ミルカ [DVD]

  • 29人登録
  • 4.08評価
    • (4)
    • (6)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
監督 : ラケーシュ・オームプラカーシュ・メーラ 
出演 : ファルハーン・アクタル  ソナム・カプール  ディヴィヤ・ダッタ  アート・マリク 
  • 東宝 (2015年7月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988104097200

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ミルカ [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 1960年のローマオリンピックの陸上競技400メートルの決勝。
    メダルの期待がかかるインド代表のミルカ・シンはゴール直前でなぜか後ろを振り返るという失態を演じる。そして結局4位という成績で終わり国民を落胆させてしまいます。
    その後、パキスタンの友好親善陸上大会が計画されミルカはインド側団長に選らばれるが彼は頑なに固辞します。
    そこで担当大臣がミルカを説得に向かいます。
    インドの国民的英雄として知られる実在の陸上選手ミルカ・シンの歴史に翻弄された数奇な人生を描いた感動の伝記ドラマです。
    天才インド人ランナーにとても感動しました。
    153分という長い時間を感じさせない見応えのある映画でした。

  • ミルカはパキスタン国境近くのインドに住んでおり、1947年の分離独立戦争で自分の村をパキスタンに奪われてしまう。

    ローマオリンピックでのレース中、コーチからの「走れ」という声と、父がパキスタン軍に殺される前にミルカに叫んだ「走れ」という声の残像が重なり、後ろを振り返る。

    印パ親善試合の団長に選ばれたミルカだが、パキスタンに対する嫌悪感は誰よりも強い。皮肉な状況に。

    難民や印パ問題など重いテーマを扱っているが、重さを感じさせない。

  • 1960年ローマ・オリンピックの400m走で期待されたインドのミルカ・シンは競技中に後ろを振り返りメダルを逃してしまう。
    パキスタンでの大会への出場を拒否したミルカを説得しに首相秘書たちが向かうが、ミルカのコーチは彼の子供自体の事を話し始めるのだった。

    マサラ上映の影響で美女が出てきた時にクラッカーを鳴らしたい衝動にかられて困ります。
    インド映画はこういった実在の人物の半生描くものもあるんですねー!
    知るほどにバラエティに富んでいるなぁ。

  • ストーリー
    1960年ローマオリンピック。400メートル走決勝、世界記録を出していたインド代表ミルカ・シンは金メダルを期待されていた。
    しかし、彼はゴール手前で後ろを振り返った・・・結果4位に転落、「インドスポーツ界最大の悲劇」と国中を落胆させ、バッシングを受けることになる。
    後日、インドとパキスタンとの間で親善陸上大会が計画され、ミルカはインド団長に指名されたが、彼はそれを頑なに断った。
    説得せよという首相の命令を受け、担当大臣と長年ミルカを支えたコーチは彼の住むチャンディガルへ向かう。
    チャンディガルへ向かう汽車の中で、コーチはミルカがパキスタンへ行きたがらない理由を話しはじめる。
    1947年イギリスからの独立後、インドとパキスタンとの国土分断の混乱の中、幼いミルカが家族と暮らすシク教徒の村に悲劇が襲う。
    祖国の分断、家族の虐殺、難民生活・・・ミルカが背負った想像を絶する苦悩とは。
    ミルカが決勝ゴール直前で後ろを振り返った理由が徐々に解き明かされていく。

  • インドで、観ました。

    パキスタンとインドがなぜ冷戦をしているのか、この映画を観て初めて知りました。

  • 2:33

全6件中 1 - 6件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ミルカ [DVD]はこんな映画です

ツイートする