最強のふたり スペシャル・プライス [DVD]

  • 376人登録
  • 3.96評価
    • (47)
    • (49)
    • (38)
    • (4)
    • (2)
  • 36レビュー
監督 : エリック・トレダノ、オリヴィエ・ナカシュ 
出演 : フランソワ・クリュゼ  オマール・シー  アンヌ・ル・ニ  オドレイ・フルーロ  クロティルド・モレ 
  • アミューズソフト (2015年6月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4527427659049

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

最強のふたり スペシャル・プライス [DVD]の感想・レビュー・書評

  • うわさどおり面白かった!
    邦題がいい

  • プライムビデオにて。
    友人に勧められたので観た。
    福祉関係の仕事をしているので、見ていられない!という痛々しいシーンもいくつかあったが最終的によかった。
    でも結局シャブのせいでは…?二人が仲良いのはシャブのせいでは…?と思わずにはいられなかった。

  • 単調な展開と静かな音楽が好きだ。
    2017/5/15

  • 元気出るタイプの映画。無神経だけど身体障害者に絶対同情もしないたくましい移民の若者と、特別扱いされたくない金持ち白人の老人がひととき人生を通わせる。セレブのクラシックコンサートでブラックミュージックかけてみんなで踊るシーンが良かった。

  • 心でつながるということ。じわじわくる久しぶりにあたりのフランス映画。

  • 体のほとんどの機能がマヒしてしまったお金持ちとその介護人の人の話。
    介護ってかわいそうっていうのではなくって、一人の人間としてみること、そして楽しむことが、人生の豊かさになっている。
    いい映画だったな

  • 実話に基づく感動作と聞いていたのでちょっとそういうのが苦手な私は構えてしまっていたけれど、要はこれ、私の好きなバディものなんですよね。遠慮しない二人の関係が微笑ましい。ちょっとした悪いことやって笑い合ってる悪ガキのような二人。本来なら貧困だとか障害だとか重くなりがちなテーマだろうけれど、お互いに遠慮なく踏み込んでいくのが素晴らしい。同情は時に相手を傷つけてしまうことを教えてくれるけれど説教くさくない、明るく楽しい映画です。

  • Best of the Best


    何よりもまず、本作最大の功労者Omar Syのファンにならずにはいられない。あの屈託のない笑顔は、何なんだろう。有名なダンスシーンは、心の底から安心して笑える。
    それに、相棒フランソワクリュゼも佐藤浩市風で、良い味。
    久しぶりに思い出しがてら、the Intouchables(仏)買ってフラ語の勉強しようかな。

  • #fb ずーっと見よう、見よう、と思っていながら後回しになっていたのをようやく。邦題の「最強のふたり」は良くつけたと思う。Intouchableをそのまま和訳してもたぶん伝わらない、だろうから。
    実話を元にしたお話というのは、なんとなく予備知識があったけど、「ドリスがマグレブ系じゃなかったから、エンターテイメントとして成立しやすい、実際はそんな話だったんだろうな」と思っていた。ところが、ラストシーンでモデルとなった人々が登場したときに、現実からはある意味随分大胆にキャラクター設定を変えていたことを知った。ああ、やっぱり実話に近づけすぎると、かなりセンシティブなのかな、あるいは、国際的映画市場では難解になりすぎるのかな、などと色々考えた次第。
    実話についてのドキュメンタリーもあるそうなので、今度はそちらも見てみる。

  • 久しぶりに。2回目。
    共通点が関係性を作るのではなく、
    思いやり共感が関係性を作るのだと思った

  • とっても感動する。
    面白い。

  • 意外、これ英映画だったんだ

    こんな話だろーな…と少々予想して観たんだけれど、
    しょっぱなから何だかハラハラ・何?大丈夫??なにこれ?

    と思って観てた
    粗暴だなー、あからさまだなー、とか不躾でぞんざいな態度に
    ハラハラするところが多かったけれど、まあ良かった

    そんな彼だからころ務まったんだね、ひろい意味で
    受け入れられて、裏も表も無くて、そんな彼らだから
    合ったんだね、いいことだ

    家族内の関係とか、環境の改善だと根本的なところは解決
    していかないし問題は無くならないと思うけれど、
    こうやって自分の道とか【他の誰か、何か】の影響で
    いい方向に変わっていくことってほんとにすばらしいね

  • 素敵な作品。
    見てよかった。
    エンドロールになんとも胸が詰まった。

    実話と知らず見たので、嬉しい驚き。
    こんな友情って!

  • 面白かった。二人は立場や境遇がまったくすれ違わないところにあった者同士だったからこそ素直なコミニュケーションができる仲だったのだなと。二人が同じように理解を示すもの(というと大仰だ)に芸術があって、すばらしい音楽や絵画というのは万人に通じるものなのだなーとふと思わされたのもフランスの作品らしかった。後味がめちゃめちゃよくて、見た後純粋に元気をもらえて暖かい気持ちになれる作品。

  • 奇跡体験アンビリバボーで実在の二人を知ってから、気になっていた映画。
    障害を持つ大金持ちと貧しい青年との友情物語。
    映画もテンポが良く、二人のじゃれ合いが面白かった。

  • 淡々と、でもたまににやっとしながら観れた。

  • HUMICでの請求記号「DVD15/0047/著作権済/(113分)」

  • ふたりの笑顔が素敵すぎる!
    人種も身分も出身地も育った環境も関係なく友情が育まれていく様が感動的。

  • お互いに良い影響を与え会える関係っていいな〜。ドリスが最後まで優しい。

  • ラストシーンが堪らなく好きですね、新しい彼女との対面に成功させた後役割りを終えたのごとく去る感じが好きです。

  • 実話。新しい環境に身を置くのも一興。
    主人公の介護担当に黒人が来ることで、介護生活にハリが出た。破天荒だがおもろいやつや!的な。文通相手にも会えたし。よかったね。
    黒人は会社経営者になったらしい。ウィンウィンの関係だね。
    アドラー心理学を学んで私はこんなに変わりました。みたいな内容。
    良作でした。

  • ふたりの身分の違いややりとりとか面白かったけど、あまりグッとくるようなシーンはなかった。

  • 請求記号:13D069(館内視聴のみ)

全36件中 1 - 25件を表示

最強のふたり スペシャル・プライス [DVD]に関連する談話室の質問

外部サイトの商品情報・レビュー

最強のふたり スペシャル・プライス [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

最強のふたり スペシャル・プライス [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする