K2 初登頂の真実 [DVD]

  • 15人登録
  • 2.82評価
    • (0)
    • (1)
    • (7)
    • (3)
    • (0)
  • 4レビュー
監督 : ロバート・ドーンヘルム 
出演 : マルコ・ボッチ  マッシモ・ポッジョ  ミケーレ・アルハイク 
  • オデッサ・エンタテインメント (2015年7月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4571431211625

K2 初登頂の真実 [DVD]の感想・レビュー・書評

  • [鑑賞方法:WOWOWシネマにて]

    ■感想
    『セブン・イヤーズ・イン・チベット』のハインリッヒ・ハラーの著書「白い蜘蛛」の初版本を持っているほどの父の影響で、山岳映画は大好きである。勿論、実話ならではに限るが。

    今回はハラーではなく、イタリアのクライマー、ワルテル・ボナッティに対する非合理。

    初登頂当時はどんな風に世界が騒いだか想像もつかないが、後にこの真実が証明され、ある意味、アキッレの記録は登山家としても恥ずかしいものとなったと思う。

    どの山でもあの当時の初登頂を狙う者にとっては、誰もが欲しい名誉と記録なのかもしれないが、誰が登ろうと山は山であり、一人では登れなかったのだから、欲に駆られるべきではなかった。アタック隊員のアキッレ・コンパニョーニが毅然とした態度であったなら、今になって不名誉な記録にはならなかったと思うし、映画で観る限り、ボナッティも体力が有り余っているとはいえ、無謀な行動を取る男にはみえないと思う。

    とは言っても、どう考えもアキッレのとった行動は窮地に追い詰めらた状況で判断が鈍ったとしても、人間的に酷いもの。

    この事実がラチェデッリの著書によって証明されるまで登頂から50年かかったと思うと、ボナッティの心境は計り知れない。

  • 導入部分は良い感じのように思ったが、いかんせん山のシーンがリアリティに欠けすぎて、入り込めなかったなぁ。
    本当はもっとドロドロとしているのが真実のような気がするが、リアリティの無い山のシーンのせいで、物語も嘘くさくなってしまったのは残念。

  • あんまり集中して観れなかった

    ストーリー
    「非情の山」として畏怖の念を持たれエベレストにも増して登頂が困難な、世界第二の高峰―。1954年、イタリアでは野心家のデジオ教授が密かに最強のアルピニスト・チームを集めていた。厳しいトレーニングで中には肉体的、精神的な限界にぶつかる者もいた。だが、皆前へ進みたい。登頂したいのだ。強靭な精神力と足腰を持つ青年ボナッティはその代表格だ。最終的には12人が選ばれる。男たちが地球を半周し命知らずの登攀を始めると、それぞれの個性がぶつかり合い、結束したチームに嫉妬と不信が見え隠れし始める・・・。果たしてK2初登頂は成功するのだろうか。

  • そんな、あっと言わせるような真実じゃなかった。

全4件中 1 - 4件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

K2 初登頂の真実 [DVD]はこんな映画です

ツイートする