僕が18年勤めた会社を辞めた時、後悔した12のこと [Kindle]

  • 22人登録
  • 4.00評価
    • (4)
    • (5)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 和田一郎
  • バジリコ (2015年2月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (124ページ)

僕が18年勤めた会社を辞めた時、後悔した12のことの感想・レビュー・書評

  • 共感できる部分があまりに多く、既に何度繰り返し読んだかわからない。サラリーマン人生のバイブル的一冊。

  • ●使いにくいできる人、使いやすいできる人、使いにくい出来ない人、使いやすいできる人
    ●再読不要

  • 冒頭、会社の飲み会に行くくらいなら、家で本を読んでいたい…といったあたりのくだりで、引き込まれ、次第にこれって俺のことを書いているんじゃないかと、読んでるうちに胸が苦しくなってきた。
    もちろん、読み進めていくとこじつけなのでは?という箇所や著者と私の違い(家庭を犠牲にして仕事をこなす、クリエイティブな点では社内でも評価を得ている等々)はあるものの、心の隅で密かに抱えている「自分では仕事に真面目に向き合っていてそれなりの結果を出しているのに、周りからは評価されていない」という想いを抉りだし、これでもかと突きつけられたような気がする。
    まだ30代前半だが、逆にいうと今のうちにこそ、軽視しがちな会社とのつきあい方について、考えるべきかもしれない。

  • 中年の哀愁漂う自分語り、読んでいていたたまれない気持ちになるが、ここまで赤裸々なストーリーでかつ読み手にここまでのエールを送り届けられている本を私はあまり読んだことがない。
    これを読む人は恐らく、“なんてしがないタイトルなんだ、俺はこんなことにはならない(なりたくない)”と思っているに違いないのだが、読めば少なからず思い当たることがこの12のことに含まれる人は大勢いるだろうと思う。

    私個人的には、認めたくないくらいこの方の考え方と共通する部分があり、読み終えた今は戦々恐々の思いである笑。

    どこか斜に構えて、出世を口にすることをなんとなくカッコ悪いと思ってしまったり、会社に染まりたくないと思っていたり、上司をあまり尊敬しなかったり、社内の人間関係を煩わしく思ってしまったり、自分はデキていると思いあがってしまったり、時に上を突き上げるような言動をしてしまったり、体型建てての勉強ではなく色々な本を雑食的に読み漁って勉強した気になり、ゴルフを避けワインには興味を示さなかったり…
    こういうのは全部ダメよと書いてある。
    私は齢31にしてこの本に出会えて良かった。

    ◆読書メモ
    ・ユニークでありたいということと、皆に人気があるものに背を向けること、そのロスとゲインのバランスは冷静に考えてみるべき
    ・人は往々にして自分の成功体験にしがみつき、それに信念というラベルを貼る
    ・会社人生というゲームは長距離走、健康で長く戦い続けられる体力が必要

  • この年だと受け入れやすい。だがもっと若いときに読んでいたら素直に読めただろうか。

  • 会社という組織にいるという事がどういう事かを改めて考えさせられる書籍。最後の言葉に感動した。

全6件中 1 - 6件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

僕が18年勤めた会社を辞めた時、後悔した12のことはこんな電子書籍です

僕が18年勤めた会社を辞めた時、後悔した12のことの単行本

ツイートする