進撃の巨人(16) (週刊少年マガジンコミックス) [Kindle]

  • 129人登録
  • 3.90評価
    • (11)
    • (17)
    • (7)
    • (4)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 諫山創
  • 講談社 (2015年4月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

進撃の巨人(16) (週刊少年マガジンコミックス)の感想・レビュー・書評

  • 表紙はアニかと思ってたけど、ヒストリアだった。

  • やっと明かされはじめた謎。まだまだ目が離せない。 続き、早く読みたいっ。

  • またまた気になる終り方。次が待てない。記憶の操作とそれができない民族の存在が明らかになり、アッカーマンの謎が少し解けましたねえ。結局、最初の巨人はどうやって、生まれたのか。父親グリシャはどうやってその謎を知り、フリーダを食べたりしたのか。エミルの「お前、胸張って生きろよ」、そしてヒストリアの「もうこれ以上私を殺してたまるか!!」はカッコ良かった。まあただその後の「超悪い子」は申し訳ないけどちょっと笑ったり。本当の悪い子はそんなこと言ったりしません(笑)。これに対してエレンの女々しいこと。まあ、嘆きたくもなりますわな。でも、そこはまだ父親の真意がわからんからね。そして、ハンジさんは無事なのか?

  • 面白い。
    ようやく謎が解けてきた…って感じは毎巻感じるけど改めて。でもまだわかりにくい(そういう風にしてるんだろーけど)。
    あと、最初からだけど絵もわかりにくいね…。

  • 面白かった。

    エレンの父親との関係も明確になり、巨人の謎が紐解かれていっている。
    物語の収斂はどのようになっていくのか、楽しみ。

  • レイス家とエレンの関係制が判明した反面、ホントにそうなの?とまだ疑ってしまう。まだまだ何度もどんでん返しがありそう…
    あとアッカーマンね、ずっと気になってたけど、こちらもまだ完全には種明かしされてなくて、少しずつ分かってはきているけれど、結局まだ不透明。
    ヒストリアが面白い方に出たから次も楽しみだけど、エレンが憐れ…

全8件中 1 - 8件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

進撃の巨人(16) (週刊少年マガジンコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

進撃の巨人(16) (週刊少年マガジンコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

進撃の巨人(16) (週刊少年マガジンコミックス)はこんな電子書籍です

進撃の巨人(16) (週刊少年マガジンコミックス)のコミック

ツイートする