救いたい [DVD]

  • 18人登録
  • 3.20評価
    • (2)
    • (1)
    • (4)
    • (3)
    • (0)
  • 3レビュー
監督 : 神山征二郎 
出演 : 鈴木京香  三浦友和 
  • バップ (2015年5月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988021143844

救いたい [DVD]の感想・レビュー・書評

  • 川島隆子は、仙台医療センターで麻酔科医長を努める優秀な麻酔科医。
    同じく医師である夫の真一は仙台の自宅を川島医院として開院していた。
    東日本大震災が発生すると真一は川島医院を無期休診にすると、被災地に出向き地域医療のために診療所を立ち上げます。
    彼の奮闘もあり地元の人々や患者達との間には少しずつ笑顔が戻っていきます。
    震災後の被災地で地域医療に携わる医師夫婦を主人公に医師と地域の人々が織り成す人間模様を綴っています。
    三浦友和と鈴木京香が出演の作品で色々と考えさせられた映画でした。

  • 見ました。
    救いたい

    3.11の大震災後、復興支援のために赴く医師夫婦を描いた作品。なかなかに難しい問題もありますが、ようやく2015年になって描くこともできるようになったのかな、という印象でした。
    医師ものは多いけれど、これは震災がらみということもありなかなかない感じ。
    個人的には、主人公が麻酔科医の大切さについて力説するシーンが心に残りました。麻酔科医は麻酔をかけたら終わり、とおもわれているけれど、そうではなく、意識のない状態の患者を代わりに生命を一瞬も離れず守るお仕事ー素敵ですね。
    麻酔科医のお友達がいるので、今度お礼を言いたくなりました。

  • 震災後の街で医者、自衛官、祭り、漁業に携わる人たちを描いている。

    麻酔科医という仕事が重要なんだなと、気付きました。たしかに手術が終わった時には、手術をした先生にお礼を言うもので、麻酔科医にもお礼って必要だよなぁと。
    まぁ実際の手術をしらないけどね。

    中越典子のストーリーが1番ぐっときました。なんかあのシーンが身近に感じて。

全3件中 1 - 3件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

救いたい [DVD]はこんな映画です

ツイートする