アウトライン・プロセッシング入門: アウトライナーで文章を書き、考える技術 [Kindle]

  • 144人登録
  • 3.83評価
    • (8)
    • (15)
    • (10)
    • (2)
    • (0)
  • 16レビュー
著者 : Tak.
  • 2015年5月7日発売
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (129ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
クリス・アンダー...
トマ・ピケティ
ジェームス W....
デイル ドーテン
デール カーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印

アウトライン・プロセッシング入門: アウトライナーで文章を書き、考える技術の感想・レビュー・書評

  • アウトライン・プロセッサの思想。
    奥出直人の『物書きがコンピュータに出会うとき』や『思考のエンジン』の時代から、今日のクラウド時代に対応するものの紹介。

    アウトライナーが、網状構造を許さないことの、生産的意味については共感。おさまっていないことの違和感が、新しいアイデアの源泉になるからだ。

    とはいえ、わかっている人にはよくわかるが、わからない人にはやはりわからないままなのではないかと思わされるものである。人はどのようにしてアウトライナーと出あうのだろうか。

    Macのアプリ、TreeやFoldingTextへの言及がないのはなぜだろう。

  • WorkFlowyを使うきっかけとなった本。思考整理のフローが一新された。おおげさかもしれないが人生が変わったといっても良い。

  • 総評>
    この本はお勧めですよ。
    基本はアウトラインを使っての文章作成法の解説です。
    ゆかさんの文章作成方法と近いですね。

    しかし、この本の面白さは文章の書き方についてよりも
    アウトライナーを思考の道具として使おう!
    という提案が具体的で面白いのです。

    例えば皆さんは書きかけの文章や、
    文章にならないメモみたいなものってありますでしょうか?
    自分はそういったものが大量にあって、
    主にEvernoteに保存しています。
    ところがその大量のメモの蓄積は
    日の目を見ることはないだろうなあと思っていました。

    ところがもしかしたらその不憫なメモたちを
    救済することができるのかもしれません(笑)

    どんなことかというと
    この本の提案ではそういった文章の断片を
    すべてアウトラインに書いていって、
    似ている項目をつなげたり、
    全く違う内容の断片同士を組み合わせて
    まとまった文章にしちゃいましょうと提案してるんですね。
    これは実際やってみるとかなり面白い化学反応が起きますよ。

    アウトライナーって階層を自由に広げたり閉じたりできますし
    追記がとても簡単なんですね。構造的に。
    これはEvernoteやWordにファイルとして保存しちゃった場合とは
    感覚的に全く違います。

    そして今はスマホのアプリで優秀なアウトライナーがいくつもあります。
    ということはいつでもどこでも文章や思考の整理や追記ができちゃうんですね。
    僕自身はiPhoneアプリのクラウドアウトライナーというアプリを使ってゴニョゴニョしてますが、面白いですよー。

    そして文章だけでなくタスク管理なんかにもバッチリ使えます。
    そのあたりの方法も著者の実例を交えて書いてます。
    僕自身の感想としては、思考ツールとしてのしっくり感は
    マインドマップなどよりそーとー上です。

    読み放題対象です。
    皆さんにも読んでいただいてアウトライナーお試しいただければと思います。

    <トリガーワード>
    「アウトラインの中に数年入っていた断片があるきっかけで成長を初め、ブログのエントリーとして日の目をみたことがありました。埋もれていた断片が、たまたま書き込んだ新しい断片と引き合う事で成長を初めた結果です。独立したファイルに入ったら、こういうことはなかったでしょう」
    「朝の通勤電車の中なででは実にいろんなことを思いつきます、今日仕事でやらなければならないこととか、ブログのネタとかもちろんありますが、個人的に一番価値があると思うのは、折に触れて浮かんでくる欲望や願望の切れ端です。人には見せられない、文字通りの個人情報です。そこには自分が本当はどこへ向かいたいのか、何をしたいのかということのヒントがたくさん含まれています。もちろん欲望だから荒唐無稽であり、エゴイスティックである、エロティックであり、子供っぽいものです。大人である私たちはついつい自制して、それらを闇に葬ってしまいがちです。でもそうした欲望や願望を人や社会との関係の中で意味あるものとし、相互作用することが”生活=生きる活動”なのだと私は思っています。そして、欲望や願望の中には意外なほど美しいものもあるということを知っています。」
    <目次(Amazonよりコピペ)>
    はじめに
    Part 1 アウトライナーとアウトライン・プロセッシング
     アウトライナーとは
     アウトライナーの三つの基本機能
     アウトライナーを選ぶ
     アウトライナーを使うということ
     シェイク
    Part 2 文章を書く
     ランダムなメモを組み立てて文章化する
     視点を組み替えてサマライズする
     発想から文章化までをアウトライナーで行う
     複数の文章をひとつのアウトラインで管理する
     アウ... 続きを読む

  • 階層構造で考えることはよくある。PCでマインドマップソフト使ってる時は似たような使い方してる

  • アウトライナーの正しい使い方が分かった。

    従来型の作文技術は『理科系の作文技術』が超有名だが、これからのモダンな作文技術は、アウトライナーの利用が前提としなければダメだなと思った。

  • アウトラインでものをアイデアする。ということに気づかせてくれた本。度々読み返して、再考してみたい。

  • なるほど、こういう使い方もあるのね、と参考になりました。
    ちなみに私はWorkFlowyを最近、愛用しています。

  • アウトライナーに関するエッセイ風入門書(Blog の投稿を練り直したというので、そういう文体、構成になっているのだろう)。

    僕自身は、アウトライナーを「使いこなしているか?」と言われると若干疑問を持たざるを得ない。確かにアウトライナーなしで仕事はできないし、何かメモするとき、物事を考えるとき、文章を書くときには必須の道具だ。しかし、「シェイク」を方法論的にとらえたり(当然、やってはいるのだが、意識してやったことはなかった)、フォーカス機能を使ったりしたことはなかった(常々あればいいとは思っていたが、あると知らなかった)ので、ちょっと意識して、もう少しちゃんと使い込まないとダメだな。

    なお、個人的には Emacs ユーザなもので、使っているアウトライナーはもちろん org-mode (+ Dropbox)。他のアウトライナーは試したことがないので 今度、WorkFlowy くらいは使ってみる。

  • Amazon日替わりセールで購入。
    アイディアと調べたことがごちゃごちゃになったり、論理の流れのが曲がってしまったり、というのを距離を置いて眺めて整理するツールとして使えそう。問題はまだMacのOSをYosemiteにアップグレードしてないから、OmniOutlinerを試せないこと。
    とりあえず、WorkFlowryからお試し。なかなか良さげ。

  • Evernoteやタスク管理アプリなどを使って、情報を整理するのは得意な気がしていた自分。しかし、こんなシンプルで効果的な方法があったのかと、正に目からウロコでした。

    主に文章を書く場合を想定して説明が進んでいきます。でも、物書きでなくても使える方法がたくさんあると思います。
    頭にあるアイデアを書き出して、熟成させるという考えは大いに参考になりました。
    別物だと思っていたアイデアを埋もれさせず、繋げていくことが出来るかもしれません。


    文章自体は決して読みにくくないのですが、図が少ないからか、本としては読みにくかったように感じました。

  • 再びアウトラインプロセッサーを使ってみようかな。

  • アウトラインプロセッサーを時々使いながら作業をしていたが、なんとなく使い切れていなかった。これをよみ「シェイク」を上手く使えば良いのか!と合点がいきました。この作者はとてもアウトラインプロセッサーが好きで好きで堪らないんだろうな〜と思わせられる感じの本でした。

  • 今朝、佐々木正吾さんのメルマガでこの本を知って読んでみた。文章作成術としてとても参考になった。書いてる最中の悩みって、みんな同じなんだなと共感。
    長い研究論文的なものやっぱりWordを使った方がいいんだろうなと思ったけど、今、Evernoteに入れてたメモなんかはWorkflowy使った方が便利そう。ちょっと工夫して使ってみたい。

  • 目から鱗の書籍である。といってもすでに数々の書評がNETに上がっている通り、現在本書を手に取るのはまだマニアックな人がおおいのではないだろうか?

    しかし、アウトライナー自体はマイナーかもしれないが、本書は文章を書く人、いや考える人、万人に一読を勧めたいモノである。
    内容としてはアウトライナーを活用した文章法といったモノかもしれないが、その内容は内なる思考を外部に吐き出す=文章化を図るにあたって、『文章を書く』ということはどういうことか?というところまで踏み込んでいる。

    『書く』ということと『考える』ということ。一つのプロセスのようでもあり、別々のプロセスのようでもある。だからこそ、ツールとの組み合わせが解りづらい。
    その一つ、著者が愛用する『アウトライナー』というツールを活用した思考をフロー化してリニアに繋ぐ(=文章化)を実にわかりやすく解説してくれている。

    アウトライナーへの憧れと誤解



    まずはじめにボクのことでいうと『アウトライナー』というソフトは昔から憧れているものである。
    なんといっても別名『アウトライン・プロセッサー』。なにやらネーミングからしてかっこいい(笑)
    『プロセッサー』である。
    乱暴な言い方をすると、テキストをインデント付けながら書いていくツールなのだが、『アウトライン』を『プロセス』するツールなのである。

    出自が文系SEなボクとしては、文章なのになんか開発チックな妄想を『アウトライン・プロセッサー』に対して勝手に抱いており、バージョン2くらいからOmniOutlinerを導入していたにも関わらず、まともに使いこなせていなかった。
    本書を読んで改めて認識を正したというか、正された、目が覚めた、瞳孔が開いた点は以下の2点。

    アウトライナーとワープロソフトの役割の違いを認識していなかった。


    まず一点目は、マニアックな方々には呆れられるかもしれないが、ボクは明確にアウトライナーとワープロソフトの機能的な違いをわきまえていなかったのだ。
    どちらも『文章を書くソフト』という点では同じようなものである。が、ワープロソフトは最終的に印刷される完成形の状態で見栄えに重きが置かれるモノであることに対して、アウトライナーはその印刷物の要素である文章を書くためのソフトであると。
    だったら、テキストエディターとアウトライナーのなにが違うのか?その辺で、このアウトライナーを取り扱いがよく解らなかったのである。

    ボクには、アウトライナーの重要な役割である『考えながら書く』、『書きながら考える』ことを支援するツールであるという認識が無かったのだ。

    アウトライナーとは目次=見出しを固めて文書構造を決めてから書き出すモノという誤解


    もう一点は、アウトライナーとはロジカルな文書を作成するために、目次=見出しを整理してから内容を埋めていくためのモノという認識だった。

    アウトライナーの使い方というよりも、文書を作成する上でよく指導されることにまず見出し・目次を整理するというアプローチを推奨される。
    ロジカルライティングが流行った辺り以降からだろうか?やたらと社内でも研修や職場でよく言われたことだ。まずは目次を作って持ってこい!

    たしかに、これも一つの文章法である。本書でもプロダクト型アウトライナーということで一つの形式として紹介されている。

    『これに対して、2ペイン方式のアウトライナーや、本文と見出しを区別するタイプのアウトライナーを「プロダクト型アウトライナー」と呼んでいます。アウトラインをプロダクト(完成品)の骨組みと考え、組み立てて行く使い方により適しているからです』


    しかし、このやり方がどうにもこうにもボクにとってはストレスでもあり、怖くもあったのだ。
    それはなにかというと、最初のうちにすべてを把握しておかないと『もれ... 続きを読む

  • アウトライン・プロセッシング入門: アウトライナーで文章を書き、考える技術

全16件中 1 - 16件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

アウトライン・プロセッシング入門: アウトライナーで文章を書き、考える技術を本棚に「読みたい」で登録しているひと

アウトライン・プロセッシング入門: アウトライナーで文章を書き、考える技術を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

アウトライン・プロセッシング入門: アウトライナーで文章を書き、考える技術を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

アウトライン・プロセッシング入門: アウトライナーで文章を書き、考える技術はこんな電子書籍です

ツイートする