テンプリズム4 [Kindle]

  • 17人登録
  • 3.56評価
    • (2)
    • (2)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
  • コルク (2015年5月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (210ページ)

テンプリズム4の感想・レビュー・書評

  • unlimitedで。絵がちと苦手だったんだけど、悪くなかった。

  • 噂通り、恋愛モードになってきた。
    恋愛モードになると、深刻そうな戦いもちょっと軽い感じになるな。
    骨の国の様子も少しずつ見れてきて、いきなりトップスピードで戦闘から始まった感のあった本作の背景が、少しずつ見えて面白くなってきた。
    気がする。
    背景がわからないとなかなかのめり込めないのよね。

  • Kindle期間限定無料版にて。
    4巻まで無料。
    まとめて4巻までの感想。
    無料期間が今日までなのであわてて残りを読む。
    1巻の時にも書いたが、曽田らしからぬ作品なのは確か。
    しかしここまで読んでみると、1巻の酷評が何だったのかというくらいかなり面白い。
    いやホント。コレかなり面白くなってきたよ。
    もう曽田らしいかどうかなんてどうでもいいじゃない。
    悪のように描かれてきた骨の国も、己の信念に基づいた正義で動いているし、正義のように描かれてきたツナシは自己中なような気もしてきたし。
    いやあ続きが気になる。

全3件中 1 - 3件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

テンプリズム4はこんな電子書籍です

ツイートする