ソロモンの偽証 全6巻 新潮文庫セット [文庫] [Jan 01, 2014] 宮部 みゆき [文庫] [Jan 01, 2014] 宮部 みゆき [文庫... [文庫] [Jan 01, 2014] 宮部 みゆき

  • 312人登録
  • 3.99評価
    • (24)
    • (46)
    • (13)
    • (6)
    • (0)
  • 31レビュー
著者 : 宮部みゆき
  • 新潮社 (2014年発売)
  • Amazon.co.jp ・本

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
又吉 直樹
東野 圭吾
伊坂 幸太郎
西 加奈子
有効な右矢印 無効な右矢印

ソロモンの偽証 全6巻 新潮文庫セット [文庫] [Jan 01, 2014] 宮部 みゆき [文庫] [Jan 01, 2014] 宮部 みゆき [文庫... [文庫] [Jan 01, 2014] 宮部 みゆきの感想・レビュー・書評

  • ずっと読もうと思ってて、なかなか読めなかった、じゃなくて『読まなかった』一冊。さすがに文庫で6冊、しかも1冊がビブリア古書堂の3倍位の厚さとなると、なかなか踏ん切りがつかず。。。

    で、GWを利用して読んでみたが、1日1冊を超えるペースで読み進められたわ。面白かった。読んでよかった。

    他のレビューでもあったように、事件が起こるところ、裁判が動き出すまでは正直少々退屈。しかも、野田健一の事件なんて、本筋にどこまで関係してんだよ、とか思った。途中からそれがちゃんと重なっていったところは見事。伏線はきっちり回収していったのではないか。

    その一方で、やはり釈然としないところも残る。と言うか、「本当にそれでみんな納得してるの?」という感じだろうか。

    結局、得した人間は誰もいない。強いて言うなら、ところどころええカッコ出来た楠山教諭くらいだろうか。多くの人間は貧乏くじを引いている。この裁判で救われた人間がいたとしても、だ。

    でも、本当に救われてるんだろうか?

    裁判に参加したメンバーが共有したのは、強烈なまでの当事者意識。そして同じ空間・体験を共有した仲間意識。後者が長年続くかどうかは別として、前者はその先の人生において、大きな拠り所となったのかもな、と思った。

    でも、本当にそれでよかったのだろうか?

    僕は柏木卓也のような賢しいフリした甘ったれの糞ガキは死んでしまえ、と思うし、三宅樹理のような自分を悲劇のヒロインと勘違いしている度を越した自意識過剰の糞ガキも死んでしまえ、と思う。最後、三宅樹理は改心したように描かれていたが、あんなもん改心しないよね、そうそう。大出俊次のように被疑者として糾弾され、親が逮捕され、ということが身に降り掛かったのであれば可能性はあるけど、三宅樹理に関してはそれもないし。絶対に知らぬ存ぜぬを押し通して、高校まで逃げ切るんちゃうかなーと思うけど。

    あそこで糾弾されることが、大出俊次にとっても三宅樹理にとっても、プラスとなるかマイナスとなるか、その辺は難しいかな、と思ったり。

    おお、どんどんまとまらなくなっているぞ。

    細かい突っ込みどころは多々あるものの、それらを差し引いても非常に面白い作品であったことは事実。「こういうのは徹底してやらないとダメだ」という井上判事の言葉に、僕は全面的に同意。ここまでやったからこそ、本書もその魅力が大きくなったのだろうと思う。

    文庫版には書き下ろしでその後の藤野涼子と別シリーズの杉村三郎の共演の短編が載っている。そこでは藤野涼子は神原和彦と結婚しているのだが、個人的な感情としては、野田健一と結婚してて欲しかったなぁ、と勝手に思ってる(笑)

    そう言えば、1990年の12月に中学2年生、ってことは、僕と完全に同い年じゃないかな。1989年、つまり平成元年に中学入学で、92年卒業だから、僕と同い年だな(笑)90年である必要はなかったと思うが、諸々の背景だの何だのを考えると、この前後である必要はあったのだろうな、と思う。この時代設定だからこそ、本書は大きな魅力を生み出せたのだろう、と。

    僕が中学生の頃に同じようなことがあったら、参加してたかな。。。多分してないな。。。

    やはり僕は、この裁判によって誰が救われたのか、ということが気になる。誰が救われたのだろう?自分たちの納得のために、ここまでいろんなことを明らかにする必要はあったのだろうか?救われた人間もいるかもしれない。でも救われなかった人間や、明らかにしてほしくないことまで明らかになってしまった人間もいるだろう。初めてしまった以上、そこまで行かないとこの裁判は終わらなかったのだろうと思うが、最初は単に「自分たちの納得」が目的だったはずだ。そのために多くの人に小さくない影響を... 続きを読む

  • 中学校を舞台にした作品。
    達観した傑物のような中学生が沢山登場します。
    こんな中学生いねぇよ!と思いながらも、
    高校生や大学生の話、と言われると違う気がする…
    矛盾した気持ちを持ちながらも、どんどん読んでしまいました。

    生徒、教師、警察関係者、家族(親、兄弟姉妹)、隣人…
    沢山の人物が登場し、各々が抱える感情、悩み、問題点が多く取り上げられ、
    多方面から物語に関わってきます。

    その誰かに共感できる部分があれば、
    長編ではありますが、すらすらと読めると思います。
    話の真相は予測可能であるはずなのに、
    最終的に生徒たちが導き出した結論には鳥肌がたちました。

    少し内容に触れた感想になりますが、
    結末に関しては、もっと他の裁き方があっても良かったように思います。
    最終的に裁かれた人物の、主にその家族が不憫でした。

    個人的には野田君に共感し、登場人物として好きだったので、
    彼の恋が実ると良いな~と思いましたが、
    中学生の恋心ですし、結婚とかしてたら逆に不自然か…、
    と思いながら、淡く期待していたのですが…
    違う方向で不自然なことが起きました。
    丹野先生も好きでした。彼の美術の授業を受けたいです。

    卓也君のご家族(主にお兄さん)も、もっと救われても良かった気がします。
    告発状とその差出人に関しては、もう少し大人が何とかできなかったものかと思ったり、色々と考えはありますが、総じて良い作品だと思います。

  • あまりの分冊っぷりに躊躇していたが読み出したら止まらない面白さ。もっと早く読んでおけばよかった。特に3冊目からはぐぐーんと面白さが増す。裁判に関わる生徒たちの今まで見えてなかった姿が、顕になっていくさまにワクワクさせられる。翻弄させられる父兄や先生たちや、一方的に筋書きを押し付けるマスコミに、敢然と立ち向かっていく主人公たちに胸が熱くなる。巻末の「負の方程式」も良かった。それにしてもこんなに分けなくてもいいのに。それが不満なので星は四つ。

  • さくさく読める!という感じではありません。冊数が多く若干中だるみ感がありました。しかし、クラス裁判は斬新に感じ、生徒のそれぞれに視点を当てて「悪」を決めつけないところがよかったです。
    また、最終巻にはハードカバー本には載っていなかった描き下ろしの番外編があります。
    その後の主役の姿を知ることができるので、この作品に興味がある方は文庫本をお勧めします。

  • 長かった・・・。ディティールが多すぎて途中何度もくじけそうになったが、なんとか読了できた。今は達成感しかない。何か気の利いた感想を書きたいと思うが、どこにポイントを絞っていいのかわからない。ここはあーだこーだ言わない方がいいのかも知れない。

  • これだけの長編だと読むのにかける時間も長くなり、登場人物たちが日常生活に居ついたような感覚になってしまう。なので、読み終わるとちょっと寂しい。
    くしゃみが出てしまうほど鳥肌が立つような見せ場がいくつか登場するのはさすが宮部さんの作品。
    しかし、これだけ思索をめぐらし、議論を重ね、裏取りに奔走する彼らが、なぜ神原くんが裁判に参加した動機を深掘らないのかが疑問。というか、揚げ足とりかな。

  • 登場人物がとても多く、決して綺麗なだけじゃない感情や台詞も多くあるのに、それでも彼らに共感してしまう、最終日の法廷は涙なくして読めません。
    書き下ろしのラスト3ページ、あの人が幸せになっていてよかった……!!!
    おなじみの杉野三郎が登場しましたが、藤野さんが今後シリーズに参加するのかが気になる所です。

  • 本屋大賞2013年7位、このミス2013年版2位。文庫本で全6巻もあるので気合いいれて読んだら2週間ぐらいで読了。超ハイペース。まあ、この作者の本は読みやすいっし、きっとハズレはないだろうっていう信頼感で頑張れた。んが、第2部のあたりは結構しんどかった。もともと、こういう大人びた子供が主人公のやつってあんまり好きじゃないんですよね。しかも、そういうのが大勢でわいわいやってて、裁判ごっこ感が漂ってるし、どうしても、気持ちが入っていかない。各人の大人びた態度がなんとも気恥ずかしい。自分も中学のときは先生や大人たちと対等にやってた気はするけど、もうちょっと普通にやってたし、ここまで大人と勝負してくる中坊がいっぱい出てくると、大人なめるなよって思ってしまう。それこそ中二病じゃないの。ストーリー自体は面白いんだけど設定が。。。文庫本で追加された書き下ろしのやつもなんだか良くわからなかった。

  • 読み始めたら止まらなかった。
    子どもたちが、裁判のやり方や証拠を
    自分たちなりに集めているのがすごかった。

  • 長いとにかく長い小説でした。
    宮部氏の小説は設定や背景が細かいですが、本書は特にその部分に重点を置いて描かれています。
    理由は至った簡単で、本書の結末である裁判結果、登場人物の結論に読者が共感できるようにするた目でした。
    意味のあるとも思えない野田くんと両親の問題を筆頭に図書館のエピソードであったり、ライブラロードでの数々のエピソードがゆるくつながっていく様は結末に向けて納得のいくものでした。
    ここがおろそかになると学校内裁判がただの「ごっこ」になるからこそきちんと書き上げたのでしょう。

    ただし、とにかく長い序盤の設定が読むのを躊躇するのではないかと思い、星一つ原点です。宮部氏の小説を最初に読む方にはおすすめしません。

    私にとって最終的にすべて納得のいくストーリーでしたが、推理的な要素がすくなく、神原くんが弁護人になった時点で結末までが予想通りでした。犯人探しや推理物を期待すると肩透かしとなります。


    さて最後に映画版についても少し。
    原作小説を読み、即映画も視聴しましたが、小説を期待するとがっかりします。そもそも内容が異なります。小説をどう読めばこのような映画になるのか想像すると、大きなトピックと主要登場人物の役割を主に原作から抜き出し、あてはめ、短い時間に押し込めるため、些細だが重要なトピックを振り落としなんとかつじつまあわせをすることで話を成り立たせ様とするとこうなるのかな?んーわからない。
    ちなみに小説で一番読んでて面白かった検事、弁護側双方が供述調書作成に追われている日々や法廷での喧々諤々のやり取りがほぼなくなっています。
    また、柏木君の心情は小説でも難解ですが映画ではひねくれて達観しているただの嫌な奴に成り下がっていました。
    正直映画2本分の枠に収めることが難しい話であり、ある程度の尺をもったドラマとする方がすっきり描けるのではないかと思いました。

  • やっと読み終わりました。
    文庫本6冊、途中でやめようとは思いませんでした。
    淡々と読み進めていけます。
    最後に、検察官のその後のストーリーがあったのですが、
    予想通りでした。
    1度読めば十分かな。

  • 只今4巻を途中に、違う本を読んでいて中々読む気になれません。
    一冊が厚いですね。
    ミステリー小説が好きでよく読むのですが
    ここまで長い作品は始めてです。

    いや中学時代にハマったダレン・シャン以来でしょうか。

    舞台は中学校。雪が降るクリスマスに中学二年生の生徒が遺体で発見されます。
    警察も両親も自殺だと思っていたら、数枚の告発状が届きます。

    事件は急展開です。
    そこには、自殺したと思われた生徒が何者かに屋上から突き落としたのを見た、と書かれていたのです。

    実際は嘘のこの発言が作品をここまで展開していくとは。
    映画を先に観たので、大まかな内容は理解していましたが
    主人公の凉子と警察官の父の親子関係がいいな、と思いました。
    実際にこんなしっかりした中学生はありえないと思いますが発言も、何が真実なのか考えて行動を起こす姿に成人した私には眩しいほどです。

    まだまだ展開が見逃せません。

  • 長かったー!
    読み終わった時の達成感がありました(笑)読み終わってから、あそこの話なくても良かったな、と思うところもありましたが。。。

    探偵が真実を突き詰めるのではなく、学校の当事者たちが裁判を起こすという構成自体面白かったのですが、学生ものは読みやすく先が気になって一気に読んじゃいました。

    裁かれるべき罪とはなんなのか、真実をどの側面から見るか、どう質問を組み立てるのか、色んな側面がつまっていて面白かったです。当事者達のアマチュアの裁判だからこそ、裁判に迫力がありました。

  • 2016.08.10.
    ★5.0

    ==あらすじ==
    第I部 事件
    クリスマスの朝、雪の校庭に急降下した十四歳。その死は校舎に眠っていた悪意を揺り醒ました。目撃者を名乗る匿名の告発状が、やがて主役に躍り出る。新たな殺人計画、マスコミの過剰報道、そして犠牲者が一人、また一人。気づけば中学校は死を賭けたゲームの盤上にあった。死体は何を仕掛けたのか。真意を知っているのは誰!?

    第II部 決意
    期間はわずか15日。有志を集め証人を探せ! 14歳の夏をかけた決戦、カウントダウン! もう大人たちに任せておけない。保身に身を窶す教師たちに見切りをつけ、一人の女子生徒が立ち上がった。校舎を覆う悪意の雲を拭い去り、隠された真実を暴くため、学校内裁判を開廷しよう! 教師による圧力に屈せず走り出す数名の有志たち。そして他校から名乗りを上げた弁護人の降臨。その手捌きに一同は戦慄した…。

    第III部 法廷
    この裁判は仕組まれていた!? 最後の証人の登場に呆然となる法廷。驚天動地の完結篇! その証人はおずおずと証言台に立った。瞬間、真夏の法廷は沸騰し、やがて深い沈黙が支配していった。事件を覆う封印が次々と解かれてゆく。告発状の主も、クリスマスの雪道を駆け抜けた謎の少年も、死を賭けたゲームの囚われ人だったのだ。見えざる手がこの裁判を操っていたのだとすれば…。驚愕と感動の評決が、今下る!

  • 大雪のクリスマスイブ、中学校校舎の屋上から転落死した同級生。状況証拠は明らかな自殺。しかし、他殺と断言した匿名の告発文が届く。真実を求め、校内裁判が行われる。

    500ページ以上の文庫全6巻。しかも、リアリティからは少し遠い中学生の裁判がストーリーの中心。なかなか、読み始めるには決心がいった。しかし、流石は宮部みゆきさんのこのミス2位。読んでいた10日間、しっかり寝不足にさせてくれた。

    ミステリーなので詳細は書けない。グイグイ引っ張られるストーリーもさることながら、この本の魅力は人物設定にある。3000ページを読む間、お付き合いしなければならない登場人物。彼らが冴えなければ、とても長い間のお付き合いは無理である。しかも、裁判を通して、大人も子供もページをめくる毎に成長してゆく。裁判が終わったとき、彼らと別れるのが、なんとなく寂しい思いもした。

    お勧めの★5個。ただ、やはり読み始めるには覚悟が必要。まず、1巻を読み、登場人物と長期的にお付き合いできそうなら、素晴らしい読書経験が得られるだろう。

    なお、この年のこのミス1位は横谷秀夫さんの「ロクヨン」。こちらも読んだが、やはり軍配は「ロクヨン」に上がるだろう。

  • 読み始めるまでにかなり時間がかかったが、読み始めたら一気に。群像劇は大好物なので楽しかった。それぞれの視点から見える世界が違うっていうのはいい。一応三人称視点だが、相当各人物の心情を独白形式で掘り下げている。
    ……なんとなく逆転裁判を思い出した。検事側と弁護側は争うけれど、真の目的は事実の解明だという点とか。

    ミステリーはそんなに読まないけれど、それでも一風変わったミステリーだと思う。何故なら読者には最初から真相がわかっているから。告発状は嘘っぱちで、大出俊二は無実。これはもう1巻からわかっていること。つまり読者も一緒になって真相を究明する、という感じではまったくない。さあ、この真相に対してキャラクター達はどう動く? それを観察する楽しみ。
    一応、神原くんの事件へのかかわりが隠された真相にはなってはいるけれど、読者はそんなのあっさり看破できる。神原くんは明らかに怪しいし、所々のあからさまな伏線といい簡単に予想できる。作者にも隠す気はないんだろうなと思った。だから、これは真相はなんだろうと頭を捻って考えて楽しむタイプの小説ではない。

    でも、自殺を止めなかったことを「未必の故意」だとする解釈には膝を打つ思いがした。こういうのは数多の物語で漠然と罪だとしてキャラクターが悩んだりするけれど、それが具体的にどういう罪なのかは考えてみればあまり言及されてこなかった気がする。それがこの作品中の神原くんの言葉通り、やっと名前が付けられたと思った。ストンと落ちた。
    あと、この物語を貫くテーマとして「自分の思いを皆に聞いてもらうことの大切さ」がある。生徒たちが学校内裁判に乗り出すまでは、大人たちが皆良かれと思って子どもたちの目と耳と口を塞ぐ。知らなくていい、言わなくていいと守って、その間になんとか解決しようとする。結果として大出俊二は釈明の場を奪われ、三宅樹里は鬱屈した心を溜め、野田健一は殺意を募らせ、柏木宏之は両親に失望し、増井望は納得がいかないまま口をつぐむことになる。
    この物語は言わないこと、言わせないことに対する痛烈な批判が込められている。「言いたいことを言わなきゃ」というメッセージが聞こえてくるようだ。
    まあ、個人的にはそれには必ずしも賛成できないが。大人たちのやり方だって間違ってはいないと思うし、現実にはそんなことをしたら悪いこともたくさん起こるだろうから。まあもっとも、だからこそたかだか「言いたいことを言う」そのために学校内裁判を開かなくちゃいけない事態に発展したのだろう。

    キャラクターについて。
    大出俊二……いくらなんてもここまでの馬鹿がこの世に存在するのだろうかと疑わしくなったくらい。語彙が乏しかったり説明下手だったりはまだわかるが、あまりにも記憶力がなさすぎだろうし、あまりにも瞬間湯沸かし器すぎる。昨今の社会傾向からして、真面目に何らかの障害の名前がつけられるのではないかと思った。
    津崎校長……キャラクター達に軽んじられることは多いけれど、基本いい人だし凄い人だと思う。不幸な偶然が重なっただけで、やり方自体は下手を打ったわけではない。
    井上判事……頭がいいし固すぎるのも判事としては適任。でも、「俺の法廷」「判事と呼べ」だとか少々傲慢な印象。正直一番嫌いなキャラ。実は一番ノリノリで汗疹ができても黒いローブを切るとか、子どもらしいけど可愛いとは思えない。
    柏木卓也……酒鬼薔薇聖斗を思わせるキャラ。あとがきに事件の真相の予測として酒鬼薔薇について言及されていたけれど、あれは見当違いもいいところ。身近な人が死んだら死について理解できるかな発言といい、ラストの遺書といい、本当に酒鬼薔薇っぽい。

    総括としては面白かったと言っていいと思う。よく書いているうちにこんがらがないなあと思った。キャラも多く、いろんな意味での矛盾とかで頭を悩ませることにもな... 続きを読む

  • 6冊読了。長いようであっという間だった。
    子供たちによる裁判。学園祭的出し物的なものかな、と思ったけど、想像以上にリアル。うまく練られた展開に感服。なんとなく採取的にはこうなるんじゃないかな?と思ったけどね。
    裁判にかかわる仕事ってこうなんだ、ということを知りえたのは良かった。中高生が読むといいのでは。裁判、警察ってこういう仕事なんだって分かるかも。
    あとは、オトナの組織体制の現実も目の当たりにすることになるだろうから、これもいい勉強になるかも。

  • いやー、最近の中学生はすごい!いや、「最近の」ではないなぁ。公衆電話とか使ってるし。私が中学生のころくらいの話かな?いずれにせよ、中学生なめたらあかん。

    映画版はどうしても薄っぺらかった。野田くんの背景ゼロだし。

  • 本書の目的は、柏木卓也の死の真実を明らかにすることよりも、それを通じて自分たちの(中学生にしかない)感情に向き合い、成長していくことにあると思う。
    でなければ、個々の登場人物の背景や途中の心理描写がここまで細かくないと思う。

    ただ6巻に重要な部分が集中しすぎて、途中が長く感じられたのも事実。

  • 映画を観たのだが…映画と原作は違うのだろうか?
    映画の感想。
    子供向け。綺麗事。思春期の混乱。
    重厚な作りと若い役者さんの演技が優れていたので、長い時間の映画を見終えることが出来たが、内容はNHKにある中学生が見る番組のようだった。
    まさか、松子の両親良い人過ぎるだろ。
    柏木死に損。ま、そうだろ。
    ミステリーかと思って観はじめだが、ただのいい話だった。

  • ハワイ行くちょっと前に買って止まらなくなってずっと読んでたからハワイの思い出はソロモンの偽証と共に…。止まらなかった。疲れた。満足感。

  • 宮部みゆき作品、初挑戦。

  • 夏の暑い体育館。そこでの裁判。
    調べ回る生徒たち。
    青春ぽいのに、本格ミステリー。
    一気に読み終わった。

    シバの女王ベルキスの荘厳な曲が
    裁判の雰囲気に合ってて
    読んでる時は
    ずっと聞いてた。

    平成26年8月1日読了

  • 三巻までは我慢でしたが、後半は止まらず一気に読み終えた。人気高い割にはそんなに感動は無いかな。でも、流石は宮部さんです。最後のおまけも良かった。

  • 彼らがどこに行き着くのか、それを見届けていた気がします。
    登場人物が多くて楽しかったし、本筋に関係ないようなこともこうして繋がっていくんだなあと、感動しました。
    ほとんどのキャラクターに感情移入をして、愛着がわきました。
    夏の盛り、決着がついて、涼子の目の前で一連の事件が本当に終わっていくあの空気。そこで目頭が暑くなりました。
    そして、得ることのできた、本当の友達。
    神原君について予想できるように書かれていたのも、そこへ繋がるのかなとおもいます。健一にとって。
    第一部の上巻を読んでいるときには、こんな風に救いのある結末になるとはおもわなかった(笑)
    あんなにドロドロしていたのに、私としてはとても爽快な読後感です。
    でもドロドロだった所為なのか、続きがとても気になりながらも第一部を読んだあと、一年おいて第二部・第三部を読みました(笑)

全31件中 1 - 25件を表示

ソロモンの偽証 全6巻 新潮文庫セット [文庫] [Jan 01, 2014] 宮部 みゆき [文庫] [Jan 01, 2014] 宮部 みゆき [文庫... [文庫] [Jan 01, 2014] 宮部 みゆきに関連する談話室の質問

ソロモンの偽証 全6巻 新潮文庫セット [文庫] [Jan 01, 2014] 宮部 みゆき [文庫] [Jan 01, 2014] 宮部 みゆき [文庫... [文庫] [Jan 01, 2014] 宮部 みゆきに関連するまとめ

ソロモンの偽証 全6巻 新潮文庫セット [文庫] [Jan 01, 2014] 宮部 みゆき [文庫] [Jan 01, 2014] 宮部 みゆき [文庫... [文庫] [Jan 01, 2014] 宮部 みゆきを本棚に登録しているひと

ソロモンの偽証 全6巻 新潮文庫セット [文庫] [Jan 01, 2014] 宮部 みゆき [文庫] [Jan 01, 2014] 宮部 みゆき [文庫... [文庫] [Jan 01, 2014] 宮部 みゆきを本棚に「読みたい」で登録しているひと

ソロモンの偽証 全6巻 新潮文庫セット [文庫] [Jan 01, 2014] 宮部 みゆき [文庫] [Jan 01, 2014] 宮部 みゆき [文庫... [文庫] [Jan 01, 2014] 宮部 みゆきを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ソロモンの偽証 全6巻 新潮文庫セット [文庫] [Jan 01, 2014] 宮部 みゆき [文庫] [Jan 01, 2014] 宮部 みゆき [文庫... [文庫] [Jan 01, 2014] 宮部 みゆきを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ソロモンの偽証 全6巻 新潮文庫セット [文庫] [Jan 01, 2014] 宮部 みゆき [文庫] [Jan 01, 2014] 宮部 みゆき [文庫... [文庫] [Jan 01, 2014] 宮部 みゆきを本棚に「積読」で登録しているひと

ソロモンの偽証 全6巻 新潮文庫セット [文庫] [Jan 01, 2014] 宮部 みゆき [文庫] [Jan 01, 2014] 宮部 みゆき [文庫... [文庫] [Jan 01, 2014] 宮部 みゆきはこんな本です

ツイートする