母の友 2015年6月号

  • 10人登録
  • 4.00評価
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : 100%ORANGE  塩川 いづみ  竜田 麻衣  伊野 孝行  北原 明日香  山内 彩子  堀川 真  しりあがり寿  クリハラタカシ  正一  岡田 千晶  佐々木 愛  棚橋 亜左子  検見崎 聡美  ダンノマリコ  工藤 直子  パトリック・ツァイ  キッチンミノル  松岡 一哲  浅田 政志  日置 武晴 
  • 福音館書店 (2015年5月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・雑誌
  • / ISBN・EAN: 4910075110657

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

母の友 2015年6月号の感想・レビュー・書評

  • 気持ちを伝え合っていますか?…幼稚園でブランコに乗りたい二人が「乗せて」「だめ」から「もう遊ばない」になってしまう。言葉のやり取りの足りなさ。そして、私たち大人はどうか。テレビやパソコンの時間が語り合う時間より長くはないか、自分を振り返るきっかけになる。

    お父さんという生き物…ゴリラの子育て。ゴリラの父はメスからの信頼と子からの信頼な揃わないと父にはなれない。母も父も産んだだけでは親にはなれない。親とは作られるもの。ゴリラに学ぶ。
    父親の役割で大切なこと。社会化の担い手。しつけ。なぜいけないのか、親がきちんと伝える。もう一つは妻のサポート。話し合いが必要。となりのトトロのお父さんは子どもと溶け合うように話し遊ぶ。
    落語に学ぶ子育て。自分を自然に落とせるかどうか、かっこつけない、自分を客観視できるか。肩の力抜く。

    斎藤隆夫さん…描き続けるって大事だなぁ。いつチャンスが来るかわからない。ひとりで黙々と描いたこと、自由な絵を良しとしたこと、印象に残った。

    字のない絵本を読む…あかいふうせん、ぞうのボタン、やこうれっしゃ…じーっと眺めて読みたいなぁ。読み方の例が分かりやすかった。

    西村繁男さん…斎藤隆夫さんもだけど、事前研究をしっかりされているんだなぁ。写真を撮ったり、写し書きしたり。

    たぶん、なんとかなるでしょう…子どもの食べ物についてと母の苦労。作っても食べない、ふざけて食べる、余りを母が食べて太る(笑)毎日のイライラも、こんなユーモラスな話なんだなぁ(笑)

    体のはなし…意欲の中断。夢中なとき、途中で無理やりやめさせると体に思わぬ症状が。あとで良いからおでこに手を当て、ゆるめてやる。

  • 先月号に続いて天谷保子さんの連載がすごく興味深い。
    ブンちゃん&ダイちゃんも絶好調♪

全2件中 1 - 2件を表示

母の友 2015年6月号を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ツイートする