マッハ!無限大 [DVD]

  • 34人登録
  • 3.18評価
    • (2)
    • (4)
    • (7)
    • (3)
    • (1)
  • 12レビュー
監督 : プラッチャヤー・ピンゲーオ 
出演 : トニー・ジャー  ジージャー・ヤーニン  RZA  ラータ・ボーガム  ペットターイ・ウォンカムラオ 
  • Happinet(SB)(D) (2015年9月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4907953060845

マッハ!無限大 [DVD]の感想・レビュー・書評

  • 屋上のバイクシーンが痛そう
    またゾウですか
    ストーリーはなんか、ごっちゃ。
    フィルム編集もうまくいってないのか
    バトルシーンのつながりもイマイチ

  •  タイの古式ムエタイの使い手が大暴れ!

     いやぁ、この映画の肘打ち膝蹴り依存度の高さはすごい。そして、そのどれもが美しくかっこいい。見てるこっちが肘打ち膝蹴り依存症になってしまうくらい。
     ワイヤーアクションなしということらしいのだが、本当だろうか。本当だとしたらすごい。いくつかありえない動きがあったぞ。
     炎のCGとかメッチャ雑だったけど、まぁそういうとこは目を瞑りましょう。
     主人公だけでなくみんないい動きしていて、いい映画でした。

  • 筋はあってないようなもの。超人的なカンフーアクションをひたすら見せられるのですが、中だるみ感がありました。わらわらと敵が出てきて、カンフーに決定打が出ないので、延々と戦います。「マッハ」の時は、もっと熱い感動があったと記憶していますが、この差って何ですか?

  • ちょっと見飽きた感があるかな。
    アクションはすごいんだけど、なんかところどころスピード感にかけるというか、だれた感じが見受けられて、退屈だなと思ってしまうことも。
    演出の問題なのか、こちら側が新鮮さを感じなくなってしまったことが原因なのか。
    ワイヤー、CGなしにも限界なのか…?

  • 『でもワイヤーなんじゃない?』という冷静さが、脳裏に逐一カットイン。時の流れには抗えねど、やはり見たいのは素朴なまでに肉体のみのトニー・ジャー。いや、見所はあるんだけどね…。

  • CG使ってもワイヤー使っても死んじゃう死んじゃう!ってなるのは相変わらずww

  • 相変わらずチカラ入りまくっていて凄いんですけど、
    何だか見せ方が下手で消化不良な印象ですね。
    まず、物語がいい加減で面白くないのが痛い…です。

    バイクとのアクションや格闘シーンも目新しさがなくて
    見飽きた印象だし、敵ナンバーズもおそろしく中途半端でカッコよくない。

    象と紛争国の話も何だか取って付けた感バリバリで見ていてアホらしくなっちゃいます。

    人間ってこんな動きが出来るんだ…って所がミソだったシリーズだったのに、残念な展開ですね。
    もうちょっと頑張ってくれよ〜トニージャー

  • う~~ん……
    まずタイトルに文句が言いたいです。
    マッハちゃうやん!トム・ヤム・クンやん!
    セガールだから沈黙、みたいにトニーだからマッハってやりたいのならジージャーもいるんだからせめてマッハ・チョコレート!にしようよ。
    トム・ヤム・チョコーレートとかなら納得してたのに(それもどうかと思うけど)
    トニーやジージャーの不思議な蹴り、膝、肘は楽しめましたけど、駄目なとこ、文句を言いたいとこが山盛りでした…

  • マズ邦題ひどくない?相変わらず像を巡ってアクション!さらわれた像を助け出せ!以上!
    ひたすらアクションはかっこいい~

  • 「マッハ」となってるが「トムヤムクン2」。

    3D作品を前提に作られてるせいなのか、前作のスケール感がなくなってしまって残念。
    見せ場の連続ではあるが、クライマックスには欠けるという印象。
    せっかくのジージャー共演もあまり盛り上がらず。
    トニーの引き立て役に終わってしまっていて、これまた残念すぎ!

  • 最初から最後まで、ずーっと闘っているカンフー映画。
    いやー、大爆笑できるシーンの連続で、お腹が痛くなりました。
    象の動きを模した武道は最強ですね。

全12件中 1 - 12件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

マッハ!無限大 [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

マッハ!無限大 [DVD]を本棚に「いま見ている」で登録しているひと

マッハ!無限大 [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

マッハ!無限大 [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする