デート~恋とはどんなものかしら~ DVD-BOX

  • 64人登録
  • 4.37評価
    • (14)
    • (13)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 18レビュー
出演 : 杏  長谷川博己  国仲涼子  中島裕翔  松尾諭 
  • ポニーキャニオン (2015年6月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988632149525

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

デート~恋とはどんなものかしら~ DVD-BOXの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 杏=藪下依子 長谷川博己=谷口巧 ニートではない高等遊民だ 上目遣いでアヒル口 島田工務店社長 年収約200万それは厳しいな リケジョは差別用語 松重豊 国仲涼子 アトリエ ヤンキー パシフィックリムに35点とか付けてんじゃないよ! アバターは85点 拾ってやってもいいよ 母さんのお雑煮だ 数学者 和久井映見 ノーベル賞 松重清 結納 中島裕翔ゆうと=鷲尾豊 Hey!Say!JUMP 剣道 公務員一家だがキャリアは初めてた 2次元しか愛せない恋愛不適合者だ マックイーン フラッシュモブ 広末涼子 竹内まりや 大好き 剣道 羽海野チカ とっくに手塚治虫を超なさえてるよ バレンタイン 似非世捨人 内田春菊のサイン会 教育評論家 野毛 ベルサイユの薔薇は植物の棚 教養のないやつはやだね〜 原節子 峰富士 メーテル つげ義春 タルコフスキー アツシの美しいファルセットはでないよ 風吹ジュン キセル 太郎 一命をとりとめた

  • 古沢良太さん脚本、もう期待して観たのに
    期待以上過ぎて、もう爆笑と感涙です!!

    リケジョでエリートの女と
    オタクで引きこもりの男が
    なんだって付き合うことができるのかって
    ありえない話なんですが、そこが古沢マジックです

    こんなに月曜日が来るのが待ち遠しいなんて
    思ったの初めてです、本当にありがとうな作品です

  • 面白かった!脚本最高!杏ちゃん最高!女子界でも話題になってたドラマ。しかしどんなにイケメンでもハセヒロさんでもニートとは結婚できんと思った。w

  • スペシャル記念に。人におすすめはしないものの結構好きだったドラマ。高等遊民というフレーズが初回から大好き。「パシフィックリムに35点つけやがって!」ベストオブ大好き台詞
    それはそうと古沢さん…リーガルハイやデートのテンションを相棒に逆輸入するのやめてもらえませんかね…すりあわせが大変で…

  • 2015年冬ドラマでダントツの面白さで夢中になった!毎週の放送が待ち遠しくなる作品は久々。
    配役も皆大好きな人ばかりで、ストーリー展開でも嫌いなキャラもいなくて観ていて本当に楽しかった。

    感想詳しく書きたいけど全てが素晴らしくて、キリがないから書けない(笑)
    とにかく大好きな作品になった。
    ブルーレイにダビングしたから何回も観ることになりそう。
    スペシャルやって欲しい!!

  • いろんな形態の夫婦があってもよい。理屈で結婚相手を選んでも結局一目惚れなのだ。

  • 古沢良太すき!

  • 面白かった!
    なんとも融通の聞かない、杏がかわいい。

  • こういうのを求めていた!と鼻息荒くなること必至のラブコメでした。しかもコメディクオリティが高く、哲学的でもあるときた!
    数年前に宮部みゆきのレベル7の単発ドラマで見かけたときに、びっくりするくらい演技が下手くそで、このひと、これからどうするんだろう。と余計な心配をしていた、あの女優さん。今回は、本当に素晴らしかった。手足の長い身体を上手に使った、ロボット走りも、端正な顔を逆手にとった「アヒル口」も完成度が高い。よく考えて演技プランを作ったんだなあ、と役への愛情を感じます。
    長谷川博己は、きっと絶対に(矛盾した推測)私の好みであろうと思われたため、意図的に避けてきたのですが、遂に陥落。しかも、あっけなく陥落。島村ジョーのコスプレで、不覚にも格好良いと思ってしまった。ニートなのに。「浅倉南、あれは恐ろしい魔性の女だぞ」は何度思い出しても笑えます。お雑煮を作る指もきれいだったし、どこで見つけてくるのだろうと不思議に思ったラインのツイードパンツもよく似合う。スタイリストさんって、大変だ。なるほど、これは皆さんハマるのも分かる、と冷静に思う間もなく、長谷川博己に完敗いたしました。おそろしや。
    脇を固める方々では、和久井映見、風吹ジュン、松重豊のお三人が、さすがの仕事をされてます。画面が引き締まるし、ストーリーに深みが出ますね。恋とは?と暗闇の中を思索思案するメイン二人とは違って、大人の「愛」を感じます。ダメでも、クズでも、不適合者でも、それでも愛情は枯れないんだな、と。
    きっとハッピーエンドになるんだろうな、とは予測はついているので、安心して見られるのですが、それでも最終回のりんごのシーンはドキドキしました。エロいよ、長谷川博己!そして、大円団で嬉し涙を流したあとに出てくる、切符の種明かし。あのエピソードだけでごはんが食べられる!くらいの素敵さ。ああそうか、もうそこから始まっていたのね、とオーディエンスにしか分からないのがにくい。
    国仲涼子の元ヤンで芸術家というのだけが、違和感ありまくりでした。彼女が「だべ?」とか言っても、どうにもこうにも、ヤンキーのように聞こえない。彼女だけキャスティングミスかなあ、と。思ったり。

  • 不器用な人々が出る愛すべきドラマ!最終回のオチがナイス

全18件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

デート~恋とはどんなものかしら~ DVD-BOXを本棚に「観たい」で登録しているひと

デート~恋とはどんなものかしら~ DVD-BOXを本棚に「観終わった」で登録しているひと

デート~恋とはどんなものかしら~ DVD-BOXを本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする