百年法 下 (角川文庫) [Kindle]

  • 31人登録
  • 4.18評価
    • (4)
    • (12)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 山田宗樹
  • KADOKAWA / 角川書店 (2015年3月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (314ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
又吉 直樹
宮部 みゆき
三浦 しをん
東野 圭吾
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

百年法 下 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 物語として、メッセージのある作品。

    大きな流れと個人について。
    思いの重要性。

  • エンタメ小説としては読み応え十分。長い話ではあるが、中心人物が適当に変わるし、ストーリー展開にも矛盾がないので良いと思う。ただ、たくさんのテーマを盛り込み過ぎていて、踏み込みが浅くなっているのが残念。

  • 下巻は、百年法施行がもたらす問題点が浮き彫りになる。永遠かのように思われる百年など、あっという間に過ぎて、身体の若さを保っても精神は歪んだ過程を辿って老いていく。いざ、百年を向かえても生への執着は本能的だろうと思う。でもそれは、今生きている世代が良ければいいという事に繋がり、若い世代にはしわ寄せがいく。現代社会そのままのよう。

  • 近未来、本当にこんな世の中あってもおかしくないかもと思わせるリアルな設定。限りある命だからこそ人間らしく生きられるのかも。限りある時間に何が出来るのか?何をしたいのかと考えさせられました。

  • 現代の日本への皮肉もいっぱいでとても面白かった。

全5件中 1 - 5件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

百年法 下 (角川文庫)はこんな電子書籍です

百年法 下 (角川文庫)の文庫

ツイートする