おみおくりの作法 [DVD]

  • 199人登録
  • 3.60評価
    • (18)
    • (33)
    • (41)
    • (4)
    • (3)
  • 36レビュー
監督 : ウベルト・パゾリーニ 
出演 : エディ・マーサン  ジョアンヌ・フロガット  アンドリュー・バカン 
  • ポニーキャニオン (2015年9月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988013333482

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

おみおくりの作法 [DVD]の感想・レビュー・書評

  • 2015/11/4 とても良い作品でした。主役のセリフも少なく 淡々とストーリーは続くけど…とても 主役の優しさが伝わるし、共感できる感覚のまま観ていた。音楽も自然にストーリーに溶け込んでいた。ラストで思いがけない展開になって こちらまで 動揺して「22年間もこの仕事に捧げてきたのに…酷い…」なんて 思わず呟いていたら ラストのラストの展開に涙が止まらなかった。
    あ〜そういうしも締めくくりなんだって感動しました。素晴らしい映画でした。自分のstill life 考えさせられました。

  • どのような死に方でも、
    ひとりひとりに生きた物語がある。

    この世を去る時だからこそ、
    見送られることに意味がある気がする。



    映画館で見逃していたのだが、
    もったいなかったなぁ。
    心から良い作品だと言える。

  • 16/04/17
    なんともすてきな空気感の映画でした。
    机の上のものの配置にこだわったり、魚はきれいに骨だけ残して食べたり、クロワッサンの屑を払うしぐさとか、神経質で几帳面なとこがすごく伝わる。ぜったいリクライニング後ろに倒さない人だろうなと思った笑。
    ラストがものすごく印象的。あのお墓のまわりに続々と死者が集まる映像。あまりにも哀しくてうつくしい。
    死って突然で、近しいもので、静かだ。

  • ロンドンに住むジョン・メイは民生係として孤独死した人の弔ってきた。
    経費削減で解雇を言い渡されたジョンは、最後の仕事として向かいに住んでいたビリーの葬儀のため、家族友人を訪ね故人の人となりを調べていく。

    ジョン・メイの人柄がわかるシーンが沢山あって終盤までには観ている人はすっかりジョンに感情移入してしまう。
    それだけに最後の展開は驚きます。
    でも孤独ではないって事だよね。

  • 字幕: 大西公子

    想像していたよりも良作。
    映像の色や展開のテンポが作品にピッタリ。(物語の2/3ぐらいまでは、イギリス特有のシニカルなジョークが効いていて、テーマも方向性も違うけどちょっと『さよなら、人類』を思い出させた。)

    会話が殆どないのに(ないからこそ?)、主人公のやるせない思いがひしひしと伝わってくる。

    エディ・マーサンは初見だと思うし、地味なんだけど、いい役者だなあ。(と思ったらLondon Boulevardで観ていた模様。むむむ。)

  • かねてから観たいと思っていた映画だ。

    ようやくT屋クーポン券にてレンタル♪

    生真面目な、本当にクソ真面目な男の仕事。

    それは孤独死をした人々の対応をする民生係。

    誰もが出来る仕事ではない。

    でも誰かがしなければならない仕事。

    そして当然ながらその邪魔をする権力者・・・。

    全俺が泣いた (>_<)

  • 全体的に淡々とした映画。主人公の真面目で、地味で、誠実で、心温かい仕事ぶりを黙々とこなしている様を見ている観客側にもある程度の忍耐がいる。最後、彼には幸せになってもらいたかった。

  • みているとだんだん主人公をかわいく思えてくる。

    自分が孤独死したときにあんなふうに生きた軌跡を辿ってくれる人がいたならうれしいと思う。

    優しいけどさみしい時間をゆったり見ていたらまさかの……

    対比にたまらず泣いた。
    彼にとっては最後の仕事を完璧にこなせて良かったのかもしれないけど、彼のおかげであんなに賑やかになったのに、功労者の彼はあまりにも悲しすぎて…

    ただ、追っていくうちに自分とは正反対の生き方をした相手に憧れが出たのかもしれないけど、人間性的には微妙だとしか思えない人間にお墓を譲る意味は分からなかったな。
    もちろん娘への下心も少しはあったと思うけど。

  •  イギリスで孤独死の人の葬儀を行う民生係の男。合理化によってリストラが決まった彼は最後の葬儀に取りかかる。

     天涯孤独な男を主人公とすることによって、孤独死する人が他人事でないことが痛いほど映画から伝わってくる。この主人公の表情はほんといい。
     男が訪ねる人々にとって孤独死した老人は大切な人であったかもしれないが過去の人。それが切ない。でもそういう風に人を訪ね歩くことによって孤独死した人の人生が見えてくる。そこに無名な人生などない。
     ラストはそう来たか。よりいっそう切ない。でもほんといい映画でした。

     さすがイギリス。ゆりかごから墓場まで。この精神はなくさないでもらいたい。

  • 地区の民生委員の話。
    死生観、無駄⇔効率

    物語は淡々と進んでいくが、人の死に丹念に向き合う主人公の姿勢が今の時代と逆行している矛盾。
    物語のラストは悲しい結末だが、ジョン・メイが救われたのか若干疑問が生じる。ただ、ジョンが上司の意向に反抗し、様々な人と出会っていくことで今までの行動が無駄ではないことを表している気がする。
    エディ・マーサンの演技も感情の機微を上手く表現していて、大変良かった。

