新潮 2015年 04 月号 [雑誌]

  • 20人登録
  • 3.50評価
    • (1)
    • (0)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
  • 新潮社 (2015年3月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・雑誌
  • / ISBN・EAN: 4910049010457

新潮 2015年 04 月号 [雑誌]の感想・レビュー・書評

  • 私の恋人/上田岳弘
    この小説は人類の未来を予言する!? 旧石器時代のシリア、ナチス期ドイツ、現代日本。三つの時空を生きる「私」の10万年越しの恋。

    レネー・シンテニス広場/多和田葉子
    郵便局、ジャマイカの旗、彫刻家――言葉とイメージが豊かに織りなす都市遊歩=小説。

    川の棺/いしいしんじ
    その目でみてみなけりゃ、想像もつかないだろうね。世界一奇妙で幸福な棺桶を探す旅。

    ■■ 連載小説 ■■
    繭(十二)【連載完結】/青山七恵
    荒れ野にて(四)/重松 清
    ペインレス(八)/天童荒太
    薄情(九)/絲山秋子
    長流の畔(九)/宮本 輝
    名誉と恍惚(十)/松浦寿輝

    ■■■ 追悼・河野多惠子 ■■■
    ・つのる侘しさ/瀬戸内寂聴
    ・河野さんの詩と日記/川上弘美
    ・河野文学の超現実の森/梅原稜子

    第47回《新潮新人賞》応募規定

    ■ 特別鼎談 ■
    現代思想の使命/浅田 彰×中沢新一×東 浩紀
    ソ連崩壊。大震災。オウム事件。シャルリー事件。IS問題。激動する世界の中、資本主義と工学主義に抗して〈知〉は何を示し得るか?

    ■ 対談 ■
    古事記のインターフェイス/池澤夏樹×山本貴光
    神々と日本国誕生を描く錯綜したテクストを創造的に読み直すために、今、何が可能か?
    ジャン=リュック・ゴダール、3、2、1、――第1部「3」/佐々木敦
    震災前後を結ぶ/田中和生
     ――和合亮一「詩の礫」から佐伯一麦『還れぬ家』の方へ
    石川啄木[第十回]/ドナルド・キーン  角地幸男・訳
    小林秀雄[第二十回]/大澤信亮
    島尾ミホ伝 『死の棘』の謎[第二十四回]/梯 久美子
    地上に星座をつくる/石川直樹
     第三十回・佐賀県で全部
    見えない音、聴こえない絵/大竹伸朗
     第一二七回・形の尻尾

    ■新潮
    ・グローバル/グローカル/ローカル――ケーララ州国際舞台芸術祭に参加して/内野 儀
    ・声は残される/関口涼子
    ・汽水域のアニメーション――『花とアリス殺人事件』をみて/塚田 優

    ■本
    ・田中慎弥『宰相A』/苅部 直
    ・磯崎憲一郎『電車道』/滝口悠生
    ・高橋弘希『指の骨』/田中和生
    ・滝口悠生『愛と人生』/豊崎由美
    ・小野正嗣『九年前の祈り』/渡部直己

  • 新潮4月号に掲載されている上田岳弘さんの小説『私の恋人』を読みました。
    この著者は思想家に近いのかも?
    http://ameblo.jp/sunnyday-tomorrow/entry-12005163903.html

全2件中 1 - 2件を表示
ツイートする