ミュータント・タートルズ ブルーレイ+DVDセット(2枚組) [Blu-ray]

  • 214人登録
  • 3.10評価
    • (7)
    • (22)
    • (49)
    • (20)
    • (3)
  • 39レビュー
監督 : ジョナサン・リーベスマン 
出演 : ミーガン・フォックス  ウィル・アーネット  ウィリアム・フィクトナー  ウーピー・ゴールドバーグ 
  • パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン (2015年6月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988113832922

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ミュータント・タートルズ ブルーレイ+DVDセット(2枚組) [Blu-ray]の感想・レビュー・書評

  • アクションシーンがすごくかっこいい。雪山でのカーチェイスは手に汗握る。四兄弟のかけあいもキャラと個性を損なわずに上手く話が展開していって面白かった。エレベーターのシーンはナイス

  • csの放送で。

    細けえ事は良いんだよ!なヒーローアクション。
    亀達かわいい。

  • 吹き替えで見たけど、吹き替えがヒドイ。子供向けに作ってるからか。最後の20分くらい字幕にしたけど、最初から字幕にすればよかったと後悔。だけどももう一度見直す気は起きない…。

  • 面白かった!!!亀の甲羅活かして雪山すべりながらのアクション観るだけでも価値ある!タートルズとネズミ師匠良かった…皆ずっとベラベラ喋ってて楽しい~タートルズ可愛いな~~

  • うーん、付き合うならドナかな♡

  • もはやどこが実写でどこがCGなのかわからない。リアルな映像とスピード感はさすがマイケル・ベイ。ただ、これ、まんま「トランスフォーマー」なんだよなぁ(ミーガン・フォックス出てるし)。同じ映像だったら、トランスフォーマーのメカのほうがカメよりカッコいいよ。

    ストーリーもいまひとつかなぁ。カメの出自はよくわかりましたが、なぜ彼らが正義のために体をはるのかがいまひとつわからず。

  • スプリンター先生が普通に汚くてドブネズミ感がすごいのめっちゃウケる。

  • 2014年 マイケル・ベイ
    タートルズ好きにはちゃんと楽しめる最新タートルズ!
    ごりごりCG映像だけれど 流石マイケル・ベイ監督というのだろうか、現実には無いものを生き生きと描くのが上手い気がして素直にタートルズ達を現実のものとして受け入れられた
    ただシュレッダーのジャキーン!って効果音がトランスフォーマーに似てるなと思ったけれど(笑)
    昔タートルズを見た時は彼らがもう少し大人に見えたけれど、この映画では表情や動きのせいだろうか ちゃんとティーンエイジに見えた

    着ぐるみを着ながらカンフーアクションをする旧タートルズも好きだったけれど、ちゃんと体が大きくてマッチョ感漂うニュータートルズもかっこいい!2も楽しみ~

  • タートルズが妙にリアルで笑えたが、いくらティーンエイジャーでも、あそこまで「青さ」を特化させると、早々にお腹いっぱいになり、辟易してしまう。フット軍団のデキはいまいち。

    【ストーリー】
    犯罪組織フット軍団が日に日に勢力を拡大するニューヨーク。チャンネル6のTVレポーター、エイプリル(ミーガン・フォックス)は、スクープをモノにしようとフット軍団を追いかけていた港で衝撃の光景を目撃する。闇にまぎれて突然現れた何者かが、フット軍団を叩きのめしたのだ。だが決定的瞬間をカメラで捉えることができず、上司のトンプソン(ウーピー・ゴールドバーグ)にも信じてもらえない。そんな中、ニューヨーク市は犯罪対策として、サックス社との契約を更新。エイプリルの亡き父オニール博士は、社の代表であるサックス(ウィリアム・フィクトナー)とかつて同じ研究所で働いていたが、フット軍団に火を放たれて命を落としていた。ある夜、フット軍団が地下鉄の駅を襲撃。エイプリルが駆けつけるとまたしても正義の味方が現れる。ニンジャの技で軍団をブッ飛ばし、SWATの到着と共に退却する彼らを追いかけ撮影に成功したエイプリルは、フラッシュに気付いた彼らを間近で見て気絶してしまう。4人のヒーローの正体は、人間の言葉を話す身長180cmのカメだった。レオナルド、ラファエロ、ミケランジェロ、ドナテロという名のニンジャで、ミュータントでティーンエイジャーのタートルズ。意識を取り戻したエイプリルはその名を聞いて、亡き父との研究所での過去の記憶がぼんやりと蘇るのだった……。地下の隠れ家へ帰ったタートルズは、勝手な行動を取ったことを師匠のスプリンターに叱られ、エイプリルを捜せと命じられる。タートルズに呼び出されたエイプリルに、スプリンターの口から彼女の父の死の真相が語られようとしたその時、フット軍団が現れる。タートルズとフット軍団の宿命のバトルが幕を開けた。
    1990年、コミックを原作に映画化、アニメやゲームも世界中で大ブームを巻き起こした「ミュータント・タートルズ」を「トランスフォーマー」のマイケル・ベイ製作、「タイタンの逆襲」のジョナサン・リーベスマン監督のもと再映画化。カメでニンジャの4人が、超絶アクションを駆使して犯罪組織に立ち向かう。出演は「ジェニファーズ・ボディ」のミーガン・フォックス、「俺たちフィギュアスケーター」のウィル・アーネット、「ローン・レンジャー」のウィリアム・フィクトナー、「天使にラブ・ソングを…」のウーピー・ゴールドバーグ。

  • あぁ………うん…

    雪山滑走は爽快だった…かな

  • 2014年版の実写映画。

    マイケル・ベイ制作なんだね。
    エイプリルはミーガン・フォックス。

    タートルズはほとんどアニメは見てなかったし、
    最近の邦訳版コミックも買ってない薄さなので、
    今回、各キャラのビジュアルの差が大きくなった気がするのはありがたい。

    なんか、ちょっとティーンっぽさの年齢が上がったというか、
    いや、いいんじゃないかなーと思ったり。

    ただ今回、全体の設定の話が多くて、個々の性格や活躍はちょっと物足りなかったかな。
    いや、マイケル・ベイなんで派手なアクションは多いんだけど。

    シュレッダーさんやスプリンター先生は格好よくなってましたね!

    あと、エイプリルの仕事仲間(?)のおっさんもいい感じ。

    後半の勢いが前半でも感じられたらなー、というのが残念な点ですかね。
    (つかエイプリルに尺取り過ぎなんじゃいすかね…)

    それから、なんかウーピー・ゴールドバーグ出てたけど、
    なんか引退したんじゃなかったっけ???

  • 「うわバットマンの真似してる……」「バットマンの真似してねぇし」がベストオブ。まず美容外科患者のようなヒロインが気に喰わなく、亀たちの可愛さをもってしても苛立つ存在だった。野心があるくせに(あるからこそなのか)感情的な女性は、見ていて痛々しい。報道がやりたいならなァ!もっと上手くやれよ!「亀なんです…!ニンジャなんです…!」で納得させられると本気で思ってんだとすれば、それが馬鹿にしてるワイドショウに配属される理由なんだよ!!

  • とても面白かった!!!
    カメたちもエイプリルも可愛かった~
    ティーンエイジらしさがまた可愛いww

    スプリンター先生とシュレッダーの戦いめっちゃかっこよかった!
    スターウォーズのクワイガンジンVSダースモールみたいで、でも行く末を思い出して若干涙目だったけどw
    飽きることなくノンストップで楽しめました☆

    カワバンガー!!

  • 典型的なアメリカンアクションムービーで、頭をカラッポにしていても見ることができる作品。ただし、アクションにスタイリッシュさはなく、ちょっと泥臭く、男臭い感じがするので、女性からの支持はあまり得られないかも。

  • 作品として個性には欠けるけど、気楽に見れて面白かった。しかし最近のCGの綺麗さは大したもんだと思うのは、キャラクターがちゃんと感情を伝えるし、僕は詳しくないけど、カット割りや映像の幅もCGの影響で幅が広がってるのかもなぁ。

  • 29.10.04. ホテルにて鑑賞。オープニングはアメコミ感たっぷり。シュレッダーの強さの秘密はなんだったんだろう?
    亀とネズミのビジュアルは微妙ラインでした。とても不潔そうな環境に、あの女の人は入っていけないんじゃないか?
    ラストもナゼ助かったかよーわからん。オチはザアメリカって感じの懐かしさ。
    雪山描写は考えて実際に絵にする難しさを考えると見応えはありました。

  • 流し見・・・懐かしかったです。

  • ミュータントタートルズの大ファンですが、世界観を崩さず別の面白さも追加されており満足いく作品でした。
    スプリンター先生はリアルにするとちょっとやっぱり小汚いですね笑

  • この技術を持ってすれば、実写で描かないものなんてないのではないかと思うほど、タートルズと人間が同じ世界に溶け込んでいました。
    肉感のある生き物の軽快なアクションが、アニメを越えそうでした…。

    音楽が軽快で、ノリも楽しく、娯楽と呼ぶにふさわしい映画だったとおもいます。

  • ヒロインの女の人がザ・アメリカンな顔のガールでそこが気になったけど、面白かった!

  • アメリカっぽいヒーロー物。

  • 昔アニメ版が好きだったのでホントは映画館で見たかったんだけど行けなかったのでレンタル。

    やっぱり面白い。結構外見リアルになると怖かったけど喋りも動きも勢いあって見ているうちに段々慣れた。
    音楽がオケっぽかったんであれ?と思ったけど意外に良かったです。
    「Tequila」入ってなかったのはちょっと残念だったけど。私の中の印象コレなんで。

  • ハリウッドらしいドタバタヒーローモノです。最新技術でリアルな表情や出で立ちを獲得した亀は、筋骨隆々としてお茶目でマジメでカッコつけててオタクで…観ていて飽きさせない様にやたらとキャラクターをぶっこんでます。ヒーロー物はバジェットがちゃんとあるんで若い子向けの暇つぶし映画としては悪くないです。

  • ゲームボーイでやってた頃を思い出して、懐かしかった。

  • あのミュータントタートルズが最新CGを引っさげて実写(?)映画化!?

    小気味なやり取り。
    爽快な戦い。
    分かりやすい設定。

    これぞ、娯楽映画!…という印象。

    ただこれは、3Dで観たらきっともっと楽しいのだろうな〜と思うシーンがあちらこちらに見受けられた。

    …続編ありそうな予感。

全39件中 1 - 25件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ミュータント・タートルズ ブルーレイ+DVDセット(2枚組) [Blu-ray]を本棚に「観たい」で登録しているひと

ミュータント・タートルズ ブルーレイ+DVDセット(2枚組) [Blu-ray]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ミュータント・タートルズ ブルーレイ+DVDセット(2枚組) [Blu-ray]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする