パリよ、永遠に [DVD]

  • 28人登録
  • 3.55評価
    • (1)
    • (4)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
監督 : フォルシカー・ジュレンドルフ 
出演 : アンドレ・デュソリエ  ニエル・アレストリュプ  シャルリー・ネルソン  ジャン=マルク・ルロ  シュテファン・ヴィルケニング 
  • Happinet(SB)(D) (2015年9月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4907953056121

パリよ、永遠に [DVD]の感想・レビュー・書評

  • 第二次世界大戦末期に敗戦濃厚なヒトラーが実際に計画したパリ壊滅作戦がいかにして回避されたのかその歴史秘話を描いています。「ブリキの太鼓」「シャトーブリアンの手紙」の名匠フォルカー・ジュレンドルフ監督が映画化した作品です。
    ヒトラーにパリ破壊を命じられたドイツ軍とそれを思い止ませるべく決死の直談判を決行した中立スウェーデンの外交官がホテルの一室で緊迫の駆け引きを繰り広げるようすをスリリングに描いていました。
    パリの町や人命を救ったにもかかわらずスウェーデンの外交的のノルドリンクを英雄にせずあくまでパリを愛する市民として描いているのは小気味良かったです。

  • もしも、
    「パリ」が消えていたら・・・・
    世界は、どうなっていただろう


    第二次世界大戦末期、
    ナチス・ドイツ占領下フランス
    ヒトラーによる「パリ」壊滅作戦が、今まさに実行されようとしていた

    美しき街を救ったのは、
    一人の男の一世一代の「駆け引きだった!」

    これ、実話なんですよね。
    この二人がいなかったら、現在のパリはなかったかもしれない。


    パリに旅行で行ったことありますが、あの美しい景色
    エッフェル塔やオペラ座、ルーブル美術館、ノートルダム大聖堂・・・
    残されてよかった。この二人がいてくれてよかった。
    そう、思わずにはいられません。


    機会があって、試写を観せていただきましたが、こころにしみるものがありました。

    戦争ではいろいろな立場で、いろいろな場所でいろいろな戦い方がある。
    おじいさんふたりの会話劇ですが、その駆け引きは奥深いです。
    舞台でみたいなと思ったら、もともと舞台だったものの映画化だそうです(笑)

全3件中 1 - 3件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする