最強のふたり スペシャル・プライス [DVD]

  • 412人登録
  • 3.98評価
    • (51)
    • (59)
    • (41)
    • (5)
    • (1)
  • 42レビュー
監督 : エリック・トレダノ、オリヴィエ・ナカシュ 
出演 : フランソワ・クリュゼ  オマール・シー  アンヌ・ル・ニ  オドレイ・フルーロ  クロティルド・モレ 
  • アミューズソフト (2015年6月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4527427659049

最強のふたり スペシャル・プライス [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • これが実話をもとに作られていることが驚きだ…!
    障碍者への向き合い方とか、人の可能性とか、色々考えさせられたのでした。泣きはしなかったけど、良かった。

  • 同情しないということ

  • フランス映画にしては素直で明るい。

  •  生まれも育ちも肉体も対称的なふたりだからこその間柄。同情はときに人を傷つける。なんでも言い合える、気が置けない関係だからこそ楽しいと思えるのかもしれない。
     障害者とその介護を中心とした話ですが、いわゆるお涙頂戴系の作品ではありません。むしろユーモアたっぷりに笑わせてくれます。観ていてこんなにも楽しくて真剣で心に刺さる映画だとは思いもしませんでした。
     ふたりはあらゆる要素がまったくの正反対であり、お互いの人生においては出会うはずのなかった存在だったのかもしれません。フィリップとドリスはお互いに憧れていたのでしょうか。生活も趣味もまったく異なるふたりはお互いに刺激を受け、生き方も考え方も大きく変わったように見えました。
     最高に相性のいいふたりが出会ったことで最強のふたりになる。人が変化するときとは、自分とはまったく異なる人間に出会えたときなのかもしれませんね。

  • エリック・トレダノ、オリヴィエ・ナカシュ監督•脚本、2011年作(仏)。フランソワ・クリュゼ、オマール・シー、オドレイ・フルーロ出演。

    <あらすじ(ネタバレ)>
    パリに住む大富豪フィリップ(フランソワ)は、パラグライダーの事故で首から下が動かない。その介護職に下層移民のドリス(オマール)が応募する。失業保険の書類に必要な就職活動の証が欲しいだけだったが、フィリップが気に入り採用。介護は雑でいい加減だが、友人として接するドリスにフィリップは惚れ、自家用ジェット、パラグライダーなどに連れて行く。文通する女性と会うことをドリスに強く勧められ、時間通り来なかったことにフィリップはヘソを曲げて一旦は流れるが、ドリスの再設定により会うことができる。エンドロールでフィリップとドリスのその後の実話が挿入。

    <コメント>
    フィリップはドリスに惚れたのだろうな。それまでのフィリップは、至れり尽くせりの介護をうけていたが、孤独だったのだろう。ドリスが現れて微笑ましく楽しい友人が身近にできた。
    これは老人介護一般にも当てはまる構図かもしれない。身の回りの世話よりも、寄り添ってくれる人が欲しい、それが被介助者の求めていること。

  • 201710
    噂に違わぬ名作や!

  • うわさどおり面白かった!
    邦題がいい

  • プライムビデオにて。
    友人に勧められたので観た。
    福祉関係の仕事をしているので、見ていられない!という痛々しいシーンもいくつかあったが最終的によかった。
    でも結局シャブのせいでは…?二人が仲良いのはシャブのせいでは…?と思わずにはいられなかった。

  • 単調な展開と静かな音楽が好きだ。
    2017/5/15

  • 元気出るタイプの映画。無神経だけど身体障害者に絶対同情もしないたくましい移民の若者と、特別扱いされたくない金持ち白人の老人がひととき人生を通わせる。セレブのクラシックコンサートでブラックミュージックかけてみんなで踊るシーンが良かった。

全42件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
又吉 直樹
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

最強のふたり スペシャル・プライス [DVD]に関連する談話室の質問

外部サイトの商品情報・レビュー

最強のふたり スペシャル・プライス [DVD]を本棚に登録しているひと

最強のふたり スペシャル・プライス [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

最強のふたり スペシャル・プライス [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする