それから [DVD]

  • 10人登録
  • 3.33評価
    • (0)
    • (2)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 7レビュー
監督 : 森田芳光 
出演 : 松田優作  藤谷美和子  小林薫  風間杜夫  中村嘉葎雄 
  • TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D) (2015年7月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988101184644

それから [DVD]の感想・レビュー・書評

  • 今どきの「音楽の背景に映像が流れるような」映画とは異なり、煩くないのがgood
    原作をもう一度読みたくなった

  • 「誠は天の道なり。之れを誠にするは人の道なり」

    人間は、間違いをおかします。
    道を踏み外すのです。
    そして、法則からはずれて、周りを傷つけ、自分自身をも傷つけてしまうのです。

    天の道を、真理を、法則を身につけ、
    それにしたがって生きていくこと、
    行動していくことが求められます。

    「三四郎」→「それから」→「門」
    夏目漱石43才の時の作品だそうです。

  • レビュー的に書く感想は特にないです。ヨッパーモード観ていたせいもあるかもしれません。

    淡々と話は進んでいって、あっさりと終わってしまった。今から30年前の映画。藤谷美和子 若くて綺麗で素敵な女優さんでした。

    学園モノで女子高校生をやっていた。マイムの世代よりも少し上。こんなお姉さんいたら良いなと思ったりした。キャビキャビとした賑やかな女子高校生役が板についていた。

    落着いた役もこなすようになった。この映画も松田優作と共に主演を務めた。

    いつしか本格女優と言われるようになった。それから、間もなくして「プッツン女優」と呼ばれた。バラエティ番組でも、地なのか演技なのか分からないが奇行が目立った。

    ふぞろいの林檎の女優さんもプッツン女優と呼ばれた。

    そういえばイチローやJAC出身の今では演技派の俳優と浮名をながした女優さんも呼ばれた。この女優さん好きだったのに。

    神経や精神をすり減らす。心も体もタフでないとやっていけないのかな。つくづく女優って消耗品なのかと思ってしまいます。

  • 愛を貫く、それも心の赴くままに、自然に。
    勿論いろんなしがらみや葛藤はあるのだが、文豪達の恋愛って、この歳になるとどうもいただけない。
    酒、煙草、不労、女郎屋通い等々、純愛の裏側にあるものが、漱石といえども、どうしてもスルーできないのだが・・・。

  • 飄々としてつかみどころのない主人公の長井を演じる松田優作
    それと対照的な性格の平岡を演じる小林薫
    この対比関係がとても良かった

    長井の心理描写として挿入される市電に乗るシーンが不思議で面白かった

  • ずっと困り顔のような
    はかないような
    どうしようもないような

    藤谷美和子さんの演技

    ぼけーっとしてるようにも感じるけど
    妙にほおっておけない色香がある…

    惹きつけられる。すごいなぁと思った。

    でもなぁ、いくらブルジョワでも働いて無い人好きにならないなぁ。

    平岡がもっと三千代を大切にしていればなぁ。

    結局は三者三様無いものねだり。

全7件中 1 - 7件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

それから [DVD]はこんな映画です

ツイートする