シンプルに考える [Kindle]

  • 140人登録
  • 3.90評価
    • (12)
    • (25)
    • (13)
    • (2)
    • (0)
  • 16レビュー
著者 : 森川亮
  • ダイヤモンド社 (2015年5月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (103ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ウォルター・アイ...
ウォルター・アイ...
佐々木 圭一
岸見 一郎
伊賀 泰代
有効な右矢印 無効な右矢印

シンプルに考えるの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • “差別化を狙わない。 ユーザーは違いではなく、価値を求めている。” “新規事業部門は不要。 既存部門が新しい事にチャレンジせよ。” …なるほどな。と唸る点多々有りも、どの会社にも出来ることじゃ無いよな。 とも思う。 その時点でシンプルに考えていないのだろうけど。。若いビジネスマンに向けたメッセージ色が強いが、鵜呑みはダメよと。 だが、それでも実践する価値がある。 特に権限移譲の大切さは、読後も残り続けている。

  • 「より良いものを提供する」そのためには他者との衝突も致しかない。結果的に良いものが出来ればそれでいい。人間関係にバランスを求めてしまう自分には難しいかな、と思った。

  • 先日お会いする機会があったので

  • 「エッセンシャル思考」を読んでから気になったので読んでみた。
    内容は「エッセンシャル思考」とはあまり関わりはないけど、まさにエッセンシャル思考を実践している経営者だと思った。
    「ユーザーに価値を届ける」という軸から、「え?」と思うような話題についての考えをひたすら重ねていく内容。
    「そんな考え方もあるのか」と視野を広げさせてくれる内容だった。

  • IT業界は変化の激しいので、常に変革をしていかなければならない。そういう部分はあまり参考にならないと感じた。
    逆に、参考になる部分はどこかで見たような印象。

  • おぉと読みながら唸ったのだが、読後残るものはあまりないかもしれない。
    すらすら読めてしまう、文章だからかもしれない。
    お客様優先主義。
    できているようでできていないのはたしかに頷ける。うんうん。

  • こんまり師匠が読んでいたので、気になって。
    シンプルかつ真理な良書。
    成功し、尊敬する人は、やはり同じことを言っている。

  • LINEに勤務していたが、改めて森川さんの考えはおもしろいと思う

  • LINE創業者である著者が自身の経験から考え、学び、実践した経営哲学やリーダーシップ論を綴ったビジネス書。

    「求める人と与える人のエコシステム(生態系)」という「ビジネスの本質」と、「ユーザーが本当に求めているものを提供し続けること」という「企業の本質」にどこまでも拘り、逆にそれ以外のものを全て徹底して削ぎ落とす姿勢が、組織のしがらみやMBA的な経営理論といった”常識”に囚われている人々にとっては新鮮に映るかもしれない。

    一方で本書が、ネットゲームという、常に新しいものを生み出し続けなければならない成長市場で戦う 、小規模なスタートアップ企業における「本質」である点を無視して、書かれていることを単にモノマネしたとしても全く意味はない。著者のメッセージは、あくまで自分自身で考え、行動することの大切さであり、本質を極めたからこその極論であることを理解した上で読むべき思想書。間違ってもお手軽なノウハウ本ではない。

  • 序盤はふむふむそうだよなあと思いながら読み進めたモノの、途中からはある種の疑念を抱きつつ、最後はスタートアップだから実践できてるのだろうと思うに至った。
    ユーザーファーストはついつい忘れがち。
    気がつけば上の顔色を見て仕事をしてる自分を反省。

全16件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

シンプルに考えるを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

シンプルに考えるを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

シンプルに考えるを本棚に「積読」で登録しているひと

シンプルに考えるはこんな電子書籍です

シンプルに考えるの単行本(ソフトカバー)

ツイートする