数学の言葉で世界を見たら 父から娘に贈る数学 (幻冬舎単行本) [Kindle]

  • 28人登録
  • 3.67評価
    • (1)
    • (2)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 大栗博司
  • 幻冬舎 (2015年3月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (308ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
マルコム・グラッ...
ジャレド・ダイア...
有効な右矢印 無効な右矢印

数学の言葉で世界を見たら 父から娘に贈る数学 (幻冬舎単行本)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  カリフォルニア工科大学ウォルター・バーク理論物理学研究所所長という肩書の著者がお父さんとして娘に語りかけるという体裁の数学コラム。あとがきによると著者の娘さんは実在していて、ニューイングランドの寄宿学校に合格したそうです。

    第1話 不確実な情報から判断する
    第2話 基本原理に立ち戻ってみる
    第3話 大きな数だって怖くない
    第4話 素数はふしぎ
    第5話 無限世界と不完全性定理
    第6話 宇宙のかたちを測る
    第7話 微積は積分から
    第8話 本当にあった「空想の数」
    第9話 「難しさ」「美しさ」を測る

     この手の数学コラム/エッセイは過去に『数学幻視考』や『数学の悦楽と罠』を読んだが、いずれも話が込み入ってくると式や論理をフォローしきれなくなるのが悔しいところ。ただそれでも十分に知的好奇心を刺激される。大栗博司氏の著作は『重力とは何か』や『強い力と弱い力』等があり、これらを読んだ時はかなりワクワクした。今回はそこまでではなかったものの、完全に置いていかれることもなく、楽しく読み進めることができた。

     自分が数学の世界にハマることはできなかったけれど、きっと今も誰かが新しい数学世界を切り拓いているに違いない。そう考えるだけでも、なんだか嬉しくなるものだ。

  • タイトルの印象よりかなり難易度が高いように感じた。特に自分のような高校レベルの数学に挫折した経験がある人にはどうにも読みづらいかもしれない。実際、自分も最初にこの本を読み始めた時は途中で挫折した。

    しかしこの本とは別の数学に関する本をいくつか読んだあとで読み直してみたところ、数学の面白さを解くこの本を少しは理解できるようになっていた。数学はとにかく奥深く、そして哲学と同じぐらい太古から連綿と今につながる学問である。未だなおその影響力は衰えることがなく、自然科学の発展に寄与している。数字を恐れることなく、その深遠なる世界のほんの表面を楽しめる本。

全2件中 1 - 2件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

数学の言葉で世界を見たら 父から娘に贈る数学 (幻冬舎単行本)を本棚に登録しているひと

数学の言葉で世界を見たら 父から娘に贈る数学 (幻冬舎単行本)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

数学の言葉で世界を見たら 父から娘に贈る数学 (幻冬舎単行本)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

数学の言葉で世界を見たら 父から娘に贈る数学 (幻冬舎単行本)を本棚に「積読」で登録しているひと

数学の言葉で世界を見たら 父から娘に贈る数学 (幻冬舎単行本)はこんな電子書籍です

数学の言葉で世界を見たら 父から娘に贈る数学 (幻冬舎単行本)の単行本

ツイートする