猫とともに去りぬ (光文社古典新訳文庫) [Kindle]

  • 11人登録
  • 4.17評価
    • (2)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : ロダーリ
制作 : 関口 英子 
  • 光文社 (2006年9月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (156ページ)

猫とともに去りぬ (光文社古典新訳文庫)の感想・レビュー・書評

  • 著者のジャンニ ・ロダ ーリ (1920 ~80年 )は 、イタリアを代表する児童文学作家。本書はユーモア短篇集。我々日本人はイタリア人が描くアイロニーは難解。それでも本書は楽しめる。とにかく、設定がユニークなわりに、何の説明もなく話が進んでゆく。

    例えば、「ヴェネツィアを救えあるいは魚になるのがいちばんだ」では、水没するかもしれないヴェネツィアを救うため、保険の仲介屋一家が何の根拠もなく魚になってしまう。他の作品もこんな調子だが、作品全てが絵画的であり、読んでいて気分が良い。
    16篇からなる短篇集だが、一番好きなのは、本の題名にもなった「猫とともに去りぬ」。クマ座やイヌ座があるのに、なぜネコ座がないのか?イタリア全土の猫たちが、デモを行うというお話。
    因みにロダーリの父親は、ロダーリが9才の時に、雨の中、子猫を助けようとしてかかった肺炎で亡くなったとのこと。そのせいか、猫の描写がとてもいい。

    10分ほどで1篇が読める。就寝前の読書に最適。お勧めの星4つ。

  • 「不条理」という言葉で頭が一杯になった本文の読後の解説にびっくり。これで作品全体の印象が一変してしまった。解説を読む前にここにメモを付けておけば良かった。

全2件中 1 - 2件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

猫とともに去りぬ (光文社古典新訳文庫)を本棚に登録しているひと

猫とともに去りぬ (光文社古典新訳文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

猫とともに去りぬ (光文社古典新訳文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

猫とともに去りぬ (光文社古典新訳文庫)はこんな電子書籍です

猫とともに去りぬ (光文社古典新訳文庫)の文庫

ツイートする