百円の恋 [DVD]

  • 498人登録
  • 4.04評価
    • (73)
    • (99)
    • (47)
    • (7)
    • (1)
  • 98レビュー
監督 : 武正晴 
出演 : 安藤サクラ  新井浩文 
  • TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D) (2015年6月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988101184026

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

百円の恋 [DVD]の感想・レビュー・書評

  • 2014年 日本 113分
    監督:武正晴
    出演:安藤サクラ/新井浩文
    http://100yen-koi.jp/

    弁当屋の実家に引きこもる32歳ニートで処女の一子(いちこ)。出戻りの妹と大喧嘩のあげく実家を出て一人暮らしを始めるも、バイト先の100均コンビニの従業員は変な人ばかり。近所のボクシングジムで見かけたボクサーの狩野とデートらしきことをしてみたり、同棲まがいの状況になったりするもあっさり捨てられ、やがて一子はすべての鬱屈をぶつけるようにボクシングに打ち込むようになる・・・

    とにかく安藤サクラがすごい!!ニート生活中の、だらしなくたるんだ背中のお肉、猫背の佇まい、すっころんでパツパツのお尻にくっきり透けてみえる下着のラインなどなど、そんじょそこらの小綺麗な女優さんには絶対にできない芝居と醸し出せない空気感。そこからの、バツイチお喋りオヤジに強姦され、好きな男には振られ、踏んだり蹴ったりの中ボクシングに本気で目覚めたあとの、軽快な動き、パンチのキレ、無駄のない肉体への変貌がすごい!どんよりと澱んでいた目つきも、いつのまにか獲物を狙う肉食動物のように鋭く変化、それを物語の進行のなかであくまで自然に破綻なくやり遂げた安藤サクラには脱帽。

    崖っぷちボクサー狩野の新井浩文もさすがの好演で、とくに序盤の挙動不審っぷりがかなり笑えました。いつもバナナばっかり買ってくからコンビニ従業員に「バナナマン」とあだ名され、でも肝心のバナナを持たずに帰ってしまううっかりさ(笑)デートに誘っておきながらも一子をほぼ放置したり、病み上がりの一子にものすごい巨大な肉を焼いて食べさせたり、わけわかんないんだけど愛おしいんだよなあ。

    二人の関係性の描き方も良かった。風邪で倒れた一子が狩野に優しくされて突然泣き出したときは、ただ無言で彼女を抱きしめた狩野が、ラストシーンで同じく泣きじゃくる一子を、けして抱きしめようとはせず、距離を保ち続ける。そのもどかしさ。ただギュッと手を繋いで「飯食いに行こう」とそれだけでも、けれどむしろ狩野は一子を使い捨ての女ではなく「戦友」と認めたのだと思えてグッときました。

    いかにも元ヤン風で姉と喧嘩の絶えなかった妹が、リングに倒れた一子に「立てよ負け犬!」って叫ぶシーンも泣けた。言葉は悪いけど、彼女の中ではもう姉は負け犬ではなくなったのだと逆にわかる。1度でいいから勝ってみたかった、と泣く一子は、単にその試合の結果ではなく自分の人生についてそのような敗北感を抱き続けてきた。他人から見たらいわゆる「負け組」のようなキャラクターが一子の他にもたくさん登場するけれど、彼らに対する一子の(あるいは監督の)視線に蔑みはない。

    さらにエンディング曲が映画の内容とマッチしていて素晴らしかった!!「負けたのは戦ってたから」というフレーズが胸に刺さります。もう誰も一子を負け犬なんて思わないよ。どん底からでも這い上がれるパワーをもらえる良作でした。

    クリープハイプ「百八円の恋」
    https://www.youtube.com/watch?v=DLJs3II1EZA

  • 実家に引きこもり自堕落な毎日を送る32歳の一子。
    離婚して子連れで出戻ってきた妹と衝突をして家を飛び出して1人暮らしをするハメになります。
    仕方なく100円ショップで深夜のバイトを始めた一子は、そこで同じような社会からこぼれた不器用な
    人間たちと出会っていきます。
    そして近所のボクシングジムでストイックな練習を続ける引退間近の中年ボクサー狩野と付き合い始めます。
    ダメダメな三十路女が中年ボクサーとの出会いをきっかけに自らもボクシングに目覚めて次第に肉体とともに心もシェィプしていく姿を描いた女の人生の再生ドラマです。
    安藤サクラの渾身の演技がお見事でした。

  • 安藤サクラ=斎藤一子 32歳のニート 新井浩文=バナナマン=狩野裕二 37歳でプロボクサー定年 男なら豆腐、女ならなお豆腐 自己満足の道具じゃないんだよボクシングは いい左なんですけどね 10年遅えよ 山口県周南市 クリープハイプ「百八円の恋」 乳首噛んで 女房気取り 弁当屋 試合が終わればノーサイド レイプされました 負け犬

  • バイト先のおっさん、すんごい気持ち悪かったなぁ…。
    安藤サクラのキャラクターだからこそ成し得たし、変わりざまがすごかった。
    ラスト新井浩文が何故戻ってきたのかは納得出来ないけど、恋愛映画ではないあらまぁいいのかな。

  • 前評判は良いが個人的にあまり期待してなかったんですけどね…すごかった。。圧倒。安藤サクラがクラクラするほど凄すぎた。気持ち悪いくらい凄かった。
    一生懸命な人みるのが嫌いというのわかるなと思った。一生懸命な人見てると自分のどうしようもなさがより、露呈されるものね。

    たるんたるんのニートでしかなかった身体からプロボクサーの身体へなっていくイチコを観ているとうわーと。タフすぎる。低予算映画でここまでなるのか、鳥肌立ちっぱなし、最後はいつのまにか泣いてしまっていた。

  • ポスター、予告と見て、安藤さんのキャラクターに
    ピッタリだなと思っていた百円の恋を見た。

    どうしようもないデブデブからシュッと鍛えられた
    ボディへの変貌っプリはすごい。

    負け続きの人生を男経由ではあるけれど
    ボクシングとの出会いで起死回生に挑む。

    主演陣の他のキャラクターがとても魅力的でした。
    この映画を支えているといえる。
    デフォルメされてるけど垣間見えるリアリティが
    ピリッと効いている。
    コンビニ周りの人たちはどれも秀逸。
    コミカルだが生々しい面々。
    ボクシングの会長も家族たちも良い。

    一見ひねたやりとりばかりにも感じられるが
    頑張る姿を素直に描いていて、暗い画面ばかりだが
    見終わった後にさわやかな感じさえ残った。

  •  2015/03/13  シネマート六本木

  • 安藤サクラは、WOWOWの『贖罪』ってドラマでちょっと居そうな感じのブラコン妹(ちなみに異常性愛者の兄役は加瀬亮)を演じていた時、その兄妹の関係性がなんていうかもはやサイコで、ホラーで、異様なインパクトで、なんかすごい人だなって思って以降、色々な作品で注目している女優さん。

    この『百円の恋』では、『悪人』の時の満島ひかりに迫る怪演をみせてくれた。


    安藤が演じるのは、弁当屋を営む実家に寄生する32歳のニート女。ひょんなことから家を出て自活することになった彼女は、100円ショップの深夜バイトという職にありつくが、同僚のキモいおっさんに強姦されるわ、束の間の甘い同棲を楽しんだ恋人には捨てられるわ、踏んだり蹴ったりの日々。そんな中、別れた恋人がきっかけでボクシングジムに通いだした彼女は…
    というストーリー。


    この手の二世俳優さんてきっとどうしたって親の七光りみたいな冷めた眼差しを受けて思い悩む時期があるんだろうなあと想像してしまう。そしてそれをどう越えていくか、どう折り合いをつけていくか、みたいなところに壮絶な苦労があるんじゃないかしら。
    しかし、彼女のストイックさ、…例えば、女なら誰しも多少は持っているだろう「かわいく見せたい」「よく見せたい」という美化欲求を軽く超越しているその演技と気迫は、既に芸術一家であるご家族の中でも異彩を放っているんじゃなかろうか。いや、今になって放ってきたのか、それとも天賦の才なのか。

    とにかくまあ、今回もすごい顔をしてくれてる。ニート時代の緩みきっただらしない身体(親❤︎近❤︎感)が、ボクシングに熱中するうちどんどん引き締まり、その表情にさえ力が宿り出す…いやあ、まじでかっこよいのです。ロッキーか!っていう。や、ロッキーよりかっこよいネ!この肉体改造を低予算映画ゆえのほんの短い撮影期間で果たすというんだから、女優さんてすごい。
    多くはないけれど、不甲斐なさげな父親とのささやかなシーンも温かくてとても好き。

    安藤さん、この歳でここまできてたら、この先どこへ行っちゃうんだろう。
    個人的には旦那さんとがっつり共演してるのを観てみたい、W主演くらいの勢いで。園子温監督あたりで。

    虚勢を張ってはみるもののなんだかんだいって自分って大したこと無さ過ぎだよなー、きっと100円くらいの価値しかないよなー、っていうかそろそろ自分飽きたなー、と思ってるマイナス思考の情けないそこのあなた、とってもいい映画です。少なくとも、マイナス思考で情けない私は好きでした。


    エンディングの曲も誰だか知らない人だけど、ぴったりあっていてとても良かった。



    低予算映画、バンザーイ!!

