ゴーン・ガール (字幕版)

  • 20人登録
  • 3.90評価
    • (1)
    • (7)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
監督 : デイビッド・フィンチャー 
出演 : ベン・アフレック  ロザムンド・パイク  ニール・パトリック・ハリス  タイラー・ペリー  キャリー・クーン 
制作 : ギリアン・フリン 
  • 2015年3月6日発売

ゴーン・ガール (字幕版)の感想・レビュー・書評

  • 要所要所生々しい!
    そして、救いが無い...?

    ずるずる引き込まれるような作品でした。
    誰も幸せになって無くない?
    怖い、けどそんなものなのか。

    エイミーの演技がもう怖凄い。
    生き残るための執念。そしてそのための行動力。
    誰が良くて、誰が悪いというものでもなく、程度の差こそあれ誰にでもおきうる問題なんじゃないの?と思ったのが怖さの現況かもしれません。

  • 女怒らせちゃ怖いって話。 ホントに怖い。 とにかく主演のロザムンド・パイクの顔から目が離せない。 最初と最後にまったく同じ顔を見せるのにまったく違って見えるという巧みな演出。

    加害者と被害者の立場が二転三転しながら展開する攻防戦が楽しかった。 一方はとんでもないサイコなのだが、そんなサイコの方につい肩入れしたくなるのもこの映画の面白いところ。

  • ネタバレされないうちに見たほうがいいと聞いたので、12月末に劇場で鑑賞。
    フィンチャーの映画だなー、って感じ。どんでん返しあり、ショッキングな映像あり。
    夫婦とは、結婚とは何か、みたいなテーマはあるので、実際にご結婚されている方には、共感したり反発(かなりシニカルな見方なので)したり、いろいろあるんじゃないでしょうか。
    アメリカのちょっとモテる普通の男の人、っていう雰囲気にベン・アフレックがピッタリだし、ロザムンド・パイクも完璧。パイクのことはよく知らなかったけど、今後活躍する女優さんじゃないかな。イギリス人らしいですが、アメリカ人役で、私には全くわかりませんでした。
    割と大きな役でニール・パトリック・ハリスがでてきて、ゲイ(バイかも)で男性と結婚して双子を育てていることをオープンにしている彼が、女性に付きまとう役で大作映画に出られるとは、そもそもカムアウトした時に人気ドラマで女好き的な役をやって受け入れられていたのもあるとは思いますが、ハリウッドも変わったなと思います。

全3件中 1 - 3件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ゴーン・ガール (字幕版)はこんなその他です

ツイートする