LUCY/ルーシー [DVD]

  • 138人登録
  • 2.58評価
    • (2)
    • (5)
    • (26)
    • (15)
    • (9)
  • 26レビュー
監督 : リュック・ベッソン 
出演 : スカーレット・ヨハンソン  モーガン・フリーマン  チェ・ミンシク  アムール・ワケド 
  • NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン (2015年7月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988102319274

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

LUCY/ルーシー [DVD]の感想・レビュー・書評

  • 脳が覚醒するとどうなるのか?という事がテーマなのかなと思うが、一体何が言いたかったのか?
    無意味な犠牲者が多数出ていて、なんだかなぁ。
    いわゆる悪党が中国系から韓国系になっていた所が、新しい所か。
    スカーレット・ヨハンソンがきれいだったから、それで良しとする。

  • こりゃ面白くないな。
    設定がいいだけにハードルが上がりすぎで、
    誰でも考えうる発送の展開。
    最後の終わり方なんなのって感じ(笑)
    スカーレットヨハンソンのブランド力でなんとか持って行ったという感じの作品でした。

  • かっこいい、痛い、よくわからないという印象。
    ストーリーを理解できないのはきっと私が脳を数%しか使えてないからなんだろうな~と(笑)
    脳を使えるようになるとこんなにも展開がギャグになってしまうのか…と思いました。本人らは真剣なはずなのに少しクスッとしてしまうシーンが多かったです。

  • 脳みそをフル活用出来るようになれば、姿も変えられるし超能力も使えるようになるそうですよ…。
    突っ込みどころの多い映画です。突っ込みどころしかないです。コメンタリーで、モーガン・フリーマンが言えばどんな滅茶苦茶なことでも説得力を持たせられるからすごいという話がありましたが、確かに…。モーガン・フリーマンじゃなければもっと腹が立っていたかも。

  • 人間が脳を100%使えたらどうなる?なんて心惹かれる設定なのですが、映像が綺麗でそれだけだよね?でした。心に残りませんでした。

  • スカーレットヨハンソン綺麗だなー

  • 死は超越する。無に還る。無、という概念しか今は見当たらない。"誰"という概念さえなくなる。神、ですらなくなれる。

  • うーん、よくわからなかったなぁ…
    脳のリミッター外れたら変形自在になるん??
    どっちかというとサイヤ人みたいなの想像してたら全然違ったなぁ〜。

  • 理不尽なほど密売組織が強すぎて、フランスの警察が弱すぎる。そのために病院関係者や警察の犠牲者多数。そもそもルーシーがとっととどどめを刺しておけば何の問題もなかったのに。不思議な映画ですねえ。

  • リュック・ベッソンの名前とスカーレット・ヨハンソンの名前を聞き、映画館で観ようと思っていた作品。結果的に映画館に行かなくて良かった。名優モーガン・フリーマンのキャリアに傷がついたのではなかろうか。ヨハンソンことルーシーは男に騙され、韓国のヤクザに薬の運び屋にされてしまう。ヤクザの親分は韓国映画でおなじみの俳優チェ・ミンシク。相変わらず鬼気迫る演技だ。ルーシーが摂取してしまったナントカという薬が脳をフル回転させていくことと、超能力的なパワーがどうしてリンクするのかさっぱり意味がわからない。サムスンの家電がチラチラ映ったが、むかしはこういうのみんなソニーだったのに。

  • 人が脳を100%使えると、超能力が使えるようになって、過去にもタイムスリップできて、パコソンもカチカチできる?

    その割には、悪役が小者。

    作り手が伝えたいものが伝わってこなかった。

  • こうして彼女はブラック・ウィドウになりました(嘘です)

    もう少し長生きできたら、もっといろいろできたと思うんだけどな。

    勿体ない。

  • お客さんにすすめられて見てみたけど自分には合わなかった。B級映画はあまり好きじゃないので途中寝てしまった。。

  • 予告で見て、観たいと思っていました。
    人間の進化の先は、身体が必要のない世界なのですね。

  • 人間の脳は5%しか使えていないらしい。もしも、脳を100%フル活用できたら?そんな根拠のない医学にもとづいて、脳を100%活用できるヒロインが活躍するノンストップアクションムービー。

    頭がよくなるのだから、ハッキングや詐欺などの知力と、すばやい判断によるスマートなアクションを想像していた。が、脳ミソフル回転というのは、エスパーになれることだった。

    脳の使用率が100%に近づくにつれ、主人公は髪の色を変え、物質を空中に浮かせ、テレビに自分を映し出す。これが、脳の能力なのか・・・。そして、ついに100%。その時の理不尽な衝撃は想像を絶した。まさか、こんなオチが用意されていたなんて。

  • コリアンマフィアに薬物を腹部に入れられ運び屋にされるルーシー。その薬物が体内に漏れ出したことから脳の眠っていた部分が活動を始める。

    サラッと見られる軽い内容であっという間に見終わった印象。でも冒頭からグイグイ引き込まれて楽しかった。
    ルーシーが男だったら、最後にああいう行動に出ただろうか?

  • 人間の脳の働きは10パーセント程度で十分

    分かりやすくて見やすかった

  • 面白くないわけではないけど、面白いわけでもない映画。
    マフィアのドラッグ取引に巻き込まれてしまうルーシー。下腹部に隠されたドラッグが袋から漏れだし、ルーシーの体内に吸収されてしまう。すると本来は使われない脳の機能が覚醒していく。みたいな話。
    それでスーパーヒーロー的な流れで終わるかと思いきや、SFに流れていった感じ。

  • 猿Lucy神(猿以下1%→人3%→神100%)

  • レンタルで観賞。

    脳の機能を100%使えるようになったらどうなるのか。

    予告編から面白そうだと確信していた。
    やはり面白い。

    私は私を越えて私になり、私と言う個は拡大し、他者には存在を認識されずとも、過去現在未来においてありとあらゆる場所に存在し続ける。

  • 2015/12/31
    えー、それで終わりー??

全26件中 1 - 25件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

LUCY/ルーシー [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

LUCY/ルーシー [DVD]を本棚に「いま見ている」で登録しているひと

LUCY/ルーシー [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする