陽だまりハウスでマラソンを [DVD]

  • 35人登録
  • 3.73評価
    • (6)
    • (2)
    • (5)
    • (1)
    • (1)
  • 6レビュー
監督 : キリアン・リートホーフ 
出演 : ディーター・ハラーフォルデン  ターチャ・ザイプト  ハイケ・マカッシュ  フレデリック・ラウ  カトリーン・ザース 
  • Happinet(SB)(D) (2015年9月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4907953066267

陽だまりハウスでマラソンを [DVD]の感想・レビュー・書評

  • かつてオリンピックで金メダルを獲得した伝説のランナーパウル・アヴァホフ。老人になった今も元気な彼だったが最愛の妻マーゴが病気になってしまったので渋々ながらも夫婦で老人ホームに入居する。ところが規則に縛られ不自由な生活に子供扱い去れることにすっかり憤慨し一人で施設の周囲を走り始めます。しかもかつてのように妻のサポートを受けベルリンマラソンの完走を目指すと言います。病気の妻ともに老人ホーム入居した元オリンピックのメダリストを主人公に彼のフルマラソン挑戦が巻き起こす悲喜こもごもの人生模様を綴ったヒューマンコメディです。応援団が作られ彼らの中でも絆ができていく様子は観ていてほのぼのしました。心温まる素敵な映画でした。

  • 原題:SEIN LETZTES RENNEN/BACK ON TRACK
    (2013年)

    テンポが良いというよりは、淡々と進行していく感じでソコまで入り込めなかった。
    とは言え、初めは呆れて馬鹿にしていた妻や周りの入居者、施設関係者が応援しているシーンはやはり感動した。

    “妻と老人ホームに入居した元オリンピックのマラソン金メダリストの老人が、ベルリンマラソン完走に挑戦する人間ドラマ。高齢を言い訳にせず生きがいや目標を見いだそうとする主人公を、ドイツで人気の喜劇俳優ディーター・ハラーフォルデンがこの役のために9キロ減量し体当たりで演じた。『ラブ・アクチュアリー』などのハイケ・マカッシュらが共演。実際のベルリンマラソンで撮影されたクライマックスシーンは迫力満点。
    元オリンピック金メダリストとして有名なランナー、パウル(ディーター・ハラーフォルデン)は、妻の病気を機に二人で老人ホームに入居する。70歳を過ぎても至って健康なパウルは、つまらないレクリエーションや規則に縛られるホームに嫌気が差し、再び走り始めることに。ベルリンマラソン完走を目標に頑張る彼の姿を見て、当初はあきれていた妻や入居者たちも応援するようになるが……。”

  • じじいもの繋がりで。
    主人公のじいさんのガッツが爽快。 

    療法士のメガネ女子とじじいが噛み合わなさ過ぎて恐怖すら感じた。

    前まではマラソンの魅力が一個もわからなかったんだけど、最近ほんの少し走れるようになってきて少し楽しさがわかってきました。そんなんもあって楽しくみれた。

  • 観る前は、きっと老人がマラソンに調整んするのを面白おかしく描いているコメディ映画だと思っていたのだけれども・・・。

    見始めると、なんて暗い!
    暗い…というか、高齢者をめぐるシビアな環境。
    老人だけでの暮らしの難しさ。(体調が悪い時の、老老介護問題)
    老人ホームでの生活の困難さ。(ぼんやりしてしまっていたらいいけど、心身ともに元気な老人にはあまりにも退屈で子どもだましな生活)

    くり人形をつくるレクリエーション。(笑)

    日本で行くと、「折り紙」とか「ちぎり絵」になるのかしら?

    そして、実は主人公のお爺さんは、元オリンピックの金メダリストという設定!
    彼が走り出すのは当然の流れであり、予想もついたのだけれども、まさかあんなに温和そうな奥さんが敏腕トレーナーだったとは!(厳しい目線、叱責)

    奥さんは途中で残念ながら亡くなってしまうのだけれども、そのあとのダンナの落胆ぶりといったら!(そこからの老人性うつ)
    逆だったら、こんなに落ち込まないなぁ〜、なんて思いながら見ていました。

    最後のベルリンマラソンに出場した際の映像は圧巻。
    見ているだけで涙が出てきた。
    必死に走る彼の姿を観て、感動しない人間はいないのではないかしら?
    馬鹿にされてもベルリンマラソンを走り切った彼は、やっぱり金メダリスト。
    不屈の闘志。
    すごい!
    と思えるラストです。

  • もっとほのぼのハートウォーミング系かと思ったら高齢化社会の現実を突きつけられて痛い。ドイツ映画は敗戦国だったり高齢化問題だったり、日本と同じ課題が見えて妙な親近感があります。終の住処なんて全部終わって死ぬのを待っているみたい。まだまだやれることがある。夫婦二人三脚の在り方も素敵だけど、それを失った後の奮起は周りの助けもあったけど本人の力だと思う。「走り続けて」という約束のために。最後は予定調和だとわかっていても手に汗握るし、素直に感動します。

  • 人生、終のところを決めるのは他人ではない。
    年齢を言い訳にしないパワフルさはいずれ周囲に幸せの輪を広げる。

全6件中 1 - 6件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする