヤだったので
    まだ生まれて数ヶ月のユウスケと2人きりになってしまう。

    ユウタロウも両親がいないと言っていたのに
    ユウタロウの葬儀に
    「ユウタロウの父です」と名乗る人がくる。

    幽霊となったユウタロウが見える人にだけ
    乗り移ることができるといい
    サヤにユウスケを取られないよう
    父から逃げろと伝える。

    逃げて、佐々良という町にやってきたサヤは
    持ち前の人のよさで、
    よくしてくれる人が少しずつ増えていく。
    そんな中、ユウタロウの父がやってきて、、、

    死んで成仏してしまう前に
    最後に乗り移ることのできたユウスケに乗り移って
    憎んでいたはずの父だったけど
    父に抱っこしてもらった。

    最後の最後に、今までの父目線の映像を
    成仏する前にユウタロウがみる。

    涙が止まらなかった…
    石橋凌さんがピッタリすぎて…

    ユウタロウのキャラクターが
    大泉洋さんそのままみたいな感じがして
    サヤのキャラクターはガッキーが合ってて
    でも、この2人が夫婦だったのが
    意外な感じなのに、結構よくて。

    佐々良の人たちがまた個性的なキャラクター多いし
    全体的に在り来たりなようで、そうでもないような
    割といい作品だった。

  • 15/10/10
    感動のシーンも大泉洋さんだと泣けないな~と思ってたけど、最後のお父さんの回想シーンはぼろぼろ泣けました。中村蒼のおバカな青年役ははまりすぎだった笑。ガッキー可愛い可愛い。

  • しょっぱなから死んでる大泉洋にのりうつられたという設定の皆さんの演技が面白かった

    子役の寺田心くんが、小さいのにめっちゃハキハキしゃべってるのがすごくビックリした
    本当に大泉さんがのりうつってるように見えた(笑)

    そして、おばーちゃんトリオがかわいかった

  • 原作の小説とは異なる部分もありましたが、三婆、エリカさんはイメージ通りでした。
    旦那さんとお父さんのエピソードは映画の方がよいかな。
     (でも、親に対する誤解の件、同じく大泉洋さんが主演の「青天の霹靂」と少しカブリますね)

    ユウタロウが人の体に乗り移ったときのシーンが面白かったです。
    特にダイヤ君!!!

    随所に出てくる、模型?
    (ちゃんと動いているから模型でなくて、わざと模型っぽく撮ったものなのか?)が、
    すごく気になってしまいました。

  • 折角の新垣結衣なのに、彼女の可愛さが全然生かされてないし、大泉洋も霊体なので、語りのみで演技するシーンが少なすぎて若干無駄遣い感が強いくてなんか、勿体無い。

    亡くなった旦那がいきなり他人の身体に乗り移って現れたのに割とさやの反応がノーマルなのは不自然だし、まぁファンタジーなので多少の粗が各所にあるのはいいとしてもあまりにプロットが甘い気がする。
    ささらに来てからの田舎ならではのハートフルな人間同士の関わり合いを描きたかったのだろうけども、どれもキャラクターやエピソードが中途半端で、原作のあらすじをざっとダイジェストで見せられた感覚でした。
    良かったのは→心くんの中に大泉洋が入っていきなり饒舌になるシーンはかなり可愛くて笑えた。流石天才子役!

    2人の子供役の男の子の赤ちゃんがめっちゃ可愛い!度々観るのやめようかと思ってたけど、彼の殺人的な可愛さのおかげで停止ボタン押さずに行けました。

  • ちょっぴり頼りない奥さんが旦那さんの幽霊に見守られながら成長していく物語、かと思いきや、旦那さんの方が幽霊になって初めて今まで見落としていた大切なことに気付かされるというお話だった。ちょっと不思議で心温まる夫婦愛の物語、かと思いきや、それ以上に親子愛、人間愛の物語だった。終盤のお父さんとのくだりでひたすらに泣いた。あとハイテンションな車掌さんかわいい。あったかく笑って泣けて、ふと人生について考えさせられる、シンプルに素敵な映画。

  • 深川栄洋監督、同•山室有紀子脚本、2013年作。新垣結衣、大泉洋、中村蒼、福島リラ、富司純子、藤田弓子、小松政夫、石橋凌出演。

    <コメント>
    •新垣さんは容姿が一番すきな女優ですが、なかでも喪服姿のときの化粧がすごくよかったです。
    •冒頭とラストが説明中心になってしまい、残念でした。原作に近づけようと、言い尽くせないストーリーを「説明」に頼ってしまうのでしょうか。しかし、その通りに映画にできる原作はほとんどないのですから、切るべきところはバッサリ切った方が良いのにと思いました。説明中心になると、感動が薄れる印象です。

    <あらすじ(ネタバレ)>
    夫のユウスケ(大泉)を交通事故で亡くしたサヤ(新垣)は、葬式に乗り込んできた、死んだとされていたユウスケの父(石橋)に、赤ん坊の息子・ユウタロウの引き取りを求められ、叔母が住んでいた佐々良(ささら)に身を隠す。前後して、死んだはずのユウスケが、誰かの体を借りてサヤに会いに来る。人をすぐ信じて頼りないサヤが心配だからだった。
    ささらでは、おばあちゃん3人衆とのふれあいや、ヤンキーシングルマザーのエリカとの親交を通じて、母としてたくましくなっていくサヤであったが、ある晩、ユウスケが訪れ、サヤが母親らしくなり心配いらなくなったと別れを切り出し、口論になるが、ユウスケは去ってしまう。
    ある日、ユウスケの父がサヤ宅に乗り込み、目を離したすきにユウタロウを誘拐するも、ユウタロウはユウスケに乗り移られたせいで発熱、病院へ運ばれる。ユウスケが機転を利かせてスマホからサヤに意味不明のメール(赤ちゃんだからフリックできない)、折り返して聞こえた会話から病院の場所を突き止め、ユウタロウを奪回。この間、ユウタロウに乗り移ったユウスケが父と車内で過ごしながら、母のこと、父との確執が誤解によるものだったことを回想する。

  • 大好きな洋ちゃんが出るから、と思って鑑賞。ユウタロウと新垣結衣ちゃん演じるサヤとの絶妙な掛け合いに、笑い涙した。ユウタロウに乗り移られる役者さんたちの演技も楽しかった。中でも寺田心くん、大人顔負けの江戸っ子口調にビックリ。ユウタロウとサヤの息子、ユウスケ役の赤ちゃんも、めっちゃ可愛かった。

  • やられた!
    夫婦愛のコメディと思って観てたら、父子の泣ける映画だった。ラストの展開にはズルいくらい気持ちを持っていかれる。
    でも、子供の映像に大泉洋の語りが入ると“はじめてのおつかい”のナレーションっぽくて笑ってしまった!

  • 女優2位 新垣 結衣
    請求記号:16D085(館内視聴のみ)

全33件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

トワイライト ささらさや 2枚組(本編+特典ディスクDVD)を本棚に「観たい」で登録しているひと

トワイライト ささらさや 2枚組(本編+特典ディスクDVD)を本棚に「観終わった」で登録しているひと

トワイライト ささらさや 2枚組(本編+特典ディスクDVD)を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

トワイライト ささらさや 2枚組(本編+特典ディスクDVD)はこんな映画です

ツイートする