世界のトップを10秒で納得させる資料の法則 [Kindle]

  • 58人登録
  • 3.63評価
    • (3)
    • (9)
    • (5)
    • (1)
    • (1)
  • 8レビュー
著者 : 三木雄信
  • 東洋経済新報社 (2015年5月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
岸見 一郎
デール カーネギ...
清水 久三子
池井戸 潤
ロバート キヨサ...
有効な右矢印 無効な右矢印

世界のトップを10秒で納得させる資料の法則の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ソフトバンクの社長室長を勤めてきた著者による、資料作成方法の解説。
    著者がソフトバンクのサポート統括をしたりしていた関係で、事例がYahoo! BBのことだったりして、「ああ、こんなことあったなー」と思いながら読んだ。

    業務処理報告書、プロジェクトマネジメントシートなど、計10種の資料の作り方を書いている。
    * 本当に相手に伝えるべき内容を端的に伝えられるように
    * あいまいな表現を使わない
    * 定義をはっきりとさせる
    * 責任範囲(アウトプット、担当者、期限など)を明確にする
    全体に、上記の部分は資料の形式を問わず共通しているかなと思う。
    そして、パレート図、回帰分析は業務に取り入れたいと思った。

    しかし、孫社長の「これから回帰分析をしないやつの話は一切聞かない」この発言…。
    こんなこと言われたら、回帰分析するしかなくなる。
    ソフトバンクで仕事したら、かなり鍛えられるだろうな…。
    その他の孫社長の発言もかなり面白かった。
    「正しい数字を見ていれば正しい判断ができる」
    「どんなものでも数字で把握せよ」
    「最終的にはフォースでわかるようになれ!」

  • グラフの視認性を高めるテクニックについて学べた

  • 資料作成のコツだけではなくて、そこから何を伝えるのかという説明があって参考になった。

  • プレゼン用の資料の説明が多いのと、企画書一枚で納得させられたらいいけど、大概は一枚だと通らないよね。

    スピードはここまで求められてないなぁと。。。
    事前準備の辺りとかにもっと説明を割いて欲しかった。議事録も極端すぎる。。。

  • ここで紹介される資料の作成方法はシンプルで、説得力が満載。いかに伝えたいメッセージ以外をそぎ落とすかがポイントだと思う。

  • 孫正義の付き人を務め、さまざまなプレゼンテーション資料をつくってきた著者。孫正義から受け継いだ、資料やビジネスの極意。
    -----
    資料のつくり方はもちろん、ビジネスの考え方においても参考になる一冊。「1スライド 1メッセージ」など、資料だけでなくても生かせる考え方だと思う。

  • 相関のところは役に立ちました。各章そうだよな〜という点は多いのですが、いざ作ってみるとパワポはなかなか筆者と同じトーンでまとまらないものだな、と思いました。

  • 元ソフトバンク社長室長によるプレゼン資料にフォーカスした業務効率化ノウハウ。合理的で無駄のないノウハウながら、然程目新しいものはない。

全8件中 1 - 8件を表示

三木雄信の作品一覧

三木雄信の作品ランキング・新刊情報

外部サイトの商品情報・レビュー

世界のトップを10秒で納得させる資料の法則を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

世界のトップを10秒で納得させる資料の法則を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

世界のトップを10秒で納得させる資料の法則はこんな電子書籍です

世界のトップを10秒で納得させる資料の法則の単行本

ツイートする