    死と向き合うことと人が人である意味を考えさせられる良い作品だった。

  • イギリスだわ。自然に涙がでる。

  • 静かに進むけど、一本の道がひかれている感じ。実直で不器用で真面目なジョン。
    上司の言っていることは分からんでもない。葬儀とは、残された人のためのもの。分からんでもない、今日、そういう面もあると思う。
    ラストは悲しいけど、ちゃんと報われてよかった。
    邦題ださすぎて訳す必要ないよなぁ。

  • エディマーサンの演技力や
    こじゃれた撮り方の魅力に惹きつけられ
    映画に付き合ううちにすっかり
    主人公のささやかな幸せを祈っていたら、
    ラスト10分の突然のメリバ展開に苦しみ
    墓地のシーンで「こんなのってないよ!」と涙がにじんだところ
    ラスト5分で涙腺崩壊
    終盤にパンチ3つくらい食らったけどもんのすごくいい話

    (ワールズエンドもあれだったし、エディの役の哀愁みには泣くしかないよ…)

  • 今、日本では看取り士というものがある。これからもっと需要のある職業になっていくと思う。最後主人公が見送られる立場になって今まで見送った人たちが見送りにきてくれるシーンに何とも言えない気持ちになって見ていた。

  • B。
    あんなことにならなくても...。
    ダウントンアビーのアンナがでていた。
    ラストシーンでは涙が出た。

  • 素晴らしい。どこか昔の日本映画にも似た端正な作品。
    色褪せた写真のような画が特徴。
    主人公を演じたエディ・マーサンの抑えた演技が良い。
    あと‘仕事’についても考えさせられる。
    ラストのお葬式のシーンがちょっと『ビッグ・フィッシュ』みたいだった。

  • Netflixで見た。

    -几帳面な男の丁寧な生活が細かく描写されてる。すぐ使うのにナイフまっすぐに置くとことか。リモコン斜めに置いてあるのとか許せないんだろーなー。
    -ホームレスに酒買って一緒に話し込んじゃうシーンがかわいくて好き。最初感じ悪いんだけど、酒さえくれたらすげえいいやつらみたいな。他の登場人物がほっとんど不親切だからこそこのシーンが妙にしみる。
    -最後のエンディングが悲しい。最初から続く淡々としたテンポのままでサクッと死んじゃうからなんかもうひたすら悲しい。
    -邦題がダサい…STILL LIFEのままでよかったんじゃないかな。

  • 身寄りもなく独りで亡くなった人を弔う仕事をしているジョン・メイ。その人のために葬儀BGMを選び、遺品を基に弔辞まで書く。そんな心のこもったおみおくりを続けているジョンも、家族はなくたった独りで過ごしている。ある日、向かいに住む男が亡くなったことをきっかけにその男の人生をたどる旅をすることになる。
    ジョンの、几帳面で優しい人柄に、男の葬儀に出向くのを渋っていた家族や友人たちが最後に集結するシーンは感動的だが、そこにジョンの姿はない。独りきりの生活を終わらせることができるかもしれないという希望が見えた先の、想像もつかない結末だった。

    本当に死者に思いは無いのだろうか。
    死にゆくとき、私がこの世に残していけるものはなんだろう。そんなことを考えさせてくれる映画だった。
    果たしてジョンは報われたのだろうか…。

    ストーリーも良かったけれど、ジョンのオフィスやアパートの部屋などオシャレで可愛くて、見ていて飽きることのない色づかいだった。丁寧で、清潔感が漂う映画だった。

  • 最後、鳥肌が立ちっぱなしだった。寒気がして…こんなひどい結末の映画観たことないかも。あんまりだよ。寂しすぎるし悲しすぎる。こんなバッドエンディング、や、ある意味でのお見送り方はハッピーエンドなのか? や、あんまりだよ。

    ロンドン市ケニントン地区の民生係として働くジョン・メイは44歳の独身男である。彼の仕事は孤独死した人物の葬儀を行なうというもので、事務的に処理することもできるのだが、几帳面な性格のジョンは誠意をもって1人1人を丁寧に「おみおくり」している。ところが、人員整理によって解雇されることになり、ジョンの向かいの家で孤独死したビリー・ストークの案件が最後の仕事となる。近くに暮らしていながら言葉も交わしたことがないビリーの死に、同じように孤独な1人暮らしをしているジョンは少なからずショックを受け、ビリーを知る人々を訪ねてイギリス中を旅することにする。

    最後の仕事を終え、案件者の娘とお茶をする約束をし、可愛いペアのマグカップ買って、ちょっと明るい未来が見えかけた時に……こんな結末ないよ。
    ビリーの葬儀の傍らでジョンの誰もいない埋葬。そしてひっそりと埋められた側にたくさんの死者が悼むそのラスト。切なすぎて言葉失った。あんまりだよ。。

  • え、最後の展開、唐突。
    ただ、ラストまで見るとなんだかまとまっている。

  • なにかびっくりしたって、終わり方。
    日本での公開のときには、年配の方がこぞって観にいったときいたが、これ観たあとの感想が聞きたかった。きっとショックを受けたのではと思う。。

  • 雰囲気すごい好き。

    他人の人生に触れて、
    主人公の日常の営みに
    他人の習慣だったりが
    少しずつプラスされてって。

    終わりがかなしすぎる。
    あんまりだ。

  • 良かったなー(^-^)/

    淡々としてるけど、写し方が綺麗で、画面に惹きつけられる。

    だから、全く退屈しない。

    沁みるわー(^-^)/

  • 終始切ない 最後の場面が感動的…だけどなあやっぱりあれは悲しいなあ 

  • 悲しいじゃないか……

全36件中 1 - 25件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

おみおくりの作法 [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

おみおくりの作法 [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする