サンバ [DVD]

  • 67人登録
  • 2.97評価
    • (0)
    • (6)
    • (17)
    • (7)
    • (0)
  • 14レビュー
監督 : エリック・トレダノ  オリヴィエ・ナカシュ 
出演 : オマール・シー  シャルロット・ゲンズブール  タハール・ラヒム  イジア・イジュラン  イサカ・サワドゴ 
制作 : エリック・トレダノ  オリヴィエ・ナカシュ 
  • ギャガ (2015年7月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4589921400954

サンバ [DVD]の感想・レビュー・書評

  • 字幕: 現在不明

    「『最強のふたり』の監督コンビと主演のオマール・シーが再タッグ」と言うのが触れ込みらしく、予告編も似たような「フランス現代事情をコメディタッチに描きました」的作りだったので、なんとなく想像がつく気がして長いこと観るのを遠慮していた。

    正直、『最強のふたり』も個人的にあまり好きな部類ではなかったのだけれども、今作は好み以前の問題。完成度が低すぎる。

    フォーカスしたいのが、主演二人(もったいない)の恋愛なのか、不法移民問題なのか、どちらも扱いが半端で何をしたかったのか理解に苦しむ。(どちらも取り上げたい、という欲が出たのかしら。) お陰で、台詞の掛け合いも不自然だったり、無駄な場面も多く、全体的に物語のリズムが悪い。

    字幕翻訳者の名前をいくら探しても出てこないのも納得できる。

  • 制作年:2014年
    監 督:エリック・トレダノ、オリヴィエ・ナカシュ
    主 演:オマール・シー、シャルロット・ゲンズブール、タハール・ラヒム、イジア・イジュラン
    時 間:119分
    音 声:仏:ドルビーデジタル5.1ch、日:ドルビーデジタルステレオ


    アフリカのセネガルからフランスに来て10年、様々な仕事を経験してきた青年サンバに、ある日突然、ビザの失効により国外退去命令が出される。
    職場を追われ、表立ってはこの国にいられない絶体絶命のサンバの前に現れたのは、移民支援協会ボランティアのアリスであった。
    心が折れて大企業を休職中のアリスは、窮地の中でも屈託ない笑顔を向けてくるサンバに興味を持ち、彼を救おうと尽力する。
    そんな中、陽気なブラジル移民ウィルソンや、破天荒な法学生マニュなど、サンバの周りには彼の不思議な魅力に惹かれた人たちが集まってくる。
    生まれも境遇も全く異なる彼らのおかしくも風変りな関係はいつまでも続くかに思えたが、ある日、サンバの身に思いもよらぬ出来事が起こり…。

  • 扉を叩く人と続けて見たけど、
    本当に 移民関連のお話が多いのに気付いた。
    最強のふたり、もそうなんだと。
    中でもこれはそここそがメインテーマとして、よく伝わってきた。

  • 映画「最強の二人」の主演、監督、脚本が再びタッグを組んだ作品で、しかもフランスはもとよりヨーロッパが抱える移民・難民がテーマの映画との事でかなり期待して観たのですが、正直、まーまーでした。移民・難民には来て欲しくない排他的フランスとそれでも3Kの仕事は移民・難民の労働力に頼らざるをえない現実のフランス。もう一寸、中身を濃く出来たんじゃないかな~。本当に惜しい。。。

  • 前作と違って恋愛物だった性か、いまいち踏み込めませんでした。

  • 絶妙な距離感の二人の恋の行方は?

    サントラも素晴らしいし、
    やっぱりこの監督は、
    上質で良い。

    日本だとこうした設定は、
    リアリティーが無いんだろうけど、
    ヨーロッパだと当たり前にあると思うと、
    結構切ない。

  • 「移民」「出稼ぎ」今、世界で話題になっていることについて考えさせられた。差別、格差はいつまで経ってもなくならない。叔父さんの虫は生きているが故に家の明かりに誘われて死んでしまう。私たちはそうならないように生きなければならない。という言葉が印象的だ。「最強の二人」と比べると内容的に物足りないけど、主演のオマールシーの演技は素晴らしい!!

  • フランスの移民の苦労と、フランス人の苦悩を描く映画。
    「最強のふたり」に出ていたオマール・シーの株が少し下がった。
    もちろんいい役で、いい演技してた。
    でも、結局オマール・シーの魅力で、オマール・シーを見ていただけなんだと感じた。

    魅力が有る人だけど、いろいろな役をこなせる人ではないのかもしれない。

  • その結末でいいの?てとこもあるんだけどどうしても笑顔が可愛くて撮ってる人のまなざしが優しくて人物それぞれが精一杯懸命に生きてて憎めない

  • 劇場で鑑賞。字幕版。
    同日、この映画を観てから「6才のボクが、大人になるまで」を続けて観てしまいました。
    結果、さすがに印象がそっちに持って行かれてしまった感が…。
    「最強のふたり」の監督と主演コンビという期待値が高過ぎたのもあり、まぁ普通に佳作かな…という印象でした。
    しかしオマール・シーのなんともいえない滲み出る包容力は健在。
    今回は「最強のふたり」の役柄に比べると随分繊細で小心な部分もある役でしたが、やはりどこまでも温かい空気が魅力でした。
    何気ない会話のシーンも空気感がよく、また会話がありきたりな言葉を選ばない辺りもとてもよい。
    ラストが少し駆け足な印象になったのが惜しかったですが、おとぎ話にせずにフランスが抱える移民問題を切り取る描写は楽しむばかりでなく興味深いものがありました。

  • うーん、最後がよくわからない。

  • 不法滞在?の人々の生活の苦しさが見える。

  • 2015/8/13 ビザの失効を忘れて?不法滞在って
    人達の生活…嫌な 仕事ばかりだけど、何とか仕事にありつき生活を出稼ぎで国に仕送りしようとしている状況。全てが真面目で善い人達ばかりではないけど、現実が ちょっと理想的なラストになってしまったが、実際には そこにいく過程が怖いですが、そーいう事を真剣に考えずに映画を観たら 音楽も良いし 俳優陣も良かったし、悲しくて 可笑しい楽しい映画だったのかも。少し 思い描いてたストーリーとは違ってたけど…。

全14件中 1 - 14件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

サンバ [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

サンバ [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする