流星ワゴン DVDBOX

  • 32人登録
  • 3.50評価
    • (2)
    • (6)
    • (9)
    • (1)
    • (0)
  • 8レビュー
出演 : 西島秀俊  香川照之  井川遥 
  • ポニーキャニオン (2015年7月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988013281585

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

流星ワゴン DVDBOXの感想・レビュー・書評

  • 原作を読んでも泣いたけどドラマもやっぱり泣けました。
    何より子役の男の子が可愛い!!!

    西島&香川の安定コンビだし普通に面白いドラマでした。

  • 朋輩じゃあー
    まぁまぁ。

  • チュウさんの不器用だけど真っ直ぐであったかいところが!かっこいいなと思った。
    重松清さんの作品は、いつも家族の大切さに気づかせてもらえる作品が多くて、なんだかホッコリとした気持ちにさせてくれる。
    個人的には、同じドラマ枠の「とんび」の方がグッときたけれど、流星ワゴンの方は少し入り込めない部分もあったかなぁと。

  • ラストで主人公がベンチに戻ったとき、バックトゥ・・や素晴らしきかな人生を思い出しました。ただ、内容はまったく違う別のもので、現在の日本の人々が抱えているであろう問題に光をあて、大切に思っているのに、ひとりひとりは一生懸命なのに、肝心なことを伝えられないで壊れそうな人々のそれぞれの想いをワゴンは乗せて走ります。久々に熱のこもったドラマに出会えて嬉しいです♡

  • はじめチュウさんのあのキャラが苦手でうるさいなーって思ってたんやけど、回を重ねていくごとにチュウさんの良さがわかってきて、最終回では見事な愛すべきキャラになってた。

    すれ違い続けてた親子が朋輩になって、過去が変わらなくてもカズお前自身は変わった、現在を生きろというチュウさんの言葉がぐっときた。

    そして真っ赤な顔、真っ赤な耳した健太が本当にかわいかった。

  • 面白かった(≧∇≦)親子で正面から向き合って生きてく姿がいいなと。すれ違いはあるかもしれないけど、ほんとに愛してればいつか届くし、それをキチンと伝えていくことが大切だなぁと。親子でも言葉に出さないとほんとの思いは絶対伝わらないから意識してこっと。

  • 毎回毎回誰かしらが怒鳴ったり、目を腫らしたりして感情を爆発させてるドラマ。
    家族でも、いつの間にか気持ちがすれ違い、選択を誤って、気づいた時には取り返しのつかない結果だけが目の前に突き付けられる、そうならないように、もっとそばにいる人を見つめようよ、腹を割って気持ちを伝え合おうよ、という話。

  • ベタベタな展開・・そしてベタベタなエンディングw

    西島秀俊が息子っぽくなるときがかわいかった(●´∀`)ww

    「俺はそれに気づいてやれなかった!!」って何回言うねん
    っていうぐらい何も気づかん人の話www

    そして奥さんの言い分が笑けたwwww
    でも自分が同じようにされたら同じように思うんだろうなw

全8件中 1 - 8件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする