知ろうとすること。(新潮文庫) [Kindle]

  • 34人登録
  • 3.88評価
    • (2)
    • (3)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
  • 新潮社 (2014年10月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (93ページ)

知ろうとすること。(新潮文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  東日本大震災とそれに続く福島第一原子力発電所の事故は、放射能汚染という恐怖を多くの人に抱かせた。残念ながら無責任に不安を煽る人々も多く、現場に近い地域に住む人達を混乱させたり、差別を生む原因にもなっていた。

     そんな中で、Twitter等のSNSを使って正確な情報を伝えようとする専門家の方々も現れ、ある意味で救いとなっていた。東大教授で原子物理学者の早野龍五氏もその一人だった。彼は結局ネット上で発言するだけではなく実体を伴う多くの活動に従事することとなった。本書ではその早野氏と、コピーライターやエッセイストなどの肩書を持つ糸井重里氏との対談という形を取って、当時を振り返っている。

     もともと両者の交流は主にTwitter上だったが、それは公開の場であり、誰でも彼らをフォローしてリアルタイムでその発言を読むことができた。私自身も少なからず読んでいたので、本書で触れられているエピソードのいくつかには「そう言えばそんなことあったな」と思い出しながら読み進めた。

     逆に言えば、本書を読んで初めて知る新事実といったものはあまりなかった。断続的、断片的に届くTwitter上の発言とその背景にあった出来事を整理して再構築したものを再確認したといった読後感だった。

  • 一気に読み切った。 理系的なものの見方、理系以外からのものの見方。 研究そのものもすごく大事なんだけど、やっぱりアウトリーチ的なものの重要性も感じた1冊。 早野さんのついて少し調べただけで賛否両両論があり、なにが正しくて何が間違っていて、何がわからないのかということを知るためには、受け身ではだめだということを改めて認識させられました。 情報が溢れかえる現代だからこそ、取捨選択をきちんとできる大人になっていきたい。

  • 気になっていた本。
    Kindle版になったので読了。
    あの震災、そしてあの事故からの混乱に乗じていまだに湧き続けるデマの数々。
    そういうのにはほとほと嫌気がさしていたが、知識のない僕にはなかなか本当かデマかを判断できなかったりする。
    この本のように専門家がわかりやすく、正しいデータをもとに伝えてくれるのはありがたいなと。
    放射能は怖くないわけではないけど、闇雲に怖いわけでもない。
    きちんとデータを集めて調査をすれば、今のこの地域では特に怖くはないんだよと理解することが出来る。
    知るということは大事だ。

全3件中 1 - 3件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

知ろうとすること。(新潮文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

知ろうとすること。(新潮文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

知ろうとすること。(新潮文庫)はこんな電子書籍です

知ろうとすること。(新潮文庫)の文庫

ツイートする