「怒らない」選択法、「怒る」技術 [Kindle]

  • 31人登録
  • 4.00評価
    • (2)
    • (6)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 苫米地英人
  • コグニティブリサーチラボ株式会社 (2015年3月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (106ページ)

「怒らない」選択法、「怒る」技術の感想・レビュー・書評

  • おこっていいのは、予測不能で自分が不利益を被ったとき。

  • 目から鱗の考え方。実際に行動を変えられそう。

  • 「怒り」を感情から切り離して考え、述べられている本。
    なんとなく読み始めていったけど、↓2つが主に心に響いた。
    ①怒りそのものについて理解ができた
    ②人がきちんと価値観を持ち、ゴールを持つことの重要さ

    所々、著者の偏った意見がみられるものの、単なるハウツー本でなく、とてもためになる本だった。

    以下、本文より
    ・自分の予想していなかったこと(予想外の出来事が起きた時)に、怒り/悲しみが沸く
    ・感情が動いたら体は反応する。それは当然なので、怒りを否定するのは無意味である
    ・経験値が違う人を本気で怒る人間は恥じるべきであり、自分の無能さにこそ腹を立てるべきだ
    ・常識は疑うもの

    これは私のモットーに似ていて、とても響いた。そして改めて考えさせられました。
    「すべては言葉です。思考を続けるためのエネルギーも、勇気を振り絞るためのエネルギーもすべては言葉から生まれます。良い言葉を使えば、良い力が生まれる」

    Kindle Unlimited

  • 迷って怒るのも迷って我慢するのもストレスと延べ、正しい怒るときの条件、そして怒った勝つために考えることとある意味日常生活の戦略書のように斬新な切り口で響きました。特に相手に過失がありその過失が予想外のときだけ怒るという著者の考えは意識していきたいなと。

全4件中 1 - 4件を表示

苫米地英人の作品一覧

苫米地英人の作品ランキング・新刊情報

外部サイトの商品情報・レビュー

「怒らない」選択法、「怒る」技術はこんな電子書籍です

「怒らない」選択法、「怒る」技術の単行本

ツイートする