  • 2017.8.27(自宅)

    安藤サクラでなければ成り立たないのでは?というほどのストイックな演技だった。身体の絞りっぷりがかっこいい。

    「一度でいいから勝ちたかった」

  • 期待せずに観てみた。
    後半が最高に面白い。面白さはロッキーかと思うほど。
    安藤サクラがかっこいい。すごく元気が出た。
    ぜひ、人生に停滞感を感じている人に見て欲しい。
    自由とはこうゆう事なのかもしれない。
    若さとは(実際は若くなくとも、32歳だっとしても)こうゆう事なのかもしれないと思った。

  • 珍しく新井浩文がよく見えた
    安藤サクラがすごい
    すごくガキ臭いけどわかるよ……となった

  • 世界観は狭いんだけど惹きつけられるし、2時間がとても早く過ぎる。
    そりゃ賞も取るよなあという安藤サクラの熱演。
    乳首つねるシーンの意味はちょっと分からない。

  • 安藤サクラの体当たり演技に圧倒された。
    自分も頑張らなきゃ。という思いにさせられた。
    安藤サクラに思いっきり拍手!

  • 褒められて伸びる の逆を行く、馬鹿にされて伸びる主人公の反骨精神が素晴らしい☆

    世の中甘くないからこそ、何糞と挫けない真っ直ぐな生き方に強く惹かれるものがあった。

    安藤さくらさんが格好よくて、時に可愛くもあり、うちに秘めた情熱を感じられる演技もはまり役だった。

    何事も始めようと思ったときがタイミングだなと思った。

    とても面白かったです。

  • 火がついてからの一子の変化にたぎった。結末はそう甘くないけど、試合が終り相手選手と肩を叩き合うシーンは感動的だった。元バイトのおばちゃんが強盗に入って、出てきた際包丁を持ってなかったような気がしたけどまさか…笑。(ただ、狩野がぼそぼそとしゃべるのでちょっと聞き取りづらかったけど、やっぱり新井さんて色気あるなあって思いました…♡)

  • 強姦のシーンはきつかった。
    一子が男に捨てられてから変わっていくシーンは安藤サクラの演技力の高さを感じた。
    最後が負けてしまうがそこがツボで一生負け犬なんだけどもがきながら男が迎えにきてくれるシーンがしっくりきた。

    一子がでかい肉をかみちぎれなくていろんな感情が重なって泣くシーンが印象的
    いつも性格を丸裸にして暮らす一子をだんだん好きになってしまう映画

  • トレーニングで力を付けて行くごとに変わる一子の表情が良い。
    デレっとした途端に突き放す狩野の一言も好き。
    前半は独特の間合いが滑稽で、そこは笑いながら観ました。

  • 安藤サクラの変わりっぷりが凄かった。最初はいかにもニートなぶよぶよした体が、ボクシングに目覚めてからシュッとした体になっていく。他者への態度も同時にシュッとなっていき、観ていて決して気持ちのよい作品というわけではないのだけど、最後は微かな爽やかさと安堵感があった。新井浩文が演じるいい加減さもさすがという感じ。この人が演じるいい加減さには色気がある。

  • 2017.04.07

    新井浩文を初めてかっこいいと思った。
    決してシンデレラストーリーではないけれど、安藤サクラきらきらしてた。かっこいい。

  • 本当を言うと最後狩野を殴って欲しかった。けど、百八円の恋が流れたら、なんかそれでいいかって思えた。あとはただただ安藤さくらがすごい。

  • 安藤サクラがいい味を出していました。
    ボクシングというか、ひたむきに運動したくなった。

  • 話はそんなに、って思ったけど安藤サクラの役作りがすごいと思った。
    新井さんもこのためにだいぶ絞ったんだろうな。

  • AmazonPrimevideo

    出て来る人間がみんな生気がなく仕方なく生きているかんじ、何度も観るのをやめようかと思うくらいだらしない
    でもボクシングをはじめて、キレが出て人間らしく、会話もしっかりとして大人の女性になっていく
    実家で甥っ子にボクシングを教えるシーンがすき

  • 安藤サクラ
    すごかった。
    前半は見てられないほどのだらしなさ。
    心も体も…。
    ボクシング始めてからホントかっこ良かった。

    試合のシーンは泣きながら観た。
    本気で応援した。

    イチコは好きな人の前でだけ、かわいこぶった…でもそれもなんか下手な感じでしゃべるのが乙女な感じでかわいかった。
    泣き方も子供みたいでかわいい。

全98件中 1 - 25件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

百円の恋 [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

百円の恋 [DVD]を本棚に「いま見ている」で登録しているひと

百円の恋 [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする