ビッグ・アイズ [DVD]

  • 230人登録
  • 3.33評価
    • (5)
    • (34)
    • (50)
    • (9)
    • (1)
  • 33レビュー
監督 : ティム・バートン 
出演 : エイミー・アダムス  クリストフ・ヴァルツ  ダニー・ヒューストン  ジェイソン・シュワルツマン  テレンス・スタンプ 
制作 : ダニー・エルフマン  スコット・アレクサンダー  ラリー・カラゼウスキー 
  • ギャガ (2015年8月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4589921401166

ビッグ・アイズ [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 思っていたストーリーではありませんでしたが、最後まで楽しめました。佐村河内事件を連想しますね。おそらく彼の営業力や宣伝力がなければ、あの絵は売れてなかっただろうし、彼には彼の言い分があるのかなとも思いました。

  • 最後まで見て、うーん…なんでそこでそれがきた…と思ってたら実話らしく納得。
    はじめに戻ったら思いっきり実話と書いてあった(笑)

    時代のあれそれがよくわからないから沢山イライラしたなー。
    現代的感覚で見ていると、ひとりでやっていく覚悟を決めて仕事も高給取りでないにしてもどうにか見つけたのに結局すぐに男と再婚して、子供を我慢しているとか言われ、友人の忠告も無視してもどこまでもついていく感覚が気持ち悪かった。
    結婚する前の夜っぽいデートは子供どこにおいてきたんだろう。
    子供のためと言いながら愛されたい自分、アーティストでいる自分を優先したんでしょ?って…この旦那のあとにも再婚してるし、子供立派だなぁって。

    きっかけが突然の宗教というのが実話っぽくていいな。

  • BIG EYES
    2014年 アメリカ 106分
    監督:ティム・バートン
    出演:エイミー・アダムス/クリストフ・ヴァルツ
    http://bigeyes.gaga.ne.jp/

    1960年代、大きな目の子供をモチーフにした絵でブームになった画家ウォルター・キーン。しかし実際にその絵を描いていたのは彼の妻マーガレットだった、という実話を元にしたストーリー。

    とにかくこの夫が酷い。モラハラとかってレベルじゃないくらい支配的で、ペラペラと息をするように嘘をつき、その虚言がすべてわかりやすい見栄、虚栄心から出ているのが明白だから不快極まりない。序盤から胡散臭さ全開で、そんな男に引っかかっちゃダメ!信じちゃダメ!言いなりになっちゃダメ!と観客は終始、主人公マーガレットが心配でハラハラ、ウォルターの自己中心さにイライラ、正直かなりストレスが溜まりました。

    内向的で非社交的なマーガレットは、だからこそ作品を通じて自己表現をしていたのだろうし、不器用な彼女の作品がいくら素晴らしくても、売り込むウォルターの手腕がなければ生前の成功は簡単ではなかっただろうとは思う。とはいえ、ウォルターのやり口は本当に許しがたい。妻の才能を利用して金儲けをしただけならギリギリ許せたかもしれないけれど、それならばマネージャー的な立場に徹するという方法もあったはず。一番許せないのはやはり、彼がそれを自分の作品だと偽ったこと。「金づる」として搾取されること以上に、その「なりすまし」こそが最大の侮辱であり犯罪だった。だからこそマーガレットは裁判に持ち込んでついに夫を訴えることを選ぶ。

    最終的に裁判官は二人に同時に絵を描かせ、マーガレットこそが本物のビッグアイズの作者であることが認められるのだけれど、正直、前半のイライラに比べるとカタルシスの比重が小さく、勝訴はしたものの、え、これで終わり?というあっけなさ。もっとウォルターをコテンパンにやっつけてやらないと観客としてはおさまりがつかない(苦笑)そういう意味では、映画としての出来云々ではなく、見終わったあとの爽快さや痛快さが十分ではなく、ちょっと物足りなかったかな。いくら実話とはいえ、そこはもうちょっと映画としてドラマチックに盛り上げてくれても良かった気がする。

    とにかくウォルターという男の不快さのインパクトばかりが強すぎる(苦笑)画家になりたかった、でも才能がなくて認められなかった、その鬱屈だけが彼に嘘を重ねさせるのだけれど、まったく同情する気になれないし、正直、ちょっと調べればすぐバレる嘘なのに(パリに住んでたとか)なぜマスコミが彼の嘘を丸のみしてるのかも理解しがたい。ウォルターの風景画(そもそもこれも偽作)を全く評価していなかったギャラリーの店主や、他にもたくさん、ビッグアイズの作者がウォルターではなくマーガレットだと気づいていそうな人は沢山いたのに。だいたい、あんなにあちこちのパーティやマスコミに出入りしてぺらぺら喋りまくっている男が、いったいいつ絵を描いているのか、誰も疑問に思わなかったのかしら。偏見かもしれないけど、あんなに口の達者な芸術家っている?(苦笑)まあ実話だから、そうなんでしょうけど。裁判官ならずとも、そんなもの目の前で絵を描かせたら1発でバレるのに、と観客にはわかるから余計にイライラする。マーガレットを「バラしたら殺す」と脅したときも、じゃあ誰が絵を描くんだよ、とツッコミたかったし。ついにマーガレットが夫を訴えようと思うきっかけが宗教にはまったこと(エ○バの証人・・・)というのも、実話なのだろうけど映画としては弱い。

    総じて、いくら元ネタが実話とはいえ、映画として面白いかどうかというとちょっと微妙だったかな・・・。ただ、キャストは皆良かったです。これだけウォルターという男に腹が立つのも、ある意味クリストフ・ヴァルツが上手すぎたからだし(笑)

  • 芸術の才能はあるけどなんだか頼りなげな奥さん。見境ないけど口が達者、売り込みや商売の才だけある旦那。どっちもどっちじゃないだろうか。女性が正当に評価を得づらい時代のせいもあったのかな?ただ皮肉にも、この男がいなければ、ここまでこの絵、シリーズは注目を浴びることもなかっただろう。これが実話って面白い。

  • 目の大きな女の子を描くマーガレットの作品を、ペテン師ウォルターが自分の作品だと偽って売り出した。
    実話を元にして作られたようだけど、男に騙されやすい(他人を信じやすい)従順過ぎるマーガレットにも問題があるように感じてしまった。

  • 映像が素敵。
    マーガレットは素直で弱い。
    宗教にも詐欺師にも従う。
    しかしウォルターがいなければ無名のままだったのかもしれないし、生み出せなかった作品もあるだろう。
    これが実話というから面白いよなぁ。

  • 贋作についての話って好きなんだけど、それは周りの振り回される人々(特に美術評論家とか)の姿が滑稽だという下世話な理由から。この映画はその描写が控えめで物足りない。あと、娘の視点ももう少し欲しい。実話ベースだと『エド・ウッド』は主人公が面白いのでそれだけでも惹きつけられたのと、一部ティム・バートンらしいファンタジーな映像があったので楽しめたけれど、これは主人公マーガレットに魅力を感じないのでイマイチ。
    いっそウォルターを主人公にした、ペテン師の映画にしてあったらなあ。

    マーガレットの絵は人形のブライスや「パワーパフガールズ」に影響を与えたそうだ。なるほど、ブライスなんかわりとそのままのデザインだ。

  • なんで言いなりになるのよーと、ちょっとイライラするお話でした。

  • 絵を描くってかなり個人的なこと。理解者がいることは、続けて描く上で必要だ。
    ふたりの関係性も、途中まではふたりだけの秘密で幸せだった時があったのではないだろうか。
    男性社会の被害者として描かれていないチャーミングさが素敵でした。

  • 被支配?
    依存しやすい?
    自分がそうならないよう、そうさせないようありたい
    引き返せなくなる嘘も恐い。

    コミカルな雰囲気が重くならず、生活の先に続く話として見れる。

全33件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

外部サイトの商品情報・レビュー

ビッグ・アイズ [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

ビッグ・アイズ [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする