イントゥ・ザ・ウッズ MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

  • 344人登録
  • 2.73評価
    • (6)
    • (23)
    • (53)
    • (50)
    • (12)
  • 63レビュー
監督 : ロブ・マーシャル 
出演 : メリル・ストリープ  エミリー・ブラント  ジェームズ・コーデン  アナ・ケンドリック  クリス・パイン 
  • ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 (2015年7月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4959241759337

イントゥ・ザ・ウッズ MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]の感想・レビュー・書評

  • 長年連れ添いながらも、子供がいないことで危機を迎えていたパン屋の夫婦。
    ある日、子供が授からないのは魔女の呪いにあると知ります。
    魔女は夫婦に呪いを解きたければ森の中から、シルクのような真っ白い牛(ジャックと豆の木)、血のように赤いずきん(赤ずきん) 、トウモロコシのような黄色い髪(ラプンツェル)、金色に輝く靴(シンデレラ)を持ち帰れと告げられます。
    夫婦は子供を授かりたいという一心で森の奥深くへと足を踏み入れていきます。
    シンデレラや赤ずきんなど童話の人気キャラクターが多数登場するブロードウェイミュージカルをディズニーが豪華俳優の共演で実写映画化したミュージカル大作です。
    魔女役のメリル・ストリープとオオカミ役のジョニー・デップとシンデレラ役のアナ・ケンドリックが魅力的な演技をしていました。
    幻想的なおとぎ話の世界観がリアルに再現された映画でした。
    最初から最後まで魅せられた作品でした。面白かったです。

  • グリム童話の主人公たち、シンデレラ、ラプンツェル、赤ずきん、ジャック...願いを叶えめでたし、めでたしな彼らのその後を描いたミュージカル。

    評判が悪かった為、観てなかったのですが、気になっていたので観てみました。

    評判以上に面白かったです!!
    歌も良いし、ストーリーも雰囲気も良かった!

    僕は大好きな作品です!!

  • 期待していた分、前半、物語の運び方になかなか引き込まれず、少しがっかりしてしまいました。
    曲だったり、魔女や狼などの魅力を感じる登場人物は良いなあと思いましたが、それぞれのおとぎ話から逸脱しない話が、ナレーションを多用して駆け足に進むので、ダイジェストを見ているようで、なかなか入り込み辛かったです。
    後半、ハッピーエンドの続きからは引き込まれる部分がありましたが、ハッピーエンドを否定する割には、最後はハッピーな方向へまとまってしまったので、消化不良でした。逆に、バッドエンドを突き詰めても良かったのでは…。
    おとぎ話の主人公たちが、ひどい環境を作った罪をなすりつけ合うシーンは、意表をついていて1番ハラハラさせられて面白かったです。おとぎ話の“王子様”像の否定も面白かったなぁ。
    牛を逃がしてしまい再度捕まえた後、気に手綱をくくりつけもせず手放して歌い出したときは、そこは学習してほしいと思ったり…映画だからこそ気になってしまう細部もあって、いろいろ惜しいなと思いました。舞台版はもっと面白いのかなぁ。

  • ミュージカル映画。
    有名な童話を一本のお話として関係付けたら・・・
    複雑に絡み合う登場人物たちの思惑が
    面白いと感じるヒトもいるだろうけど、
    登場人物も多いし、後半に進むにしたがって
    ストーリー展開がカオスとしか感じなくなり、
    個人的には視聴後の感想は「徒労感」

  • めでたしめでたしのところで終わって良かったのに。その後が本当につまんなかった。王子兄弟が頭悪そうで、やつらが巨人に潰された方がいい国になると思った。
    唯一好感が持てたのはシンデレラ。ディズニーアニメ版ではなく、グリム童話に近かった。母と姉たちがブスではない設定、豆を拾うところ、母の墓に枝を挿すと、涙で育って木になるところ(但しグリムではハシバミの木なので、あんな大木にはならない)、母の墓で願うとドレスが落ちてくるところ(グリムでは三回とも違うドレスと靴で、最後に金の靴)、王子が階段にタールを塗るところ、姉たちの足を母親が切るところ、鳥が目を潰すところ。ディズニーアニメのシンデレラしかしらない人が多いので、これは良かった。
    他は、ね…。
    メリル・ストリープとジョニー・デップがいかにもスター然としてて鼻白む。

  • 赤ずきん、シンデレラ、ジャックと豆の木、ラプンツェルのキャラクターが森の中に集まってきて、パン屋夫婦がアイテムを集めるために彼女らに絡んでくるところまでは頗る面白い。赤ずきん役のリラ・クロフォード、シンデレラ役のアナ・ケンドリックの歌唱力はとりわけ素晴らしい。

    後半の「暗さ」はどうしたものか。巨人と一致団結して戦うという好戦的(?)ムードとなり、ひどい死に方する主要人物もいます。森の中の暗さもあいまって、物語がどよ〜んとするのですね。

  • ミュージカル好きで、ディズニー好きなら絶対観たくなる要素満載のこの作品は、もともとは1987年に初公演されたブロードウェイミュージカルが原作で、作詞作曲は「ウエストサイド物語」のスティーブン・ソンドハイム。映画化にあたっても彼が担当している。日本でも宮本亜門の演出でリメイクされている有名なミュージカルのようだ。

    赤ずきん、ジャックと豆の木、シンデレラ、塔の上のラプンツェルといったディズニーでも題材とされる有名な童話をモチーフに、そのキャラクターたちが一同に介して後日譚的な物語を紡いでいくいうストーリー構成となっている。

    そして本作品の監督は、「シカゴ」でオスカーを獲得したミュージカルムービーマスターのロブ・マーシャルである。だからこそ安心して観賞できるというものだ。 個人的にはミュージカル映画というジャンルはあまり観ないのだが、奥さんが大好きなので観に行ったのだが、いやいや侮れない・・・食わず嫌いというのはこういうことで、非常に楽しく観賞できた。

    いきなり「wish!」の掛け声のような歌から始まり、ほぼセリフは歌であるのは当然なのだが、演者はやはりミュージカルに長けたスターたちだったのだな、と改めて思った。まあそりゃそうだろうけどな。

    パン屋の主人は「ワンチャンス」のジェームズ・コーデン。「ワンチャンス」ではポール・ポッツ本人が吹替で歌っているけど、ジェームズ・コーデンもちゃんと歌ってたらしい。メリル・ストリープも「マンマ・ミーア!」に出てたし、圧巻は赤ずきん役の子役リラ・クロフォードとジャック役の子役ダニエル・ハトルストーンだ。大人たちに負けていない歌声を披露してくれる。ダニエルは映画「レ・ミゼラブル」でガブローシュ役で出演しているし、リタも初映画出演ながらブロードウェイでは「アニー」で主役をこなすベテランさんである。

    そんな中で、結果的にちょい役でしかなかったオオカミ役のジョニデはしかたなかったのかもしれない。ぼくは観ていないが、同じスティーブン・ソンドハイムのミュージカルをティム・バートンで映画化した「スウィーニー・トッド」で初めてミュージカルに挑戦はしているが、その評価はそれほどでもないようである。

    まあ最近はアナ雪効果で個人的にディズニーミュージカルにどっぷりな感があるが、この作品はそういうジャンルの中では佳作だと思うのだ。

    そうそう、ストーリーに触れていなかったけど、観ていただくのが一番だが、ぼくが一番好感が持てたのは、今回題材とした童話のストーリーが原作に忠実、というかダークサイドのネガティブ描写が結構あって、子供向けのファンタジーではないことだ。シンデレラの従姉妹たちが靴が入らないからといって、かかとやつま先を切るシーンやラプンツェルの悲劇的な結末も描かれていておもしろかった。そういう意味では、さすが巨匠スティーブン・ソンドハイムによって大人なミュージカル映画になっているのだと思うのだ。

  • ブロードウェイミュージカルの映画化作品ということと、『CHICAGO』のロブ・マーシャル監督作品ということもあって以前から興味があり、やっとこさ鑑賞。
    『シンデレラ』『赤ずきん』『ラプンツェル』『ジャックと豆の木』のストーリーを"In to the Woods"というキーワードで融合させ、お伽噺として知られているハッピーエンドの更にその先を描いた作品。基本的に森の中が舞台となって場面展開していく。
    結論から言うと、ブラックユーモアがふんだんに盛り込まれており、思わぬ原因でうっかり登場人物が死んでしまったりするため、子供と一緒に見ることはお勧めしない。子供の教育における教訓でテーマのようだが、あまり説得力がなく、Disneyらしからぬ消化不良な感が否めないまま終わる。

