リトル・フォレスト 冬・春 [Blu-ray]

  • 33人登録
  • 4.25評価
    • (7)
    • (7)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
  • 9レビュー
監督 : 森淳一 
出演 : 橋本愛  三浦貴大  松岡茉優  温水洋一  桐島かれん 
  • 松竹 (2015年7月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988105103658

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

リトル・フォレスト 冬・春 [Blu-ray]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 今回はヒロインいち子の日常とともに失踪していた母親との確執やいち子自身の過去が描かれています。
    自分の本当の居場所を探していたいち子が逃げていた現実と向き合い人生の再出発を決意した過程が丁寧に描写されていてその変化と成長に勇気をもらえます。
    前作でも注目を集めた四季の移ろいを捉えた旬の食材を使った美味しそうな料理の数々は今回も見ものでした。五十嵐大介の人気コミックを原作に寒村で田舎暮しをする1人の女性の1年間を春夏秋冬4部構成で綴る完結編の物語です。
    どの料理も美味しそうで観ているだけでお腹が空いてきた映画でした。
    前作と同様に素敵な作品だと思いました。

  • 夏秋同様、映像も音も綺麗で、季節それぞれのいいところをよく感じられた。
    でも終わり方は思ったより荒めだったかな。4時間使った映画なんだし、もうちょっと時間をかけても悪くないと思うんだけど。
    (良い意味で)ストーリーも薄目だし、セリフも多くないから、とにかくいい環境で映像と音を楽しんだほうがいい。

  • すごくよかった

    食物を育て、収穫した食物を丁寧に調理し食す。
    これだけけのことがただ淡々と描かれているだけなのに、
    あきさせず
    その暮らしぶりに
    なぜか心が落ち着いてスーッとやすらぐのは
    なぜなんだろう。
    自分が同じ暮らしにあこがれているわけでもなく
    できるわけでもないのに

    人が丁寧に暮らしている様、厳かな美しさを感じ感動してしまう。


    東北の小さな村で自給自足で生活する主人公の話。
    自然の景色を四季の移り変わりが美しくて
    食すという営みが美しく感じる

  • 映像がきれい ご飯おいしそう 雪が積もってる時の空の色が独特だった

  • リトル・フォレストは
    「夏・秋」「冬・春」
    シーズン通して全部すき

    何回みても
    毎回
    瑞々しい気持ちになる
    多くの教え発見がある

    自給自足

    いうほど簡単では無いこと
    わかっているつもりだけど
    美しい映像で魅せられると
    地に足の着いた生活憧れる

    丁寧に
    シンプルな暮らしをしたい

    追伸
    「あまちゃん」の橋本愛さんも
    「桐島、部活やめるってよ」の
    橋本愛さんも
    どの橋本愛さんも好き

    だけど
    「リトル・フォレスト」の
    橋本愛さん最高

    み終わった後
    橋本愛さんと結婚したい
    と言う感情しか湧かない←

    (おなかがすきます)

  • 誰にも文句言われることなく自分のことは全部自分でやって1人で生きられたらいいのにね
    でもたぶんそれは不可能でそんなの強さなんかじゃなくてただ寂しいだけ

  • 日々の生活、生き方を考えてしまう。

  • 雪景色いいわー。

全9件中 1 - 9件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

リトル・フォレスト 冬・春 [Blu-ray]を本棚に登録しているひと

リトル・フォレスト 冬・春 [Blu-ray]を本棚に「観たい」で登録しているひと

リトル・フォレスト 冬・春 [Blu-ray]を本棚に「いま見ている」で登録しているひと

リトル・フォレスト 冬・春 [Blu-ray]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

リトル・フォレスト 冬・春 [Blu-ray]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

リトル・フォレスト 冬・春 [Blu-ray]はこんな映画です

ツイートする