アイデンティティー [DVD]

  • 21人登録
  • 4.14評価
    • (3)
    • (3)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
監督 : ジェームズ・マンゴールド 
出演 : ジョン・キューザック  レイ・リオッタ  アマンダ・ピート  アルフレッド・モリーナ  クレア・デュバル 
  • Happinet(SB)(D) (2015年9月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4907953065017

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

アイデンティティー [DVD]の感想・レビュー・書評

  • 豪雨によって道路が冠水して連絡手段さえも遮断されたモーテルに集まる男女11人。
    赤の他人だったそれぞれが少しずつ繋がってくるエピソードの見せ方も、11人のキャラクター設定も非常に分かりやすく、しかも、テンポも良いく緊張と緩和の連続で惹きつけられる。
    1人、そしてまた1人と殺されていき、その死体の周辺には犯人がカウントダウンしているかのように、モーテルの部屋番号が記されてる鍵があって、次は誰?そしてこの中で誰が犯人なのか緊張感が途切れない。
    密室というわけではないけれど、冠水で閉ざされたモーテルという限られた小さな世界の中でのミステリーなので、少しずつ小出しにされるヒントを回収したり、度々過ぎるおかしな点を見つけたりとひと時も目が離せないし、モーテルの連続殺人と並行して会議室で行われるとある死刑囚の再審議がモーテルの惨事と果たしてどんな風に繋がっていくのかも見所です。

    途中から、あれ?これホラー?みたいな方向性に行くことも更なる目くらましになって、いつのまにか犯人を探る思考までストップしてしまう。
    こういうテーマの作品は沢山あるし、オチは途中からなんとなく分かるけれど、ラストの犯人までのどんでん返しは予想もしてなくてかなりショックだったし、こんな破綻しそうなプロットなのに意外としっかりと練られていて観てても飽きがこないで楽しめました。

    最後のオレンジ農園の幸せなシーンで、エドの存在意義が虚しく印象に残るエンディングでした。

  • インターネットコラムの怖い映画特集でおすすめされていたので観たのだけど、かなり楽しめた。ミステリーっぽくもあり、ホラーっぽくもあり、最後はどんでん返しがあって、そんなに長くないのですっきり楽しめる感じ。

  • どんでん返しのどんでん返し。
    精神病でここまで深いのはなかなかないんじゃないかな。
    良くも悪くも、偏見はいけないなと。

  • 【あらすじ】
    土砂降りの中モーテルに閉じ込められた男女。母が車に轢かれた父子、轢いた運転手と女優、その事故の原因を作った女、それに関わったカップル、囚人護送中の警官、そしてモーテルの管理人。増水により車も使えず、外部への連絡を絶たれたまま、唯一携帯電話を持っていた女優が連絡を取るためにこっそり外へ→あぼん。乾燥機の中で頭部が回転する状態で発見される。そこにはモーテルの部屋番号『10』の鍵が。

    【以下ネタばれあらすじ】
    カップル男が殺され『9』
    →囚人もバットで『8』
    →瀕死の母も『7』
    →父も管理人に轢かれ『6』。

    明らかに殺しではない死にも鍵が付されることに疑問を感じ、逃げるよう示唆する運転手。子とカップル女が車に乗り込んだ瞬間爆発!

    実はモーテルの出来事は、多重人格者が人格を統合するために脳内で起こした殺人だったのだ!運転手・管理人・警官は相撃ち、女の人格のみが生き残ったかに見えたが殺。実は全ての殺人は子の人格が起こしていたのだ。

    ※2006年3月-2011年1月までやってたブログより転載

全4件中 1 - 4件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

アイデンティティー [DVD]はこんな映画です

ツイートする