  • ディズニーの時々投げる変化球タイプの作品…と思ったら元はブロードウェイミュージカルなのね。

    「眠れる森の美女(いばら姫)」の魔女を主役にしたり(マレフィセント)、
    「雪の女王」の魔女を主役にしたり(アナと雪の女王)っていう流れの奴かと思ったのに。

    お話は、魔女に子供が出来ない呪いをかけられたパン屋夫婦が、その呪いを解くため、要求された
    ・白い牛(「ジャックと豆の木」で豆と引き換えにしちゃった牛)
    ・赤い頭巾(「赤ずきん」)
    ・黄色い毛(「ラプンツェル」の髪の毛)
    ・金色の靴(「シンデレラ」の靴)
    を集めるお話。

    上に書いた4つの物語が同時進行しているわけですな。
    シンデレラはガラスの靴でないあたりからもわかるとおり、グリムの原典に近く、
    意地悪な姉2人は靴を無理やり履くために足の一部を切り落としたり、
    最後には鳥に目を突かれて失明したりしていますね。

    で、一度は全部の物語が原作通りの「めでたしめでたし」になるんだけど、
    その後(あまりハッピーじゃない)が描かれるのが面白い所。

    一番の危機としては、ジャックが倒した巨人の奥さんが攻め込んでくるんだけど、
    みんなで責任を押し付け合ったりしてて笑う。

    しかしだね。
    この奥さん、初めはジャックに良くしてくれたらしいし、
    その後も家財をどんどん盗まれるわ、旦那は殺されるわで、
    さらに最後退治されちゃう、ってちょっとなんか酷くない?

    あと、赤ずきんのところで、ジョニデが良くやる変人キャラみたいなやつが
    狼だったんだけど、良く見たらジョニー・デップ本人だった。
    この人も、なんかパターン入っちゃったなー。
    竹中直人や、シャアの池田さんみたいなもんか?

  • 酷評されているほど悪くはなかったかな。映像は美しくて、歌もきれい。
    子供向けではなく、大人向けの童話というかんじです。

  • 人は時に間違いを犯す。でも間違いを悔い改めて繰り返さないようにすることはできる。
    ラスト間際の歌を聞いて、なるほどそうかこの映画はそういう教訓を伝える物語なんだ!と思った…なのに…
    どうして巨人の女性を攻撃してしまったの…
    罪を認めて謝罪したりなんだりするならまだしも、さらに罪を重ねてるじゃないか…
    待ってよ、「巨人の女性も善人かもしれない」って歌ってなかった?気のせい?
    それとも「森の中は何が起こるか分からない」ってか?ばか!

    でも考えてみれば確かに赤頭巾も豆の木もシンデレラも教訓なんか何もないおとぎ話なんだよね…
    そういう意味では原作リスペクトとも言えるし皮肉が利いてる…ディズニー…攻めてんなぁ…
    終わった直後は呆気にとられたけど考えるほどにじわじわ面白い…自分の中にあった先入観を暴かれるような…不思議な映画だ。

  • ウトウトしながら。

    面白いかと思えば、興醒めな。
    可愛らしいと思えば、残酷な。
    なんだこりゃの、意外に真面目なメッセージ。

    身勝手もいいとこだ。
    人間さまだなあ。

  •  様々な童話が一つにつまったミュージカル。

     キャストはかなり豪華。ジョニー・デップの狼男の使い方は贅沢だなぁ。ミュージカルとしてよくできていて、歌を聴きながらそれなりに楽しめる。
     強引に一つの話に組み込んだ力技はすごい。最後なんてみんなで一緒に暮らすことになるしね。

  • カオスだったね。あと、人が割と簡単に死ぬ。
    色んな事が起こったのに伝えたい事は何だったんだという疑問ばかり残る。
    グリムとイソップは混ぜるな危険だったのでは。
    映像的には嫌いじゃないしキャストも良かったと思うだけに、心残りな作品。

  • シンデレラや赤ずきんちゃんといった有名な童話の「めでたしめでたし」の“その後”を描く。

    映画の前半で童話オリジナルの物語をなぞり、やがて後半に向けて登場人物達が交錯していく設定が面白い。
    オリジナルをなぞる前半も、童話のヒーロー、ヒロイン達の、“かなり”人間臭い面を見せており、
    あまりのぶっちゃけ方に 苦笑してしまった。

    例えば赤ずきんちゃんは、森のおばあさんの家には用事を頼まれたから行くので実は乗り気ではない。
    だから早く帰ろう、と思っている。
    パン屋さんの好意で戴いたおばあさんへのお土産用のパンも途中で全部食べてしまい、
    だってお腹が空いてたから、とたいして悪びれない。

    シンデレラが靴を落としたのは作戦で、
    憧れているけど、イマイチ居心地の良くない王家の生活に入るかどうかを決めきれないので、
    王子の熱意を確認しつつ王子に決めさせるためだったの、と白状する。
    そのくせ王子の浮気がばれると、あっさり王子と別れてしまう。

    天空の巨人の好意を良いことに盗みまくる豆の木のジャックや、
    不法侵入して人の家の娘をたぶらかすラプンツェルの王子、といった具合に、
    いいように描かれている童話を 逆の立場(童話の世界での悪役の立場)から描けば、
    結構なワル振りが見えてくる。本来の主人公の方がよっぽど根が悪いように見える。

    まあ、いろいろと暗喩じみてはいるのだが、ディズニー映画だし、子供と観るにはギリギリのラインかな。
    元はブロードウェイのミュージカルだそうで、映画もミュージカルです。

    入口は明るく、気持ちがよいが、40~50mも入れば途端に別世界のように暗くなる“森”。
    森の中には 好奇心も、冒険も、欲望も、罪も、敬虔も ある。
    この作品は、童話の主人公たちの活躍と葛藤を通して、人の心の森の風景を描く。

  • シンデレラと赤ずきんちゃん、隣りの魔女に呪いをかけられた子供の出来ないパン屋の夫婦がそれぞれの目的を持って森の中に入っていく。

    ドタバタコメディで、ミュージカル。
    バッタバタなんだけど、なんか面白かった!
    色んな童話が絡み合って、そんな方向になるんだ!って展開が面白かったです。

    ちょっとバカな王子達が川で歌うシーンが良かったw

    あっさり人が死んだり、狼の腹が裂かれたりするけど、生々しいシーンは画面に出て来ないから、やや安心して観ていられます。

    しかし巨人の夫婦が1番かわいそうな気が…

  • 請求記号:15D274(館内視聴のみ)

  • 思ったのと違ったなあ…!笑

  • イントゥザウッズイントゥザウッズ(以上。)
    ないようがないよう。

  • パン屋の夫婦は魔女の呪いによって子どもに恵まれずにいたところ…「白い牛、赤い頭巾、黄色の毛、金色の靴」を集めれば呪いを解くことができると魔女に言われる。これらを集める過程で様々な童話がリンクしていく設定は面白かった。けど最後に行くにつれ展開があまり好きではないので星二つ。ラストの歌はよかった。

  • 王子ひっどい!パン屋のおかみさんに手を出したところは殴りたくなったわ…。シンデレラと赤ずきんは可愛い。狼には笑ってしまった。
    ハッピーエンドのとこで止めておいてほしかったな…それ以降が全然面白くない。最後の歌は悪くないんだけどなあ。
    字幕訳の問題なのか、ちょっと文脈おかしいところがあったのも残念。

  • おとぎ話の主役たちオールスターなのに、あんまりおもしろくなくてウケる。

  • 映画館にて。

    予告編でかなり期待していたものがあって、一人で鑑賞。

    シンデレラ・ジャックと豆の木・赤ずきん…それぞれが本来結末と違かったらっていう設定に魅力を感じたけど期待してた様などんでん返しはなかったかな。

    元々ミュージカル作品としてヒットしているっていうのが分かる。これは映画じゃなくてミュージカルであるべき。

  • 2016/07/11

    レミゼっぽい感じかと思って敬遠してたけど
    もっと魔法にかけられてに近かった。

  • 残念ながら期待外れ。

全63件中 1 - 25件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

イントゥ・ザ・ウッズ MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]を本棚に「観たい」で登録しているひと

イントゥ・ザ・ウッズ MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]を本棚に「いま見ている」で登録しているひと

イントゥ・ザ・ウッズ MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする