ブルックリンの恋人たち [Blu-ray]

  • 19人登録
  • 3.38評価
    • (1)
    • (2)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
監督 : ケイト・バーカー=フロイランド 
出演 : アン・ハサウェイ  ジョニー・フリン  メアリー・スティーンバージェン  ベン・ローゼンフィールド 
  • Happinet(SB)(D) (2015年8月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4907953064164

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ブルックリンの恋人たち [Blu-ray]の感想・レビュー・書評

  • モロッコで人類学博士号所得を目指して研究を続けていたフラニーのところに疎遠だった弟ヘンリーが交通事故で昏睡状態にあるという知らせが届きます。
    急いでニューヨークへと帰郷した彼女はヘンリーの部屋で憧れのミュージシャンのライブチケットを見つけます。そして弟の代わりにライブへ足を運ぶことにします。
    弟の事故をきっかけにニューヨークの街で彼の足跡を辿り始めたヒロインが弟の大好きなミュージシャンの青年と偶然に出会い音楽を通して恋に落ちていきます。ブルックリンを舞台に偶然出会った男女の7日間を描いた作品です。
    アン・ハサウェイが製作と主演の切ないラブストーリーです。
    ジョニー・フリンとアン・ハサウェイが可愛くお似合いのカップルだと思いながら鑑賞した映画です。

  • ブルックリンの夜のネオンや、街の海沿いの堤防とカモメの声、明け方開くカフェのパンケーキの香りや町中に響く音楽たち。
    都会なのにちょっと無骨でクリエイティブさの漂う人々が集うブルックリンの雰囲気を集めたような作品。

    ストーリートミュージシャンだった弟が事故で昏睡状態になり、海外から戻ってきた主人公が、喧嘩したままだった弟への贖罪からの彼の軌跡を辿るうちにふと恋に落ちる。
    弟が尊敬していたジェームスもミュージシャンながらなかなかボヤけた感じの人でその、大人しそうで、色気もなくてあまり印象に残らないアクのなさが、この手のストーリーには珍しい。
    主人公アン ハサウェイと彼の恋愛はアンニュイすぎて、正直私には素敵なのかわからないけど、弟の為に彼の生きてきた時の香りや音をかき集めるという描写はなんだか好きだ。

    物語全体に沢山の歌が散りばめられていて、皆それぞれの感情を詩に委ねるのはおしゃれなのかもしれないけれど、その行間を読んでお互いのことをわかったようなふりするのはなんだかなー
    これがブルックリン式の恋なのだといわれれば私にはブルックリンという街がハードルが高すぎるというのだけはとにかく理解した。

    アン ハサウェイがボーイッシュなベリーショートで知的な美しさが際立っていたし、彼女のちょっとダークで抑えめな演技をあまり他の作品で見た事が無かったので、また新しい彼女の魅力を発見できた作品だった。

  • あぁ、とにかくお姉ちゃんがかわいすぎる…。

    ブルックリンの地下鉄で歌っていたヘンリーが、
    タクシーにはねられて昏睡状態になってしまう。
    ドクターをとる学術調査のためにモロッコにいた姉フラニーにも連絡がきて、慌てて帰国する。
    お父さんを亡くして3人で暮らしていたフラニーだったけど、ヘンリーが大学を辞めて歌って生きていくというので、本気の姉弟喧嘩をしてしまう。
    謝らずに半年もたってこんなことになってしまい、フラニーは自分を責める。
    ヘンリーの日記を読んで、弟の好きだったアーティストやライブハウスやお店を訪ね歩き、
    ジェームスフォスターというインディーズでは有名なシンガーソングライターに出会う。

    ジェームスと出会って、音楽の力を感じていくお姉ちゃんがまじ素敵。
    ちょいちょいアップになる表情がたまらなくセクシー!声も伏し目がちな瞳もかわいい…。
    そりゃあジェームスじゃなくても惹かれますよ。
    ラストは、え…て感じだけど、しょうがないのかなぁー。うーん。

  • 音楽も雰囲気も良くて、気持よく観ていられるけど、なんだか薄味で、あっけない。もう少し饒舌でも良かったかな。

全4件中 1 - 4件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ブルックリンの恋人たち [Blu-ray]はこんな映画です

ツイートする