アメリカン・スナイパー ブルーレイ&DVDセット (初回限定生産/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]

  • 574人登録
  • 3.72評価
    • (52)
    • (122)
    • (100)
    • (8)
    • (5)
  • 99レビュー
監督 : クリント・イーストウッド 
出演 : ブラッドリー・クーパー  シエナ・ミラー  ルーク・グライムス  ジェイク・マクドーマン  ケビン・ラーチ 
  • ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント (2015年7月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4548967192674

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

アメリカン・スナイパー ブルーレイ&DVDセット (初回限定生産/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 同時多発テロにショックを受け祖国を守るために貢献したいという思いを強く持ちネイビーシールズでの苛酷な訓練に励むクリス・カイル。
    その後イラクに出征した彼は驚異的な狙撃の精度で味方の窮地を救っていきます。
    そして無事に帰国しようやく愛する妻のタヤと生まれたばかりの長男とともに平穏な日常を送るかと思われていたクリス。
    しかし妻の反対を押しきってまた戦場に向かうクリスだったのです。
    米海軍のエリート部隊ネイビーシールズの狙撃兵としてイラク戦場で活躍した伝説の狙撃兵クリス・カイルの回顧録をクリント・イーストウッド監督が映画化した戦争アクション作品です。
    166人以上の敵を射殺した英雄の知られざる葛藤と苦悩をブラッドリー・クーパーが見事に演じていました。
    役作りのために18㎏体重を増やしたブラッドリーがイケメンでなかったのが残念でした。
    個人的には『フューリー』の方が面白いと思いました。

  • 主人公の奥さんの「体は戻ってきているのに心はまだ戻ってきていない」というリアルな言葉が切なくて戦争の壮絶さを感じました。

  • レビューの中に、アメリカンヒーローを讃える映画だとの評価が散見されるけど、自分はそうは思わなかった。というより、まったく逆の印象を持った。つまり、分かりやすくヒーローを描くことで、ヒーローの矛盾さや虚しさみたいなのを、これでもかというぐらい描いているような気がしたから。もちろんそれは、イーストウッド監督がそんな単純な映画を作るはずはないという前提が強いのかもしれないけれど。

    誰かのヒーローは誰かにとっての悪魔。

    そして、大事なものを本質的に守るためには、大事なものを捨てなければいけないのか。

    そういう葛藤をこの映画から感じて、何とも言えないやり切れなさを感じた。

    そして、何よりエンドロール!
    本当にヒーローを描くなら、間違いなくあの壮大な葬儀を音楽と共にエンドロールに使うはず。あえて、それを手前に置き、ああいう形のエンドロールにしたことこそ、アンチヒーローの映画であることの象徴ではないかと思うのは、自分の考え過ぎだろうか…

  • クリントイーストウッド監督作品。優秀なスナイパーになるまでの緊張感のあるシーンと戦争後遺症に苦しむシーンがどちらも痛く突き刺さります。題材的にも実話に基づくっていう時点でもハッピーエンドにはなりえないけど、どこかで救いがないのかと思いながら見ていました。重かった。。。

  • 実在するスナイパー クリスカイルの自伝を元にしたクリントイーストウッド監督の作品。フルメタルジャケットを彷彿させるような軍の様子を挟みつつテンポの良い展開の中で主題が語られていきます。銃撃戦シーンもまた印象的です。冒頭の父親からのセリフにご注目ください。

  • 名匠クリント・イーストウッドが、米軍史上最強とうたわれた狙撃手クリス・カイルのベストセラー自伝を映画化。

    “米海軍特殊部隊ネイビー・シールズの隊員クリス・カイルは、イラク戦争の際、その狙撃の腕前で多くの仲間を救い、「レジェンド」の異名をとる。しかし、同時にその存在は敵にも広く知られることとなり、クリスの首には懸賞金がかけられ、命を狙われる。数多くの敵兵の命を奪いながらも、遠く離れたアメリカにいる妻子に対して、良き夫であり良き父でありたいと願うクリスは、そのジレンマに苦しみながら、2003年から09年の間に4度にわたるイラク遠征を経験。過酷な戦場を生き延び妻子のもとへ帰還した後も、ぬぐえない心の傷に苦しむことになる・・”

    久しぶりに2時間夢中で観て、観終わった後にすぐwikiなども漁り、特典映像のメイキングやインタビューも全て観てしまうほど面白かった。ストーリーは実話で自伝を元にしているので非常に淡々としているが、映画企画中に実際に起きてしまったことを映画の結末にしており、これが本当に衝撃だった。なるべく前情報無しで観たほうが吉。軍事描写も非常にリアル。特にクリス・カイルが天才スナイパーという事もあり、被弾描写は生々しく、むごい。敵を葬るたびに心を病んでいく彼の様子と合わさって非常に辛かった。

    主演のブラッドリー・クーパーの役作りも素晴らしく、最後に見れるクリス本人と瓜二つだったのも鳥肌だった。過去ではなく、比較的最近までこういった人が居た事を忘れてはいけないと思わせてくれると同時に、現代における戦争と平和について強く考えさせられる作品だった。そのうちBDで買いたい。

  • 監督 クリント・イーストウッド
    クリス・カイル - ブラッドリー・クーパー
    タヤ・カイル- シエナ・ミラー

    伝記映画と謳っていますが、4度に渡り、戦ったムスタファという敵のスナイパーは存在しません。フィックションです。また通常のスナイパーは1500が限界と言われてますが、実際にクリスは1900でも撃てたそうです。中途半端なところが忠実です。

    キャッチコピーが「米軍史上最多、160人を射殺した、ひとりの優しい父親」です。本編を見ると家族を愛する男!という感じが見てとれます。実際、クリスは娘の病気で帰国した事あるそうです。

    戦争映画の緊迫感、PTSD、家族愛が見て取れますがもう少し、ビグルスやマークなどの仲間との絡むシーンが欲しかったです。

    細かい描写でPTSDに苦しむところ、最後のルークとの射撃練習に行くシーンで、クリスの最期を映すのではなく、見てる人に連想させるところがいいですね。

    原作と映画は別物で楽しんでください。

  • クリント・イーストウッド外れなし。
    ブラッドリー・クーパー好きなのだが、ハングオーバーの時こそ至高。

  • あかんあかんあかんあかん心土砂降りになる。

  • 2016/07/09
    悲しい映画。
    戦争と日常のあまりの温度差とか、人の命の重さ、儚さ。
    なんかいたたまれない。
    戦争は人の心までも変えてしまうんだね。

    ブラッドリー・クーパーはこの映画のために体重だいぶ増やしたのかな。
    エンドロールも印象的。

全99件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

アメリカン・スナイパー ブルーレイ&DVDセット (初回限定生産/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]を本棚に「観たい」で登録しているひと

アメリカン・スナイパー ブルーレイ&DVDセット (初回限定生産/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

アメリカン・スナイパー ブルーレイ&DVDセット (初回限定生産/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

アメリカン・スナイパー ブルーレイ&DVDセット (初回限定生産/2枚組/デジタルコピー付) [Blu-ray]はこんな映画です

ツイートする