自分からどんどん勉強する子になる方法 [Kindle]

  • 25人登録
  • 3.73評価
    • (0)
    • (8)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 杉渕鐵良
  • すばる舎 (2015年2月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (132ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
佐々木 圭一
リチャード・P・...
マルコム・グラッ...
ウォルター・アイ...
ウォルター・アイ...
伊賀 泰代
有効な右矢印 無効な右矢印

自分からどんどん勉強する子になる方法の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 夏の読書10冊目。自分の働き方のアイディアをもらえた本。http://aosenn.hatenablog.com/entry/2017/08/11/054043

  • ・「勉強しなさい 」 「宿題しなさい 」は一番効果のない言葉。信頼関係の基本は押しつけないこと 、待つこと。子どもが 「つまらない 」 「おもしろくない 」と思う勉強は 「我苦習 」。子どもの勉強は親が見てあげる 。まずこれが大前提。とくに低学年 、中学年のうちは必須。勉強は筋トレと同じ 。反復あるのみ。

    ・次の4つが重要なポイント。
    ①親が一緒にやる
    ②勉強のやり方を楽しくする
    ③勉強の中身を楽しくする
    ④ラクにこなせるレベルにする

    ・「一緒にやろう 」のひと言で子どもが変わる。親の関わりが何より大切なのは 、 親が楽しんで一緒に勉強する 。これ以上に 、子どもの学力向上に効果的なことはない。

    ・5分という時間を 「 5分じゃ何もできない 」と思うか 「 5分もあったら 、あれもこれもできる 」と思うかどうか 。

    ・勉強は子ども部屋ではなくリビングで。家族が集まる場所だから頑張れる。

    ・やっぱり本を読んでいる子は違う。辞書をリビングに 。事あるごと家のリビングにぜひ 、辞書を常備してほしい。国語辞典と漢字辞典の両方あるのがベスト。さらに類語辞典などもあると理想的。

  • ちゃんと教えようと嫁さんと取り組んでいましたが、子ども(小学一年生)がだんだん勉強嫌いになっていると感じていました。

    この本を読んで、あーそうかあ、と思いました。いろいろ親の感覚でおしつけすぎたんだなと気づきました。
    嫁さんが試してみて、やる気になってるって喜んでいました。感謝です。

  • いわゆるゲーミフィケーション。

    勉強にゲーム要素を取り入れて、やる気を引き出すことが書いてあった。
    10マス計算など、基礎中の基礎でつまづくから、その後面白さを感じなくなってしまうというのには納得。

    よくよく思い出して見ると、自分も小学校のころはいかに早く宿題を終わらせるか、計算を終えるかという点で、自分なりにやる気を出してたなぁ。

  • 読みやすかった。分量的にこれ以上多くなるとクドイので丁度良かったのかも。
    結局は忍耐だと思うのだけど、本書の考えを知っているだけで随分余裕が生まれそう。子供には簡潔に教えたいね。
    あと、“楽習”ツールはダウンロードできるツールがネット上に無数にあるので活用したい。

全5件中 1 - 5件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

自分からどんどん勉強する子になる方法はこんな電子書籍です

自分からどんどん勉強する子になる方法の単行本

ツイートする